2012年04月17日

実況中継をする

最近読んだ本から



1分間回復法 (経済界新書)

★−−−−−−−−−−−−−1分間回復法−−−−−−−−
かつて私は極度のあがり症でした。
対処法をいくつも考案し、実践し、試行錯誤しながら克服したのですが、その中の1つに、自分のあがり方を客観視して説明する方法があったのです。
「膝がガクガクしている。おやおや、心臓が速く脈打ち始めた。耳が熱いのは、赤くなっているからだろう」などと説明します。すると、とても冷静になれて、極度のあがり症がスーッと軽くなったのです。驚きました。
しかし、後年、これはブッダ(お釈迦様)が実践した「四念処(しねんじょ)」という眼想法と基本は同じだと知り、納得した次第です。
四念処の四は、身(体)、受(感覚)、心、法(世の中のありさま)です。たとえば身念処なら、「右手がある、右手がある」「右手が上に動く、右手が上に動く」「右手が膝に置かれた、右手が膝に置かれた」というように、自分の体の動きや状態を、いわば自分に実況中継します。これを感覚や心にも応用することで精神を集中し、雑念を払うことができるのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★

最近いろんな場面で、これが使えることがわかるようになりました。

要するに、自分を第3者的に見て、冷静に解説してみる

たとえば、何かでめちゃめちゃ腹が立っているときに、

 「お、かなり頭にきてるな」
 「キーボードをたたくのに相当力が入っている」
 「あ、スペースバーをバンバンたたいてるね。」
 
と自分がやっている行動を説明してみるんです。
文才があれば、小説調に説明できるといいですね。

よく歴史小説などで、歴史家の視点で、その情景を描写している小説がありますよね(私のお気に入りは田中芳樹氏の銀河英雄伝説)。

 彼のこの行動が、思わぬ波紋を呼ぶとは、今は知る由もなかった…。
 
みたいに。

そうすると、感情的になっている自分がばからしくなってきます。
結果、冷静にれちゃうんです。

本書自体は、疲労やストレスをどうやったら軽くできるのか、あるいは、そこからいかに素早く立ち直るかについて書かれた本でしたが、読んでみると、意外に自分の感情をどのようにコントロールするのかについても、しっかりアドバイスがある良書でした。

閑話休題

感情的になっているときに、「冷静になれ」といわれたって、できるものではありません。どうやったら冷静になれるのか、というツールを持っている必要があるわけです。

そのツールとして、

 ・感情的になった原因を深堀してみる
 ・感情的になった結果、何が起きるのかを想像してみる

などの方法がよくビジネス世などに書かれていますが、感情的になると、難しいことを考えることができなくなります(それが感情的になっているということなのでしょうけど)。

だから、もっとも簡単なやり方が、私レベルには必要なわけです。

で、自分のしていることを実況中継するというのは、何も考える必要もなくできるので、これをやると、激情が収まります。

仕事をしていれば、新人であろうが管理職であろうが、頭に来ることはありますよ。でも、感情を爆発させてしまえば、多くの場合しこりを残します。極力論理的に対応したほうがいいのは確かです。

もちろん、感情を爆発させたほうが、結果としていい方向に行くということがないとは言いませんが…。

★Amazonで見る


1分間回復法 (経済界新書)

★楽天で見る
<strong>送料無料</strong>1分間回復法

送料無料1分間回復法
価格:840円(税込、送料別)

posted by 管理人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発想法・アイディア術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座