2019年04月01日

新聞を見比べる





今日はちょっと効率化とは別の話。

あなたは新聞を何種類とってますか?

なんて、大体の人が1社からしか買っていないでしょう。
はい、私もそうです。

買っていない人もいるかも。
でも、社会のニュースはそれなりに知っておく必要がありますよね。

お昼休みによく使うのが、Googleニュース、Yahooニュース。
注意したいのは、新聞社のホームページからニュースを調べること、これは避けたほうがいいです。





■読み比べる


報道の内容って、新聞社(というか新聞記者)によって変わることって気づいてました?
つまり、新聞記者が書く記事というのは、記者が触れた情報に対して、記者のフィルタを通してみた2次情報なわけです。ヘタをすると政府発表の3次情報以下の時もあります。

そうすると、発信者がどのような意図を持って、その内容を書いたのかによって、結構違うニュースになったりします。

例えば極端な話が、北朝鮮の金第1書記の行動を報道する北朝鮮メディアと韓国メディアの違いです。おなじ、中国を訪問したという記事でも、全く論調が違いますよね。
まぁ、この記事は政治的なものではないので、詳細は控えますが…。

ここまで極端でないにしろ、同じ事を報道するのに、事実ではなく、そこから言えることを報道しようとするものだから、記者あるいはその新聞社、あるいはその国の世論動向などによって(あるいは為政者)、内容が変わるわけです。

ですので、同じ報道を、それぞれの記者がどのような伝え方をしているのかをみくらべるために、GoogleやYahooなどのニュースまとめサイトから、複数のニュースを見たほうがいいとおもいます。




■相対比較


1メートルの棒は長いですか? 短いですか?

突然変な質問ですみません。

人間の判断は相対的なものです。2つのものを見比べて、その違いはなにか?、同じ事は何か?を考えると、報道している人のフィルタを少しだけ緩められるかもしれません。

同じ事は、会社内にも言えます。

ある人が、「あのトラブルの原因は、作業手順が複雑で、それを繰り返しやるためには、相当の集中力が必要になるが、100%できるわけではない」と言ったとして、それが本当かどうかは2次情報しか持っていないその上司には判断の仕様がありません。
そういう時には、別の人に所見を聞くのです。とくに、北朝鮮と韓国のように利害関係が異なる立場の人。こういう人から話を聞くことが出来れば、別の角度から事実を評価できるでしょう。

間違っても、誰かの恣意的な意見に振り回されないように、注意しましょう。




■同じテーマの記事

毎日基礎トレーニングをする

トレーニングをしていますか?あなたの仕事における基礎能力は何かを考えたことがあるでしょうか。たとえば、PCを操作する仕事であればキーボードの入力の早さ、プレゼンをするのであれば声の出し方、生産ラインで組み立てをするのであれば、手先の動かし方などです。これらはすごく基礎的なことですが、これができないと話にならないものです。自分が知っている範囲で言うと、驚くほどこういった訓練をしていない人が多いです。私は基本ソフトの開発部隊を率いてますので、そのメンバーはPCのキーボー..

面倒くさがり屋の55の法則

本日は、私がやる気がでない時に、「ちょっとだけやってみよう」と思えるようにするために、繰り返し読み返している本のご紹介。読み返していると言っても、ほとんど目次だけなのですが、ひとつひとつはすごく薀蓄のふかいお話で、1つづつで本記事なら2〜3回はかけちゃうようなイメージ。すべてをやることはできないですが、今すぐ何かひとつやってみようとすると、ちょっと行動ができるようになります。もし、「あ〜、こんな作業かったるいな」と思ってしまったら、気分転換にこの本にあるようなことを何..

オートシェイプのコツ:文字はテキストボックスを使う

PowerPoint で図を書いて、文字を入れるときに、その図自身に文字を書くと、図を移動させるときにきちんと文字もくっついてきて楽ちんです。しかしながら、図が四角形でない場合、とくに丸にテキストを書くと、文字が中央部分にしか入らないため、文字を小さくしないといけなくなります。以下の2つの図を見比べてみて貰えればわかりますが、同じ大きさの文字が、オートシェイプにはいっているのに、2行で書けている場合と、3行になってしまっている場合があります。文字を書くな..

相手に気持ちよく喋らせる減衰曲線

コンサルタントなどが相手にうまくしゃべらせるためのコツがあるそうです。幾つか調べただけのものも含めてご紹介します。相手にしゃべらせる方法というのは、大きく3つあって、・しゃべりやすいという印象を持たせる・自分ばっかりがしゃべっているという印象を持たせない・ウソ(誤解)や間違いに引っ張られないなのだそうです。しゃべりやすいという印象を持たせるようは、「自分が話している内容が自分にとって不利益になるようなことにな..

プロの知的生産術

この本のコンセプトを一言で言えば、情報は整理するものではなくて、活用するものであるという感じでしょうか。本書は、様々な情報術の本に対して差別化を意識していて、本書以外が情報をどう扱うかという基本的な作業方法を中心に説明されれいるのに対して、ゴール(情報を活用して成果を出すこと)からみて、情報をどの様に取り扱うべきかを論じています。情報の整理術その中でちょっと異色なのは、「メモはとる必要がない」と明言していること。他にも同様の論旨を展開している本はある..

問題解決を進めるときにブロコン・リストを作る

プロコン・リストというのは、「よいことと悪いことの一覧表」。あまり普段の仕事では使わないですが、英語圏ではよく使われる言葉のようです。覚えておくとちょっとお得かも。ブロコン・リストここで、ご紹介するのが、問題解決策の策定のためのツールのひとつ、「プロコン・リスト」という手法です。プロコンとは、あまりなじみのないことばかもしれませんが、英字新聞などを見ていると、よく登..




ラベル:新聞 読み比べ
posted by 管理人 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座