2019年09月02日

enthumble再び





以前の記事でenthumbleというソフトを紹介しました。

このソフトは、常駐して「無変換」キーとアルファベットキーを同時に押すことで、別のキーにすり替えてくれるソフトです。

素の状態では、カーソルキーしか定義されていないのですが、定義ファイルで好き勝手にキーの変更ができます。

これの改定をしましたので、ちょっと紹介します。




■Appキー


キーボードを見るとわかるのですが、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)を出す「カタカナ/ひらがな」キーの横にあるキーです。

Windowsを扱っていると、マウスで右クリックする場面が少なからずあるのですが、いちいちマウスに持ち替えなくても、このAppキーを押すと右クリックメニュー(コンテキストメニュー)を出すことができます。

 ところが、このキーが押しにくい

押すときには、右手の薬指で押すことになるのですが、ほとんど素早く、間違えずに押せたことがありません。

で、これを「無変換」+「@」にenthumbleで定義しなおしました。

■ファンクションキー


前回紹介したときには、qwertyuiopのキー(キーボードの第2列のキーです)に数字を割り当ててましたが、実際にやってみると使う頻度があまり高くない。
逆に、エディタやファイラーなどではファンクションキーをよく使うため、これに置き換えました。
enthumble.PNG




■キーの名称


Appキーを定義するときに非常に困ったことがわかりました。
なんという名前でキーを登録していいか、わからないのです。

色々調べた結果AppsKeyという名前で登録してやれば、有効になるという事がわかりました。

以下全ては試していませんが、こんな定義みたいです。
※同梱のkeyList.txtに書いてないものを中心に。

日本語系
  vkF3sc029   全角
  vkF4sc029   半角
  vk1Csc079   変換
  vk1Dsc07B   無変換

特殊キー
  AppsKey    コンテキストキー
  PrintScreen
  Pause
  Break
  CtrlBreak
  CapsLock
  ScrollLock
  NumLock

テンキー
  NumpadDot   テンキーの「.」
  NumpadDel
  NumpadIns
  NumpadClear
  NumpadUp
  NumpadUp
  NumpadDown
  NumpadLeft
  NumpadRight
  NumpadHome
  NumpadEnd
  NumpadPgUp
  NumpadPgDn
  NumpadDiv
  NumpadMult
  NumpadAdd
  NumpadSub
  NumpadEnter

マウス
  LButton
  RButton
  MButton
  XButton1   拡張ボタン1 (戻る) WinXP以降
  XButton2   拡張ボタン1 (進む) WinXP以降
  WheelDown   ホイール↓
  WheelUp    ホイール↑
  WheelLeft   チルト左 Vista以降
  WheelRight  チルト右 Vista以降

 ★注記:
  全部は確認してません。間違いがあればご指摘ください。

■連続キー入力


以前enthumbleを紹介した時に、ブログの読者さんから、「連続キー入力ができる」と教えて頂きました。こんなふう。

 F1={vkF2sc070B}asa

※同梱のKeyList.txtに書いてありました…。

そこで、早速ランチャーのように、

  「Win」+「R」キーを押して、uwsc.exeを起動する
  
というキーカスタマイズをしてみたのですが、これができたりできなかったり。どうやら、単に連続してキーコードを放り込んでいるだけで、プログラムが(ここでは「ファイル名を指定して実行」のダイアログ)立ち上がるまで待ってくれないみたいなんです。

で、ちょっとウエイトを入れるために、途中に無意味な{ctrl up}{ctrl dn}とか入れてみたのですが、ほとんど効果がなく、やっぱりできたりできなかったり。

