2012年06月21日

号泣する

最近泣いたりしてますか?

人間社会にいる以上、ストレスを受けないということは無いです。
実は(以前の記事にも書いたことがあるかもしれませんが)、私は鬱になってしまって、会社を数ヶ月おやすみしたことがあります。

そのときにいろいろ調べたりしたのですが、ストレスには3種類のストレスがあるそうです。

 1.肉体的なストレス
 2.快が得られないことに対するストレス
 3.自分が認められないことに対するストレス

いずれも脳の前頭前野という部分で感じているそうです。

■ストレスはなくせない
私は鬱になる前の1年半くらい、非常に強いストレスを感じてました。しかし、それを無視して働き続けました。まぁ、その結果鬱になって会社を休んでしまったので、ほめられたものではないですが、ひとつわかったことがあります。

 ストレスを無くすための方法というのはない

ということです。

でもその後いろいろ経験したり、学んだりしたことによって、一定量以上にならないようにコントロールすることはできそうだ、と感じるようになりました。

■号泣する
その一つがこの、号泣するということ。

なんでこれがストレス解消に効果があるのか、いまだよくわかりませんが、とにかく、号泣したあとはすっきりします。もちろんストレスの原因になった外的要因(人間関係だったり、仕事のトラブルだったり)が解決するわけではないので、なにもかもクリアになるというわけには行きませんが、心理的には結構気が楽になって、多少客観的に事実が見られるようになったりします。

ただ、この「泣く」という行為、大人になるとなかなか出来ませんよね。
人目をはばかったりしますし。

そこで、号泣する作法というのをまとめてみました。

■号泣の作法
1.他の人(家族含む)をシャットアウトして、一人になること
2.2時間くらいの時間を取ること(割り込みが入らないようにすること)
3.夜やること
4.ティッシュ・ハンカチ等泣いた時に必要な道具を手元においておくこと
5.泣き始めたら、消して涙を止めようとしないこと。逆によりいっそう促進して、大量の涙をながすように誘導すること。

この条件を満たせるような環境を用意して、泣ける映画やTV番組などを再生します。

私の場合は、動物モノの映画が一番です。

小説などで「泣く」のもいいですが、これだとページをめくったり、文字を追ったりしていますので、「泣く」という行為だけをするわけには行きません。
だから、なるべくなら放っておいても、ストーリが流れてくるように、映像モノがいいです。

とにかく、何か自分が共感、感動できるものを用意して、大泣きします。

大人になると、なかなか泣けなくなりますが、ストレス軽減のためには非常に言いです。是非どうぞ。

posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座