2019年09月16日

タスクの多重管理





■仕事は多次元


あなたは仕事の管理をどうやってやっているでしょうか?

GTD(Getting Things Done)などの「仕事」や「やるべきこと」の管理ルールはあるものの、実際にタスクを作ってみると「管理するのはは難しい」と感じてました。

ちょっと用語が難しいので、以下、GTDの規則に従って

  複数の活動をまとめたもの = プロジェクト
  1回の作業で終わるもの  = タスク

と呼ぶことにします。

例えば、




 新規事業を起こす

というプロジェクトがあったとします。

これから次のようなタスクがさらに派生します。

 事業アイディアを募る
 事業の従業員を募る
 業務分担を決める
  :

でも、これってまだまだ、「タスク」と呼べる段階にありませんよね。
そうすると、更にそれを分解するわけです。

 事業アイディアを募る
  +アイディア募集のWebページを作成する
    +Webページデザイナーを探す
      +デザイナーの募集をする
      +デザイナーの決定をする
    +Webページのコンテンツを決める
  +募集するアイディアの制約事項を決める
  +応募に対する謝礼を検討する

こんな風にどんどん分解して行くと、最後に

  デザイナーの面接日時を決める

というタスクがようやく出てきます。

で、ふと気がつくと、かっこいいWebページを作ることに集中してしまって、当初の目的はなんだったか忘れちゃう、みたいなことがよく起こります。

仕事は1時間で済む作業から半年から1年かけてやるレベル、一生続けるような仕事までいろんなレベルがあります。GTDではこれを

 滑走路のレベル
 1万フィートのレベル
   :

など段階に分けることを推奨していますが、じゃぁこれをどうやって管理したらいいのかはまったく説明がありません。でも最終的には「幸福な人生を送る」みたいな究極の目的に向かっているはずなんですよ。




■試行錯誤の歴史


これを何とか上位レベルの「仕事」と結びつけながら、その目標・目的を意識した活動をしたいと、色々試行錯誤しました。

◆テキストファイルで管理する


 テキストファイルで、TABで段付けしながら管理してみました。
 でも、段付けが深くなると、今やらなくてはいけないタスクがどれなのか、どれがプロジェクトのレベルなのか区別がつかなくなって、あえなく挫折。やっぱり、
 タスクは期限とともに見えるようになっていないと都合が悪いみたいです。タスクを見たい時に、プロジェクトが見えてしまうと、余計なことに気が散って、タスクをやるより、タスクの過不足をチェックに入ってしまい、余計な時間を使う結果になる。

◆EXCELで管理する


 そこで、不要なものを見せなくすることのできるEXCELを使ってみようとしましたが、これも挫折。
 まず、折りたたみができるようにするためには、行ごとにブロックの指定をしなくてはならず、入力作業にかなり時間を取られる。
 つぎに、列ごとにフィルタを設定してタスクだけが見えるようになったのですが、プロジェクト→プロジェクト→タスクのように横にどんどん長くなってしまって、画面に文章が見えなくなてしまう。
 フィルタの列にキーワードを入れないと、フィルタから漏れてしまってやり残したタスクが出る。
 などなど、問題がいっぱい出て、2ヶ月ほどで断念しました。

◆メールで管理する


 いまのメールソフトは、スレッド表示ができるため、タスクが発生するたびにそのプロジェクトのメールに返信をして、スレッドとして表示させるようにしてみました。
 いまはアウトルックを使っているので、ちょっとスレッド表示が変なのですが、以前はBecky!というソフトを使ってました。これのスレッド表示は非常にすっきりしていたので。
 しかし、これもタスクだけを抽出して一覧するのは結構面倒でした。

 その上、メールは一度出してしまうと、後から修正が効かないので、何か情報を追加しようとしても、それにリプライ(返信)することになって、タスクだか追加情報だかわからなくなってしまうという欠点がありました。

 これは1年ほど続けましたが、結局漏れた仕事が多発した時があって、その時点で断念。

■2つのソフトで管理する


結局行き着いたのは、

 ひとつのツールで管理するのは不可能

という結論でした。
そこで、ソフトを2つ組み合わせて使うことにしました。

◆マインドマップ+タスク管理ツール(アウトルック)


現在はこの方法です。
マインドマップのセンターイメージに究極の人生目標を書きます。
そこからどんどん派生させていき、「会社人生」のところに、プロジェクトを色々書き出します。さらにそのプロジェクトを分解していって、3ヶ月〜1週間程度の大きさになったところで、やめます。

マインドマップソフトを使えば追加削除は簡単ですし、外部ツールへのインポート・エクスポート機能もあります。私のお気に入りはXMINDというソフト。

プロジェクトからサブプロジェクトやタスクを作り出すときには、マインドマップで考えますが、3ヶ月〜1週間の単位程度の大きさになったら、それをエクスポートして、タスク管理ツールに渡します。それ以降はタスク管理ツールのお仕事。

タスク管理ツールでは、マインドマップのかなり上位のプロジェクト名で分類(アウトルックの名称で、フリーのタスク管理ツールだと「タグ」といったりします)が作ってあり、その分類にどんどん放り込みます。
この時に、名称(表題)にひと工夫しておきます。

