2012年08月03日

質問する





■質問はない

いろいろな研修にでて、すごく気になるのは

 質問しない

という事です。

自分で社内教育することもありますし、部下に対して会社の方針や部門の方針を説明したり、いろいろな仕事術のテクニックを話すことがあります。
もちろん、自分が聴講者としてセミナー等に出ることもあります。

その時に、「何か質問は?」と講師が言っても、誰も何も言いません。

後になって、打ち上げなどに行くと、「あそこが分からなかった」とか「こんなふうに考えるけど…」などといろいろ出てきますので、全く何も聞いていなかったわけでは無さそうです。

■とにかく吸収してやる

せっかく教えてくれる人がいるのに、あとで聴講者同士で、「分からなかった」ことを質問しても適切な答えは返って来ません。

個人的には、「もったいないなぁ」と思ってしまいます。

■失敗を恐れない

知らないから、講義を聞いているのだし、それについて考えたことがないから、教えてもらっているんです。そうしたら、それを自分のものにしないと損です。

基本日本人はシャイな方が多いみたいですが、逆に中国などの外国で、講義なんかをすると(グループ会社で、今後の活動方針などを話す時です)、バンバン質問が出てきます。
貪欲なんですね。

これは日本人の悪いところだと思います。

知らないことは、知ろうとすればいいことであって、知らないことを隠して、知ったかぶりをするのが最悪です。

  とにかく、こいつの知っていることを吸収してやろう

と貪欲にならないと、自分の成長にはつながりません。永久に現状維持をしているだけです。

■質問を義務付ける

最近は、部下がセミナーに行きたいというと、次のことを条件にするようにしてます。

 ◆セミナーに行く前
  そのセミナーで何を学んでくるのか、自分の課題認識をレポートに書かせる
  
 ◆行ったあと
  その課題がどの様に解決したのかをレポートに書かせる
  講師に対して、自分が質問したことと、その講師の答えを最低3つレポートに書く

レポートといっても、メールにそのことを書いて、私を含め同僚全員に送るだけです。

そうしたら、セミナーに行きたい人が激減しちゃいましたけど…

少なくとも私は、「最低5回、講師に話しかける」というルールを20年近くやってました。
社内の講師であれば、しつこく話しかけられれば、その人の顔は覚えますので、社内ですれ違っても、「あ、あの時はお世話になりました」と声をかけられます。当然、社内で講師を務めるような人は、その業務に対して第1人者ですので、この人脈は非常に効きました。

社外でも、そうして続いている人脈がちょっとだけですが、できました。

あなたは、セミナーや会議でわからないことをどうしているでしょうか。
あるいは、わからないことを探しているでしょうか?



◆このテーマのおすすめ図書



原始仏典を読む)

看護のスマートな問題解決術!:「チームの成長」と「場面の再構成」でイキイキのびのび仕事をする

森林・林業の仕事図鑑

コギャルだった私が、カリスマ新幹線販売員になれた理由

聞き書き商人衆うちあけ噺〈飲食業の巻〉

エバンジェリストの仕事術自分の価値を高め、市場で勝ち抜く



■同じテーマの記事

信頼方程式T=(E+R+I)/S

他人から信頼を得る方法について、非常に簡潔にまとまっているのでご紹介。信頼方程式 T=(E+R+I)/S信頼の方程式信頼を高めるのは、商売において最も大事なポイントです。どんな商売でも相手に信用してもらえない限り、何も買ってもらえません。つまり信頼関係がなければ、お金にならないのです。そこで、あるコンサルタントが書いた本(『The Trusted Advisor』 デビッド・マイスタ..

トラブルを上司に報告する前にするべきこと

よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。上司の力を利用するトラブル解決の方法何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラ..

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話になった..

読書のアウトプットの増やし方

「インプットをしたらアウトプットしないといけない」過去記事でもこういうことを書いていますし、多くのビジネス書にも書いてあります。おそらく何かに習熟するためには普遍的に必用なことかと思いますが、ビジネス書などに取り上げられているのは、たとえば、「本を読んだら読書感想文を書きなさい」とか「人に教えなさい」とか、結構ハードルが高いことが書かれてます。私も本を読んだら、殆どの場合は読書記録(感想文ではない!)を書いてますし、本ブログに自分のコメントを付けて公開したりしてます。..

プレゼンの原稿は作っても読んではいけない

会社でよくプレゼンをする機会があります。ウチワのプレゼンなら原稿は用意せずに PowerPoint の資料だけ用意して、そこに書いてあるキーワードや図の説明をしながらプレゼンをします。ちょっと大きなプレゼンだと、事前に原稿をつくり、原稿を読みながら練習をします。が、本番のときには原稿は持っていかないことにしています。プレゼンで原稿を読んではいけない原稿の丸読みは相手にとって退屈なだけ..

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

Recap(Recapitulation)プレゼンテーション

プレゼンテーションや説明、話し方のポイントにRecapitulation話法という方法があります。あまりこの名前で出てくることはありませんが、「要点を繰り返し述べる」という方法です。こっちの言い方のほうが馴染みが深いかも。話には流れがある講演・セミナーなどに行くと、わかりやすい講師と途中からわからなくなってしまう講師の2パターンがあることに気が付きます。そのポイントがこの Recapitulation というやり方らしいです。たとえば1時間の話の中で、いくつかの話..

マウスの挙動をカスタマイズする

マウスを動かしたときの移動速度やホイールを回転させたときのスクロール量、ダブルクリックの速度、マウスカーソルの形状などは、やはり自分好みに設定しておいた方がパソコンは格段に使いやすくなるのでオススメ。設定手順「コントロールパネル」を起動する「ハードウェアとサウンド」「デバイスとプリンター」「マウス」をクリックするか、「設定」アプリのマウス設定画面で[その他のマウスオプション]をクリック「ボタン」タブでできること・ボタンの左右入れ替え・ダブルクリックの速..

ワークショップを理解する

研修などで「ワークショップ」っていう討論の時間が設けられていることがあります。もともと、ワークショップと言う名の研修もあります。でも、その参加者がワークショップの意味をどのくらい正確に理解しているかと言われると、個人的には結構心もとない、と思ってたりします。ワークショップの意味ワークショップの意味は、というと Wikipedia にはこんなことが書いてありました。ワークショ..

ファシリテーションを勉強する

会議で、みんなの意見を取りまとめたり、会議の進行をうまくやる技術を「ファシリテーション」といいます。これは、私が過去にいろんなセミナーで学んだ技術のうちでも、かなり役に立っとと思える技術のひとつ。さらに会議を行う際にとても重要なことがあります。それは「事前準備」です。「事前準備」をきっちり行うことで会議の時間そのものを短縮しつつ、質の良いアウトプットを生み出しやすくします。ここでい..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座