2012年06月04日

7つの仕事力_前編




長文なので、2回に分けてお送りします。
今日はその前編。

現場力とは、自分の職場や職務における活動を通じて、成果を引き出す能力のことです。これのためには、大別して7つの力が必要です。

 1.見える力
 2.探る力
 3.試す力
 4.動かす力
 5.学ぶ力
 6.伸ばす力
 7.出る力

ちょっと具体的なチップスではありませんが、こういった体系化をしておくのも必要かと。

■見える力

よく言われる「見える化」をする力です。
これは、製造現場だけで使われるものではなく、オフィスにおいても重要なことです。つまり、

 問題点が見えるような仕組みを作る

ことです。

そこで大切なのは、

 ・数値化
 ・トレンド
 ・共有

の3つ。何でもかんでも数値化する。その数値は若干曖昧でもいいです。もちろんコンピュータ化する必要はありません。

「システム思考」では、縦軸に「悪さ加減、良さ加減」をとって、横軸に時間をとって変動グラフを書きます。そのレベルでも構いません(「時系列変化パターングラフ」といいます)。

このようなトレンドが把握できると、問題点がどこにあるのかはっきりします。

■探る力

「見える力」で見える化した状況から、原因はどこにあるのかを探る必要があります。つまり、推論です。

私はTOCの思考プロセスをよく使います。

当然、人間が作っているシステム(業務のプロセス)ですので、問題がないなどということはありません。というか、問題だらけ
その中で、注力しないといけないのは、繰り返し発生している問題です。

これを見つけて、その原因は何なのかを掘り下げて考えないといけません。
ここは考えることと、その考えに沿って、事実を集めることです。

■試す力

いろいろな問題点の根本原因に行き着いたとしても

 ・その推論は正しいか
 ・その対策は有効か

はやってみないとわかりません(もちろん、有効だと信じてやるのですけど)。

以前の記事で「仕事は楽しいかね?」という本を紹介しましたが、ここにあるとおり、すべての業務は、必ず成果が出るものではありません。

 成果が出そうかどうかを見極める

ことがやるべき業務なのです。
だから、対策を考えたら、まずそれをやってみる。そしてその結果を評価するということを繰り返しやるべきなのです。

対策は1つではいけません。複数個の対策を持ち、それを次々と試していく、そういったスピード感をあなたの上司は評価しているのではないでしょうか。
※多分、それができない上司には見切りをつけたほうがいいかも。

■動かす力

会社という組織にいる以上、一人で業務が完結するということはありえません。
自分の部門であったり、別の部門であったりするとは思いますが、とにかく、他人を巻き込んで活動をすることが必要です。

このためには、他人と問題点を共有し、対策について理解を得、協力してもらえるように説得することが重要。
そのためにも、「見える力」で紹介した「見える化」が重要になってきます。単なる感覚では説得力を持たないからです。

ビジュアルかつ論理的な内容で、相手を納得させ、相手の感情(情熱)を引き出していく、こんな交渉力をつけて行かないといけません。

この記事でも時々心理学的な他人への働きかけの方法を紹介してますが、こういった技術を通じて、相手を動かすようにしましょう。

さらに、これを継続する必要があります。
そのためには、仕組み化が必要。

簡単な話、「定例ミーティング/定例報告会」をやるようにすることです。
もちろん、その活動内容が上司に認められ、上司からの評価が得られるような仕組み化をしていける能力を向上させる力をまとめて動かす力と呼んでます。

■同じテーマの記事

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

ウインドウを閉じる操作を素早くする

Windows でウインドウを閉じるときに、右上の×ボタンを押して閉じてますか?まぁ、その直前にマウスを操作していたのであれば、ついでにマウスでこの×ボタンをクリック、というのも理にかなってますが、キーボード操作のほうが実は素早くできます。たぶん、多くの人がこのキーの存在は知っているでしょう。ALT+F4※ALT キーを押しながら W キーを押すこれを押すと現在アクティブなウインドウを閉じてくれます。もちろん、編集中のファイルはちゃんと保存してから。※過去にひとつ..

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

CTRL+ALTキーを定義する

だいたい、仕事で使うアプリって決まってますよね。私の場合・Microsoft Excel, PowerPoint・マインドマップ・テキストエディタ・Webブラウザ(Internet Explorer か Google Chrome)さらに、これらで開くファイルも、よく使うものがあります。ワンタッチで開けるようにするWindows では、CTRL+ALT+どれかのキーWin+数字キーっていうのはユーザが定義できるように開放されてます。固定のものもありますが..

倍速再生を基本速度にする

過去記事速足で歩く(クロックサイクルの速め方)でちらっとご紹介しました、脳の応答速度を早めるためのトレーニング方法のご紹介。これは、『クロックサイクルの速め方』という本から。ゲシュ夕ルトを壊す CD トレーニングまた、速読みの訓練としては、シャドウイングも有効な方法です。シャドウイングというのは、ふつうは英語などの語学学習で採用されている訓..

スマートにスマートな仕事を心がける

「スマート」っていう言葉は日本語では2通りの意味がありますね。・洗練されている・スラリとして格好がいいそこで、ちょっと人をけむにまくようなキャッチコピー。スマートにスマートな仕事をしよう!スマートな仕事をするこちらは、「スラリと格好いい」ほうのスマート。つまり、余分なものがない仕事の仕方をしようというもの。意識の問題なのですが、・この作業は、いまのタスクの結果(目的)にどの程度の効果があるかを作業に掛かる前に30秒だけ考えることにしてます。たとえば、上司から..

チャージは大金でする

私は週末に週次レビューをしてます。その時のチェックリストをEXCELで作ってますが、これを印刷して、毎週ノートに張って、ペンでチェックしながらレビューを進めてます。一度に印刷する使っているノートは、A6サイズという A4の四分の一サイズのノートです。このため、iPrint という縮小印刷ツールを使って、4段組印刷をして、これをチョキチョキ切ってノートのサイズにしてます。この時、チェックリストは10ページ位まとめて印刷します。大体1年分ですね。これを一度に印刷して、全..

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す1

とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。これからのソーシャルメディア航海術やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。やっぱ..

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す2

とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。これからのソーシャルメディア航海術やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。やっぱ..

議事録をつけると仕事力がアップする

議事録って簡単そうに見えるのですが、仕事の基本的なスキルなので、比較してみると、仕事が出来る人出来ない人では歴然と差があります。私の部門では、議事録を書くことで仕事力のトレーニングをするよう推奨してます。議事録は新人の仕事大抵の場合、議事録係はその会議で一番若い人か、居なければ新人の仕事です。これはOJTを兼ねており、・人の話のポイントを要約する・その議題になっている業務を理解する・PCへの入力速度を早くする・決定事項と単なる話題を見分ける・情報を整理する..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座