2012年08月23日

一人セミナー





■良書を探す


「これはいい」と思った本をお持ちでしょうか?

私は年間200冊〜250冊くらいの本を読むので、1年間に大体3〜4冊は、「これはかなりいい」と思える本に出会います。過去に「最高!」と思った本は

 7つの習慣
 会議が絶対うまく行く法
 ザ・マインドマップ
 あなたを天才にするスマートノート

などなど。もちろん、私にピンときた本出会って、万人に受けるものではないと思いますが。

ただ、所詮1年間で数千冊の新刊が出る中で、どんなに頑張っても、まぁ普通の人なら100冊くらいが見解でしょう。10分の1も読めない。




だから、良書を見つけるための情報入手には気を使います。
どうやって良書を見つけるかについては、以前書いたので、過去ログをご参照ください。

 http://sarahin.seesaa.net/article/281151608.html

■良書に出会ったら


さて今日の本題は、良書に出会ったらそれをどのように消化するか、ということ。

いろんなビジネス書で奨めているのが、「繰り返し読む」「いつでも手の届くところにおいておき、辞書のように引く」などの方法。

もちろん、これらの方法は、現在ビジネス界で活躍する方が言われていることなので、私ごときが意見すること自体がおこがましいのですが、個人的経験では、

 ほとんど身につきませんでした

だいたい、読みたい本が次々と積み上がっていく中で、以前に読んだ本をもう一度読もうとするなんて、かなり大変です。
だって、もしかしたら、これから読もうとしている本のほうが、良書である可能性もあるわけでしょ?




■人に教えることは自分に教えること


で、よく言われるのが、「人に教えると自分の理解が深まる」っていうやつ。
要は、インプットしたものをアウトプットすること。

ただ、いきなり会社の同僚や友人に、

 「こういう本があってな、〜って書いてあるんだ」
 「〜は、こういう意味で、こんなふうに考えると、成功者になれるんだぞ」

なんて演説を始めたら完全に引かれますな。友達なくすかも。


■一人セミナー


なら、セミナーでそういったことに興味のある人に説明するのは、どうでしょうか?

もちろん、本当に人を集めて、場所を借りてセミナーを開いても、他人(著者)の受け売りでは、誰も聞いてはくれません。

なので、一人でセミナーをすることにしました。

聴衆はなし。場所も一人になれる場所ならどこでもOK。
自室がある人なら、自室で夜中にやればいいわけです。

これなら、人前で緊張することもないし、カンニングし放題。

■用意するもの


ただし、用意は必要です。何しろ、セミナーですので。

まず、本の目次をコピーします。
で、その本の目次で気に入ったところの章や節にマーカを引きます。

これでセミナーのレジュメは出来上がり。

あとは、そのレジュメにそって、しゃべるわけです。
あまり、大声でやると近所迷惑だし、家族も「あ〜あ、とうとう行っちゃった」なんて思われるのも困るので、小声で。ただし、身振り手振りは派手に。

本当はプレゼン資料があるといいんですけど、これは書いてあるつもりで、

 「こちらをご覧ください」

なんてやるわけです。

■覚えてない


いざ、それについて話をしようと思うと、結構話ができません。
そりゃぁ、読んだだけで自分の言葉で喋れるようになるわけ無いですから。

で、時々本を見ながら、「そうかそうか、こう書いてあったっけ」ってまた、目の前にいるはずの聴衆に向かってしゃべるわけです。

■覚えてる


ひと通りセミナーが終わったら、反省会をします。

 「あ、ここはうまく説明できなかったな」
 「これは、ちゃんと説明できたな」

なんて、完全に主観で結構。
目次のコピーに、○やら×やら△をつけていきます。

だいたい、1/3〜1/5くらい○が付けば大したものです。

その後2〜3週間おいて、もう一度同じセミナーをやってみてください。
できなかったところが幾つかできるようになっているはずです。

■著者になりきる


ポイントは、ちょっと賛成できないところがあっても、著者になりきって、その本の論旨にそって説明をすること。ま、もちろんドラッカー氏やコヴィー氏みたいに英語でプレゼンができるわけではないですが、そこはそれ、気分というやつで。





■同じテーマの記事

ロバート・フェルドマンのビジネスマンに読んでほしい本2

著名エコノミストのロバート・フェルドマン氏が薦める本のご紹介。簡単にフェルドマン氏について。アメリカ合衆国テネシー州オーク・リッジ出身。東欧ユダヤ系。1970年にAFSの交換留学生として初来日。愛知県名古屋市の南山高等学校にて学ぶ。イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得。野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基..

ロバート・フェルドマンのビジネスマンに読んでほしい本1

著名エコノミストのロバート・フェルドマン氏が薦める本のご紹介。簡単にフェルドマン氏について。アメリカ合衆国テネシー州オーク・リッジ出身。東欧ユダヤ系。1970年にAFSの交換留学生として初来日。愛知県名古屋市の南山高等学校にて学ぶ。イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得。野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基..

いつ終わるのかを言う

依頼した作業の期限が近づいてきたので進捗状況を聞いたときに「いまやってます」「これからやります」みたいに返事をされる時があります。……やってなかったんだね……まあ、やってなかったものは仕方がないとして、この返事はすごく不満。終りがあるものタスクだけでなく、仕事と言うもの全てには「終わり」があります。打ち合わせなどでも、××をやるということだけを決める場合はほとんど例外で、××をまでにやるというのが基本ですよね。「の件って今どうなってる..

相手に気持ちよく喋らせる減衰曲線

コンサルタントなどが相手にうまくしゃべらせるためのコツがあるそうです。幾つか調べただけのものも含めてご紹介します。相手にしゃべらせる方法というのは、大きく3つあって、・しゃべりやすいという印象を持たせる・自分ばっかりがしゃべっているという印象を持たせない・ウソ(誤解)や間違いに引っ張られないなのだそうです。しゃべりやすいという印象を持たせるようは、「自分が話している内容が自分にとって不利益になるようなことにな..

会議におけるファシリテーターの役割とは

会議において議長となるひと(会議を主導する人)は当然必須なのですが、ここ10年くらい重要視されるようになったのが、「ファシリテーター」という立場の人。この人がいるといないのとでは、会議の進み具合がかなり違うということで、どこの会社も「ファシリテーション」などという教育プロセスを持つようになったみたいです。ファシリテーターがファシリテーションするのに必要な3つの視点をご紹介します。ファシリテーターの3つの視点本書『レ..

矛盾す複数の問題を一気に解決する「インクルージョン思考」

表題の「インクルージョン思考」というのは、問題がいくつもあって、それらの問題を一気に解決してしまうような、「おぉ、その手があったか!」というアイディアを出すための考え方。ドラマやアニメなどを見ていると、最初の方で色々な問題が次々と発生して、主人公がにっちもさっちもいかない状態に追い込まれることがあります。それを後半に、ある一つのことをやることで一気に解決して大団円、というストーリがよくあります。あのアイディアはどうやって思いつい..




posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座