で、ついに、断念

ウエイトを入れる機能があるといいなぁ…。

■新キー定義


もし、私の定義が気に入ったら、下記をコピペして使ってください。

★−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[HowToUse]
Check=http://www.enthumble.com/keylist
Name=enthumble version 2.7
[KEY]
Space={Enter}
Muhenkan={vk1Dsc07B}
Henkan={vk1Csc079}
Hiragana={}
F1={}
F2={}
F3={}
F4={}
F5={}
F6={}
F7={}
F8={}
F9={}
F10={Volume_Mute}
F11={Volume_Down}{Volume_Down}
F12={Volume_Up}{Volume_Up}
F23={}
F24={}
1={}
2={}
3={}
4={}
5={}
6={}
7={}
8={}
9={}
0={}
-={F11}
Hat={F12}
\={}
Q={F1}
W={F2}
E={F3}
R={F4}
T={F5}
Y={F6}
U={F7}
I={F8}
O={F9}
P={F10}
@={AppsKey}
LB={}
A=^a
S=^s
D=^d
F=^f
G={END}
B={HOME}
H={left}
J={down}
K={up}
L={right}
Semicolon={PgUp}
:={ctrl down}{TAB}{ctrl up}
RB={ESC}
Z=^z
X=^x
C=^c
V=^v
N={Backspace}
M={Delete}
,={TAB}
.={alt down}{F4}{alt up}
/={PgDn}
Backslash={ctrl down}{F4}{ctrl up}
Up={}
Down={}
Left={}
Right={}
LButton={ctrl down}{PgUp}{ctrl up}
MButton={MButton}
RButton={ctrl down}{PgDn}{ctrl up}
WheelUp={}
UWheeDown={}
PageUp={}
PageDown={}
Home={}
End={}
Delete={}
Bacspace={}
Enter={Enter}
Escape={}
Hankaku={}
Tab=^{TAB}
Capslock={}
Lwin={}
Rwin={}
Insert={}
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★



■同じテーマの記事

Excelの小技:オートシェイプのテキストを検索する

Microsoft Officeの中でも、Excelは非常によく使うアプリです。このExcelで、長年不満がありました。オートシェイプの中に書かれた文字列を検索できない変更に抜けもれがないように確認したくても、オートシェイプのなかにテキストを書いてしまうと、Excelでは検索してくれません。先日、別のことをしている時に発見しました。Excelでオートシェイプを検索や置換をしてくれるツール。いかが公開ページです。RelaxTools超多機能ツール個人的..

初対面で必ず好意を持たれる振る舞い方

仕事は顔見知りとだけの関係で進むことはまずなく、多い人は年間に何十人も、少ない人でも年間に数人は、初対面の人ができるでしょう。もちろん、その中で長期的な関係ができるのは僅かなのかもしれませんが。初対面の人にあったときには、誰しも緊張します。どんな人だろう怖い人かな、優しい人かな理屈っぽい人かないろいろ心配になりますよね。これは経験に依存しません。もちろん場数を踏めば、それが顔に出なくなりますし、緊張も少なくなる(抑えられる..

フォルダの同期・バックアップ方法3:zcopyを使う

最近の Windows ではあまりなくなりましたが、以前の Windows では、突然ファイルが破損して、何日もかけて作ってきたファイルが一瞬にしてパア、なんてことがよくありました。また、Windows のせいだけではなく、誤操作や誤判断でファイルを消してしまう、なんてことも時々あります。人間だからミスはするさ…、フッ………などと言ってみても、内心は呆然。という時のために、バックアップを作るようにしてます。ただ、手動でバックアップをすると、手間でもあるし、つい忘れて..

パスワードを作成・管理する方法2:強度の高いパスワードの作り方

最近は個人情報の流出問題がかしましいですね。PCであれ、Webサービスであれ、携帯電話であれ、どれもこれもパスワード、パスワード、パスワード。それぞれ毎に違うパスワードをつけていれば、安全安心と言われますが、そんな10個も20個も憶えられるはずがありません。特に私の会社では、10文字以上で大文字小文字と数字を含むものにした上で3ヶ月毎に変更しなさい、過去に使ったものと似ているものはダメ。とか言われて、自動チェックが入って、この規格に合わないとパスワード変更を受け付けて..

