2013年01月16日

今やれ、すぐやれ、早くやれ





どうしても先延ばしをしてしまうタスクというのがあります。

わかっちゃいるけどやめられない。

ただ、「その他大勢」から抜けだして、成果を上げ、上司に認められるようになるためには、上司から指示があってから短時間で結果(成果ではなく)を出さないと上司は、「あいつやっているのか?」と疑問に思ってしまいます。

一度そういうふうに思われてしまうと、人間には認知バイアスがかかるので、早くやったとしても、「ふ〜ん」程度で意識に残らなくなってしまいます。逆に上司の期待するより遅かったことだけ覚えているようになります。

なので、私がいつも心がけているのは、上司からの指示は、




 当日中に報告に行く

ということ。
もし、報告が遅くなって、上司が帰宅してしまったりしていたら、当日中にメールをして(メール送信日付が問題)、翌朝上司を捕まえて報告します。

メールだけだと見落とされる危険があるので、必ず口頭で、1分程度でもいいので報告をします。

そうすると、上司から見ると

 「お、こいつ最優先でオレの依頼をやってくれたのかな」

と感じてくれればしめたもの。

同じ事は他の部署の関係者に対しても言えます。
もちろん、上司が最優先ですが。

ただ、すぐには終わらないようなものは、まず手を付けたことを報告するために、できたところまでを当日中にレポートするようにします。その後は以前の記事に書いたように8割型のタイミングで報告をします。




■今やれ、すぐやれ、早くやれ


とはいっても、面倒くさそうな調整や、調べ物だったりすると、つい、「明日やろう」と思っちゃいますよね。そんな時に、自分に向かって(言葉に出して)言うのがこの魔法の呪文。

 「今やれ! すぐやれ! 早くやれ!」

ここで読むだけだと、単なる語呂のよさそうな文字の羅列ですが、実際声に出していってみると、私には非常に効果があります。

 「さっさと片付けよう」

と思えるんです。
理由はわかりませんが…。

■フットワークを軽く


フットワークが軽く、行動的な人が嫌われるケースはほとんどありません。
何にしても一旦引き受けたことは、素早くやって素早く回答をしてくれる人というのは、頼む側としては安心できるし、信頼もしやすいものです。

時間術的に考えても、「どうしよう…」と考えている時間というのは、何ら成果に結びつかないものなので、さっさとやってしまうことがいいというのは、こんな記事を読んでいるあなたにとっては当然の話かと思います。

■タスクが積み重なったら?


ただ、引き受けたことをどんどんやろうとすると、それ以前に引き受けた「締切のないタスク」が後回しになっていきます。つまり「ラストイン・ファーストアウト」(最後に入ったものが最初に出てくる)の状態になるわけです。

ただ、経験的にそれが重大問題になったことはあまりありません。1日待てたものは2日でも待てるということではないかと思います。




■同じテーマの記事

時間を無駄にするもっとも良い方法

毎日忙しいですよね。大抵のサラリーマンは週に40時間は当然のように拘束され、その時間はひたすら何かしているわけです。ほとんどのサラリーマンは、それにプラスして残業という延長戦もこなしています。そこで毎度会社なり上司からお達しがでるのが、「効率をあげよう」っていうテーマ。まあ、年に1回位は聞くでしょうし、何年かに一回は全社的な活動としてやっているところもあるのではないでしょうか?私はシステム関連の担当業務をしているので..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:自分の使った時間の記録のやりかた

過去記事でも何度か「日誌を書く」について書いてますが、これは実際いろいろな良い効果があります。ひとつは、忘れ物をしなくなること。もうひとつは、振り返り(いわゆる「レビュー」ですね)のときに、「事実」と「記憶」が結びつくこと。さらに、メモが活かせるようになること。他にもいろいろありますが、代表的な効果はこの3つです。これをさらに一歩進めると、「日」単位ではなく「時」単位の「時誌」になります。これをつけるようになると、日..

時間日誌の効用

「この仕事はだいたい3時間位掛かりそうだな」、「1週間お待ちいただけますか」って言った仕事ってどのくらいの精度で完成しているでしょうか?こういうのって、それに近いことをやった経験自体も必要ですが、経験を積むためには、「やった」だけではなくて「測った」「予測と実績の差の理由を考えた」という経験がないとなかなか精度が上がりません。予測精度をあげるために記録をつける予測精度が上がるとどんないいことがあるか、についてですが..

議論が進まないときの4つの対応方法

何かを提案した会議のファシリテーションや議事進行をしていると、議論がなかなか進まない状態に陥る時があります。大抵の場合は、公式には「やるべき」なんだろうけど、「やりたくない」とか「そんな工数はない」とかの問題があって、メンバーの腰が引けている状態なことがおおいです。まあ、「わっかっちゃいるけどね〜」状態。こういう状態に陥ると、いくら議論しても、ほぼ無駄です。相手は理屈的には説得されているので、納得する理由をさらに提示しても、絶対..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:能力以上の成果を出す目標の建て方

「能力以上の成果」を引き出す「目標の立て方」「よい目標」を設定するというのは、簡単なことではない。「よい目標」とは、やる気を起こさせると同時に、その行動の方向づけをしてくれる。そういう目標を設定するためには、次のような条件が守られなければならない。自分自身の目標であること。自分のために設定した目標なら、やり遂げる可能性は大きい。上司や友人、仕事仲間から押しつけられた目標ではダ..

習慣を改める習慣をつける

多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。習慣の力過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、ミラーを確認してシートベルトを締めてエンジンをかけて::(中略):後方確認をしてブレーキを緩めてアクセルをふかしながらゆっくりクラッ..




ラベル:先延ばし
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座