  (上位のプロジェクトの省略形)!…(このブロジェクトの省略形)!名称

のように書くようにします。例えば上記の新事業の例なら

  Web!デザイン!募集!Webデザイナーを募集する
  Web!デザイン!募集!要項!募集要項を決める
  Web!デザイン!募集!要項!仮!要項のアイディアを出す
  Web!デザイン!募集!要項!決定!要項の承認を役員にもらう
  Web!デザイン!募集!案内!募集案内を出す
  Web!デザイン!募集!案内!案内先!募集案内先を決める
  Web!デザイン!募集!案内!発送!募集案内を発送する

みたいに。キーワードを省略して順位ごとに「!」で区切って付けておくことにしました。

こうしておくと、関係するプロジェクトの進捗状況やタスクの過不足を調べるときに、「Web!」と検索してやると、Webページ作成に関するすべての下位のプロジェクト・タスクが検索に引っかかってくれるわけです。
名前でソートすれば、親子関係を保ったままソートできます。

ただし、省略名称を間違わないように注意しないといけません。
ただ、これは元のタスク(プロジェクト)を開いて、その下位のタスクを作るので、コピペで表題を持ってくればいいので、あまり失敗したことはありません。

それより上のレベル(ここでは「新事業を立ち上げる」)は、「分類」で管理されており、更にその上位はマインドマップで管理されていることになります。

現状の課題は、プロジェクトの細分化が進むと表題が長くなりすぎて見づらくなること。

■フリーのタスク管理ツール


フリーで使えるタスク管理ツールはいろいろあります。このWebページなんかが参考になります。

しかしながら、仕事で使おうと思うと、そのツールに業務の情報を入れていいかどうかについて、セキュリティポリシーを決めている部門の承認が必要になり、そこに話を持って行っても簡単には通りません。

しかたがないので、上記のような工夫をしているわけです。
まぁ、そのおかげで色々工夫をして、それがこのブログネタになったりしてますけど。

■教えて


私はこんなやり方をしている、というもっと良いやり方を開発した、というかた、ぜひ教えて下さい。
ブログにご意見を伺えるようメール送信機能をつけておりますので、ぜひよろしく。



■同じテーマの記事

なにかいいことある?

以前の記事「新しくはじめる」で、以下の様なことを書きました。自分の知る限り、時間を作り出すためには3つしか方法はありません。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−1.やめる−今やっていることを「やらない」ようにする2.へらす−今やっていることの頻度を減らす3.かえる−やり方を変えてもっと効率的にする−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−いつも、..

筋トレはメンタルバロメータ

一度メンタルをやられると、もうそういうことがないようにかなり防衛的になります。ちょっと忙しいなと思ったら仕事量をセーブしたり、「それはできません」ってはっきり断るようになったり。ただ、気分の波とメンタルの状況ハンダっていうのは正しく見ようとすると結構難しいものです。「メンタル障害に注意しましょう」的なことは多くの会社では注意していることではあると思いますが、一般に会社が見ているのは、残業時間。でも残業時間が多いか少ないかで単純に..

ネットサーフィン記録

よくこの記事でもご紹介するのですが、私はちょっと何か調べ物をするときに、関連する用語や現在の動向を調べるためにインターネットを使用します。おそらく最近は、あなたも辞書をひくとか辞典を開くということが少なくなったのではないでしょうか。同じ調べ物を何度もする先週フリック入力練習で、スマホやタブレットPCの入力練習ソフトをご紹介しましたが、こういうのは意外と時間がかかります。探す→よさげなアプリを見つける→ネットで評判を見る→使ってみる..

アイディアは数字で表す

先週は我が社の提案強化週間でした。なにをするかというと、「みんなで、会社の改善の提案をしよう」という活動。部門で提案件数が集計されて、それで部門の評価が決まります。提案した個人に対しては、1件につき××円。優秀な提案については別途金一封。部門のマネージャとしては、結構プレッシャーがありますので(部門の責任者会で結果が発表される)、頑張って提案を出してもらえるよう促進するのですが、なかなか提案がでない。「改善するポイントなんていくらでもあるだろう」と思うのですが、その..

仕事や勉強のインターバルの効果的な使い方

ポモドーロテクニックにあるように、人間の集中力には限界があります。よく言われるのが1時間〜2時間が限界というもの。ポモドーロテクニックだと、30分ごとに時間区切り、25分集中5分休憩などとしていますね。ところが、この休憩時間をどう使うかということは書いてないものが多いです。休憩というと、なにか飲み物を飲んだり、席を立って体を動かしたり……と、「たり」ばっかりです。つまり、「作業でないなにか」でしかないわけです。どうし..

問題認識の手法5―問題を発見する

もう金曜日ですね。ようやく今週の本題にたどり着きました。問題発見の問題以前の記事問題解決のための7ステップでも書きましたように、問題を正確に捉え、その根本原因にたどり着ければ後は技術的問題も多いのですが、多くの場合、この問題認識で失敗します。その理由として考えられるのが、・あるべき姿が的確に描けない。・現状の認識力と分析力が低く、正確に把握できていない。・ギャップの構造を解明することができないため、問題の本質に迫れない。・実行可能な解決策..




posted by 管理人 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座