CapsLockキーを活用する

Windows PCを操作する上で、マウスは欠かせないものですが、私は作業効率が落ちるので、極力マウスは使わない方針でいます。たとえば、メールソフトは、メールのフォルダ、メール一覧、メールの内容と最低でも3つのウインドウ(ペイン)が存在していて、これらを行き来するのに、マウスを使うということは全くありません。TABキーで移動します。このような作業をしていると多用するのはALTキーWinキーCTRLキーの3つ。そうなると、押しやすさというのは重要な要素です。..

行頭記号を一気に挿入する

メールに引用記号を付けながら、返信することがありますよね。たとえば、あれこれこれそれそれあれみたいな文章を引用すると、> あれこれ> これそれ> それあれってやるやつです。これって普段どうやって挿入してますか?まあ、1行や2行なら、引用元からコピペして、あとで、 ">" を手で追加しても、まあ大したことはありませんが、20行もやると嫌になります。プログラムを書いているときにも、複数行をまとめてコメントアウトしたり。エディタならたいて..




posted by 管理人 at 08:48| Comment(5) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

いつもお使いいただき、ありがとうございます。

enthumbleのウェイト機能ですよね。
機能搭載はカンタンなんですが、
いままでのキーリストの書き方を変える必要があったんですね。


そんな中,管理人様の{ctrl up}を入れるアイデアを見てひらめきました。
おっしゃるとおり"若干"のウェイトがかかると思います!
{ctrl up}を複数入れると良いと考えました。

こんな書き方はどうでしょうか。

-------------
■無変換+F1: コマンドライン立ち上げ
ファイル名を指定して実行(win+R)→cmd→Enter

F1=#r{ctrl up}{ctrl up}{ctrl up}{ctrl up}{ctrl up}{ctrl up}cmd{enter}

*最初のrは,必ず小文字にしてください
-------------

私の環境ではこれでうまく動作しました。
PCのスピードによっては{ctrl up}の数を調整すると良いと思います。
Posted by enthumble at 2012年05月01日 12:44
返信がおそくなりまして大変申し訳ありません。コメントを頂いたのに気づいてませんでした。

どうもありがとうございます。すごく便利なソフトで、非常に感謝をしております。


{ctrl up}{ctrl dn}の追加ですが、どうも動作が不安定なのですよ。

ソフトが不安定というのではなく、タイミング的に間に合ったり、間に合わなかったりして、希望通りの動作をしたり、しなかったりという状態です。
恐らく、そのときのWindowsの状態(忙しさかげん)に依存しているような…。

ということで、残念ながら今は別のソフト(uwsc)で実現してます。

もし気が向かれるようでしたら、そのうち対応リストにでも加えておいてくださると嬉しいです。
Posted by 管理人 at 2012年08月26日 12:14
お久しぶりです。
その節はenthumbleを教えていただきありがとう御座いました。
もうenthumbleなしでは生きて行けない体になってしまいました笑)

上記の問題ですが(現在は別のソフトで実現しているとのことですが)
「ファイル名を指定して実行」のダイアログと文字入力のタイミングを
調節する方法として

F1=#r[][][][][][][]cmd{enter}
※[]=半角スペース
※スペースの数は適時調節

のように半角スペースで埋めるのはどうでしょうか?
あまりスマートではありませんが、プログラム名の頭に半角スペースを
入力しても動作において無害なのでうまい具合にタイミングを合わせる
ことができるのではないかと思います。

追伸
今後も記事の更新を楽しみにしています。
Posted by ummm at 2013年05月10日 02:17
おお、目からウロコです。

やってみたら(とりあえず1日様子を見ただけですが)、確かに動きました。
100%うまくいきます。

どうもありがとうございました。
Posted by 管理人 at 2013年05月12日 21:26
いえいえ、うまくいってよかったです。
おそらく半角スペースは1〜2個あれば十分ラグを埋めることができるのではないかと思います。

米欄の F1=#r が便利すぎますw早速登録しました。
これからもお役立ち情報を楽しみにしています。
Posted by ummm at 2013年05月12日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座