2018年09月03日

判断と決断





大事なことは3秒で決める!
ファミレスのメニューは3秒で決めろ!




どういうわけで、「素早く決める=3秒」というのが普通の時間感覚のなのかよくわかりませんが、ビジネスにおいて、意思決定者は素早く意思決定することが大切だ、みたいな説があります。

まぁ、「ファミレスのメニュー」と「大事なこと」が同列に扱うのもどうかと思いますが、まぁ、ほんのタイトルなので、そこは置いておいて…。




■判断と決断


上記の本で筆者が推奨している「決める」と言うのは、

 決断すること

を言っているようです。

巧遅より拙速、とはよく言われますが、何をするかによって、「拙速」が悪になる場合もあります。ですので、単純に、「素早く決めること」が言い訳でも無さそうです。

で、ふと考えたのが

 判断することと、決断することの違い

についてです。

大辞林によると

判断
  @物事を理解して,考えを決めること。論理・基準などに従って,判定を下すこと。
  A吉凶をうらなうこと。 「姓名−」
  B論 〔英 judgement; ドイツ Urteil〕 ある対象について何事かを断定する人間の思惟作用。命題を内容とする思考の働き。また,命題自体。

決断
  @きっぱりと心を決めること。 「 −を迫られる」 「思い切って−する」
  A是非善悪を見定めて裁くこと。 「理非を−せられしかば/太平記 1」

だそうです。


■判断


ようするに、判断というのは、情報を十分に検討して正しい答えを導き出すことです。つまり、誰が考えても同じ結論になるような論理思考を働かせることです。
これを不十分な情報や、間違った情報元にすれば当然正しい答えが導き出せずに、失敗をすることになります。したがって、これ(判断)をするときには「巧遅」がいいわけです。

たとえば、ドライブに行く時に、目的地にどうやったら早くつけるのかを考えるためには、選択しうるルートを上げて、それぞれの所要時間を調べて、その最短のものを選べばいいわけです。
東京から福岡に行くのに

 ・車で高速道路で行く
 ・新幹線で行く
 ・車で一般道を行く
 ・歩いて行く

これが、8時間後に福岡につけるなければならないという条件下で選択するとなったら、誰が考えても、「新幹線」ですよね。まぁ、この場合は考えるほどのこともないとは思いますが。
もう少し余裕が有るのであれば、費用というものも考慮に入ってくるかもしれません。

■決断


決断というのは、「心を決めること」です。
つまり、AとBという選択肢があって、最終的にはどちらにもメリット・デメリット両方ある。
そのときに「よし、これで行こう」と決めるのは、

 経験・勘・度胸

のいわゆるKKDです。
多くの企業経営と言うのは、これなんですね。未来を予測して、「こういう未来にしたい」「こういう未来が来る!」と考えた所で、それが当たると決まったわけではない。でも、今までの経験や勘に照らして、「こうするぞ」と決めること。

これは、判断と違い、人によって異なっていますし、論理的に導き出されるものでもない。
ただ、いつまでも決めないでいると、時間だけがどんどん過ぎていく。

だから、これは「拙速」がいいんですね。

ただし、何も情報を持たずに決めるのは、無謀というやつです。
まず、情報を集め、その上に自分の意思を加えて得られる決定、これが決断ですね。

■いまは決断をするときなのか判断をするときなのか


私は、何かの決定を求められた時に、

 ・判断をするべき問題か
 ・決断をするべき問題か

をまず考えるようにしてます。

判断をするべき問題であれば、判断をするに足る情報が集まっているのかがまず考えるべきことですね。

逆に決断をするべき問題なのであれば、今ある情報でだけで決めます。
もし決めてその通りやってみてダメなら、すぐに撤回すればいいですから。

部門や課の責任者(管理職)だけでなく、一般社員であっても、常に判断・決断を求められています。例えば、ソフトウエアエンジニアであれば、「この処理をするのに最も適切なアルゴリズムはなんだろうか」という判断をしないといけない時がありますね。それは判断の問題なのか決断の問題なのかは状況によりけりです。

判断の問題に恣意を持ち込めば、大概は失敗します。
逆に、決断の問題なのに情報にこだわり過ぎると、手遅れになります。

あなたがこれからやろうとしていることは、決断のもとに行動してますか? 判断を元にしてますか?




■同じテーマの記事

わかりやすく書くコツ

「サルでもわかる〜〜」っていうタイトルの本を見かける時があります。「いや、いくらなんでもサルは本が読めないだろ」とは思うのですが、まあ、こういうのって特定のジャンルについて調べようと思うときに「入門書としてはアリかも」という気がして、つい手に取ってしまいます。サルでもわかる福沢諭吉ということで、どうすればわかりやすくなるのかについて完結にまとめられていた本からのご紹介。で..

メールはプルシステム1

以前の記事にも書きましたが、1日に約300〜500件のメールが来ます。このためかつてはメールをチェックするだけで多い時で1日に3〜4時間かかってました。これじゃあ、会社にメールを見に来ているのか仕事をしに来ているのかわからない状態になってしまってました。メールの処理時間を効率化するメールというのは、そこに書かれている内容を読んで理解し、それに対してアクションを起こして、今持っている業務を前進させることが目的なのですが、自分が何かしなければならないメールは..

トラブルを上司に報告する前にするべきこと

よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。上司の力を利用するトラブル解決の方法何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、い..

頭越しの命令・相談

恐らく多くの会社では、コンナ階層構造になっていると思います。マネージャ|リーダー|メンバー頭越しの命令もしあなたがマネージャなら、メンバーに直接業務の指示を出してはいけません。かならず、リーダを通して命令するようにします。たとえ、リーダが忙しそうで、親切心から、代わりに指示しといてやろうとしたとしても、それは組織を破壊する行為であることを認識する必要があります。なぜなら、簡単に言えば、メンバーがどちらの方をむいて仕事をす..

合理的に交渉する仕組みを作るための質問

打ち合わせにはいろいろな種類がありますが、一番難しいのは「交渉」ごとです。つまり双方に自分の利益に対する要求があって、それが異なっている場合です。このとき事前に用意しておくといいものがあります。交渉前に用意する5つの事柄交渉の打ち合わせを始める前に、4つの質問に対する答えを書き出しておくと、自分の望んだ結果に近づけることができます。・お互いの共通の目標や利益はなにか?・自分の要求はなぜ妥当なのか?・どこまでな..

プレゼン資料にネットで拾ったイラストは使うな

ちょっと過去に見たプレゼン資料を思い出してみてください。「ん?」っていう違和感のある図を見た記憶はありませんか?たとえば、「生産→消費者」って表すのに、「生産」のところはフルカラーで立体的な工場のイラストだけど、消費者はPowerPointに標準ではいっている人の絵とか棒人間(と線で書いた人間の絵)になっているとか。私は結構違和感バリバリ。ただ、自分で作るときはやっちゃいます。イメージに会うフリーのイラストを見つけ..




ラベル:決断 判断
posted by 管理人 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座