2012年04月16日

マイクロソフトWithoutBorder

今日は、キーボード共有ソフトの紹介。

■なぜ?
キーボード共有ソフトは複数台PCを利用している人にとっては必須だと思います。

理由1:
というのは、キーボードやマウスは非常に利用頻度の高いデバイスです。なので、操作感が異なるとそれがストレスになったり、うまく入力できずに違和感を覚えたりすることになります。
結局は慣れの問題なのですが、2つの異なるデバイスを切り替えながら使っていると、何時まで経っても慣れません。

理由2:
PCが複数台あるからといって、自分の作業エリアが2倍になるわけではありません。逆にキーボードやマウスが2つあることによって作業エリアは確実に少なくなります。
以前にも書きましたが、作業エリアを広く取るためには整理整頓が必要なのですが、もともと必要な作業エリアとして2つのキーボードやマウスがとってしまうと、これはどうしても必要なモノなので、片付けられません。

結果として、自分の自由になる空間を狭めていることになります。

理由3:
2つのキーボードやマウスがあると、当然そのPCを操作するときには、持ち替えなくてはいけない。
超個人的には、指をホームポジションに置いていて、入力をしているときに、マウスに持ち替える作業がある事自体も嫌なのですが(一瞬作業性が落ちるのと、もう一度キーボードに戻るときに、ホームポジションを探すという不要な動作が入る)、ましてや、入力デバイス自体を入れ替えるためには、

 ・体の向きを別のキーボードの方に向き変える
 ・ちょっと無理な体勢で作業をする

のどちらかをせざるを得なくなります。

■Microsoft WithoutBorder
だいぶ前置きが長くなりました。ようやく本題。

従来はW2XWというソフトを使ってました。ところが、最近出たのがマイクロソフト謹製のWithoutBorderというソフト。
フリーソフトなので、お金のことを気にせずに使えます。

MicrosoftWithoutBorderというソフト、主な機能は

 ・キーボード・マウスの共有
 ・マウスを移動させるだけで操作対象PCの切り替え
 ・クリップボード共有
 ・ファイルのD&DによるPC間のファイルコピー

なんてことこが出来る。

上3つは、まぁ、普通のキーボード共有ソフトなのですが、4つ目に着目。

なんとファイルのコピーができちゃう。

■ファイルのコピー
ファイルをコピーするときには、デュアルモニタで操作しているかのように、一方のPCでファイルをドラッグして、そのまま他方のPCに持っていくだけ。

ただし、この時、マイドキュメントの下にWithoutBorderというフォルダが作られて、ここにファイルが出来上がり、そのフォルダがエクスプローラで自動的に開かれます。
このため、本当に入れたいフォルダにコピーするためには、そのフォルダからもう一度ファイルを移動するという作業をしないといけませんが、できないよりは100万倍もマシ

今まではどうしてたかというと、2つのPCですべてのドライブを共有しておき、それぞれのフォルダをエクスプローラで開いて、これをコピーするか、元のファイルのあるPCのファイルを共有で直接編集をしてました。

でも目の前にあるのに、一旦別のPCに操作を移して、そのPCでもう一度そのファイルのあるフォルダを開いて…、という面倒な作業がありましたが、これ(WithoutBorder)のお陰でその必要はなくなりました。

■作業効率を考える
こういったキーボード共有ソフトは、1台しかPCがない人には、全く意味がありませんが、2台以上持っている人には、非常に作業効率をあげられるソフトです。

Vectorなどへ行くと他にもいっぱいありますが。

posted by 管理人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座