2019年07月08日

問題は外にある





ちょっと抽象的なお話ですが…

 「コミュニケーションが悪い」
 「言ったことが伝わってない」
 「間違って伝わった」

こういった問題は、誰かと協業していく上ではよく起きうる問題です。

その時に、

 「組織体制が●●だから」
 「会社の方針が××だから」

といってしまうのは簡単です。



その瞬間から問題点は自分のモノではなく、他人の問題になります。

■影響の輪と影響力の山


「影響の輪」という図をごぞんじでしょうか。「7つの習慣」で有名になったスティーブン・コヴィーという人が書いた書籍の中には何度か出てきます。

 影響の輪

この影響の輪というずは2つの同心円からなっています。

外側のマルを「関心の輪」と言います。
これは、自分に関わる、あるいは関心があるすべてのモノ・コトを表しています。

内側のマルを「影響の輪」といいます。
これは自分がコントロールし、影響力を及ぼすことが出来るすべてのモノ・コトを表しています。

この図が言っているのは、人間は関心があることの内、一部しか自分で影響力を発揮することができないということです。個人のスべきことのおおくは、自分が影響力を持つことができないところにあります。

ただこの図はかなり暴論的にまとめた図なので、自分のイメージはちょっと違っていて、丁度
  正規分布
の絵のような状態。

丁度影響の輪を縦に切った状態を想像してもらえいるといいのですが、中心は自分自身で正規分布の図で言うと最も高くなっているところ。ここから徐々に離れていくと、影響力が徐々に下がっていく、という感じで物事を捉えてます。

これを勝手に「影響力の山」と呼んでます。


要するに、影響力というのは、あるところから突然なくなってしまうようなものではなく、徐々に中心点から遠ざかることによって影響力が下がっていくが、どんなに離れてもゼロにはならない、というイメージ。

もちろん、上記の
 影響の輪
にあるように、「天気」に自分の影響力がどのくらい発揮できるかというのは、うまく説明がつきませんが。

自分に起こる物事程度であれば、ある程度は自分が影響力を発揮できるのではないかと思っています。




■問題はどこにある?


さて、話は元に戻りまして、何か問題が起きた時に

 「問題は自分の外にある」

とする考え方。

これは、自分が気がついた問題の原因を「影響の輪」「影響力の山」の外辺に置くようなものです。

問題に気がついたというのはすごくいいことなのに、それを自分の影響力の外においてしまうことによって、その問題を別のもののせいにしてしまうんですね。
その結果問題は他人の力による解決を期待することになり、問題は解決しないか、解決しても自分の臨むような結果にはならない。で、そうするとそれがまた、「問題」ではなく「不満」に変化していく。

これは単に自分で自分にストレスをかけているだけですね。

自分以外の者にその解決を任せてしまった以上、どのような結果(たとえ、問題を無視するという結果であっても)になろうと、それは他人に解決を任せた本人の責任なんです。

  真上に向かってツバを吐けば、自分にツバがかかります

どうも多くの人が、こんなあたり前のことにこれに気がついていないような気がします。

■どのように影響力を持てるだろうか?



もし、何か問題に気がついたら

 この問題に対して、私はどのように影響力を持てるだろうか?

と自問しましょう。
主語はあくまでもです。

■結果として


本来部門長や、グループのリーダが考えるようなことだと思えるような問題に対しても、上記のように、「私が何ができるか」を考えるようにすると、自然と視点が上がります。
結果、組織の中における自分の影響力が広くなって、昇進しやすくなります。

他人や物事に対して影響力の小さい人は、所詮何かの責任を持たせてもらえるようなことはありません。

責任・権限を付けてもらえるから影響力が増すのではなく、影響力が高いから責任を持たせてもらえるのです。

ということが、サラリーマンを二十有余年続けてきてやっとわかりかけてきた今日このごろです。

■参考図書


●アマゾンで見る

7つの習慣―成功には原則があった!


第8の習慣 「効果」から「偉大」へ


第3の案 成功者の選択

●楽天で見る
7つの習慣

7つの習慣
著者:スティーヴン・R.コヴィー
価格:2,039円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



第8の習慣

第8の習慣
著者:スティーヴン・R.コヴィー
価格:2,625円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



第3の案

第3の案
著者:スティーヴン・R.コヴィー
価格:2,100円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





■同じテーマの記事

「外ヅラ」をよくする

「7つの習慣」などの自己啓発書読んでいると、まず自分の内面を磨かないとと思えてしまうのですが、正直内面が変わり、実際に人に見える行動が変わるまでにはすごく時間がかかりますし、人間稼業を30年も40年もやっていれば、そうそうその人の本質が変わるものではないです。外ヅラがいい「外ヅラがいい」こんな風に言われたら、普通は褒められたような気がしませんよね。だいたい「外ヅラ」自体があまりいい言葉じゃない。でも実際は「外ヅラがいい」ということは悪いことではなく、むし..

1年後を想像する

毎日、サラリーマンをしていると、いろいろな問題に悩まされます。これが積み重なると、ストレスでダウンしてしまうなんてことに。これはどのくらいの問題だろうか私は過去、ストレスと過重労働でダウンしたことがあることは、過去記事でも何度かふれましたが、一番大きかったのは、「すぐに解決できそうもない問題」が心理的に大きかったと思ってます。そこで、おやすみしている間にいろんな本を漁って勉強をしたのですが(もちろん、ある程度体調が..

予算管理とは突発費用に対応できること

管理職の仕事の一つに「予算管理」があります。ウチの会社では大体12月くらいに来年度予算推定があり、いろいろな審議体を通して1月くらいに翌年度の予算が確定します。予算管理の誤解「予算管理」という言葉について、ちょっと名称がどうかと思う時があるのですが、「予算管理」というのは、・計画にそって予算を使うこと・計画にない予算を捻出することの2つがあります。計画通りに予算を使うのは別に管理職でなくてもできます。つまり、管理職が管理職たる所以(ゆえん)は、計画..

どうしようもないムダな会議がある理由

「業務効率化」「働き方改革」などとうるさいですね。「ほっといてくれ」と言いたいときもあったりなかったり。まあ、いずれにしろサラリーマンは上が「こうしろ」と言ったら、やるのが宿命。それが給料のもと。で、毎度いの一番に業務効率を下げているネタとして、どこの会社でも上がるのが会議。なんでみんな、そんなに会議が嫌なのかな?会議がムダになる理由ちょっとおもしろい視点の「会議がどうしようもない理由」という一節を見つけたのでご紹..

問題は外にある

ちょっと抽象的なお話ですが…「コミュニケーションが悪い」「言ったことが伝わってない」「間違って伝わった」こういった問題は、誰かと協業していく上ではよく起きうる問題です。その時に、「組織体制がだから」「会社の方針が××だから」といってしまうのは簡単です。その瞬間から問題点は自分のモノではなく、他人の問題になります。影響の輪と影響力の山「影響の輪」という図をごぞんじでしょうか。「7つの習慣」で有名になったスティーブン・コヴィーという人が書いた書..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..




posted by 管理人 at 05:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座