2017年08月07日

やりたくない日




 朝いつものように会社に来て、パソコンを立ち上げる。
 ところが、メールを見るのも億劫だし、と言って溜まっているタスクに手を付ける気にもならない。かと言って締切は待ってくれないし…。

何ていう日はありませんか。
私はしょっちゅうです。

過去記事でも紹介しましたが、どうしても何も手をつける気にならないときの対応方法というのがあります。簡単に言ってしまえば

 ・数分で終わるようなタスクをやっていると徐々に気持ちが乗ってくる

ということです。だから

 やる気がなくてもやれるくらいに細かく分割することが必要だよ




というふうに持って行く場合が多いのですが、それでも

 それすらやる気が起きない

なんていう場合も月に1回くらいは(実はもっとか…)あるでしょう。

これが、起業家だったら、もし「やる気が無いから」といって、何もしなければ、あっという間にクライアントから干されてしまって、廃業という憂き目に遭いかねないので、「石にかじりついてでも」ということが大切なのでしょうが、こちらはサラリーマンです。別に1日くらい仕事をしない奴がいても、すぐに会社が潰れるということはありません(2〜3人の小規模な会社なら「もしかしたら」があるかも…)。

ということで、

 どうしてもやる気が出なければ、やらない

と考えてしまったほうが気持ちが楽になります。

で、何をするかといいますと、私がよくやっているのは

 ・PCの中にインターネット小説をダウンロードしておく
 ・PCのアプリの設定をもう一度見直したり、バックアップをとる
 ・ブログを書く

みたいなことをやってます。

インターネットを直に見ていると、そのログは会社のサーバに残りますので、あとでいらぬ追求を受けることになりかねませんし、ネットの画面であれば、ちらっと見るだけで、仕事に関係するものかどうかはわかってしまいます。

。だから、面白そうなネット小説や青空文庫といったたぐいのものを、休日にダウンロードして、テキストファイルにしてあります。

まぁ、これだけ準備がいいというのは、しょっちゅうやる気が無い日があるということで…

時間術について色々実践したり、人に薦めたりしていると、本人も「時間効率を上げなくちゃ」と思ってプレッシャーになったりしますが、たまにはルーズな日があってもいいではないか、と勝手に考えてます。

もちろん7割くらいは、まじめに取り組んでますよ(言い訳)。
でも、あまりガチガチに考えると、プレッシャーで潰れてしまいますので。

 今日は何もしない

と決めて、バレないようにぼんやりするのも、次のエネルギー充填だと思って、とっとと休みましょう。








■同じテーマの記事

評価されるコツ

どんな職場にも、周囲から絶対的な信頼を集める「エース」的な人がいる半面、誰からも期待されず、お荷物のように扱われてしまう人もいます。入社当初から、「エース」だったわけでも「お荷物」だったわけでもありません。長い時間をかけて、ゆっくりと「エース」や「お荷物」になってしまったのです。これは一体なぜなのか?本日ご紹介する『「辞められると困る! 」と言われる社員がやっている 評価されるコツ』からその原因を一部紹介します。..

好きな曲を聞いて集中力を強化する

通勤時にヘッドホンを付けている人を結構見ます。というか、私もそのひとりで、Bluetooth のヘッドセットで好きな音楽を流してます。「聞いてます」ではないのは、ほとんど聞いていないから。目的は、周囲の雑音を好きな音楽で打ち消したいだけ。朝の出勤時には、電車がすいていれば、新聞を広げてガサガサさせている人がいますし、帰りにはおしゃべりをしている人が結構います。そういうのって聞くともなしに聞こえますし、ガサガサ・ゴソゴソだと気になり始めると苦になります。好き..

要約は自分で作らないとハズレをつかむ

過去記事でもときどき、ビジネス書の要約を書き出したりしていますが、そういうのを書こうとしてネットでついでにいろいろ調べていると、他の人が書いた同じ本の要約に行き当たることがあります。これが、ポイントとしているところがぜんぜん違うんですよ。まあ、自分がちゃんと本を読めていないのだけかもしれませんが、「え〜。そういう本だったんだ」なんて発見があったりします。要約とは抽出である本書の著者は、代議士の秘書として、情報を要約..

2時間早く出社する

時間管理で最も効率がいいのは、「集中できる時間を確保する」こと。このために、会社全体で「集中タイム」とか「会議禁止タイム」みたいなのを設けている会社もありますね。べつに個人でもやれます。過去記事でも紹介しましたが、>みたいに、一人になれる空間を無理やり作る方法もありますが、最も簡単にできて一石三鳥なのが早朝出勤。早朝出勤のススメ以前から、「朝活」などのテーマでも書いていますが、ここ..

ペンとメモ用紙を持っている人だけがいい情報にたどり着ける

ちょっとペンとメモ帳を出してみてください。3秒以内に用意できた人、すばらしい!あなたには特別な情報が待っています。多分……人間の脳には3秒以上保存ができない人間の脳にはワーキングメモリというメモリがあって、非常に短時間だけ情報を持つことができるそうです。だいたい7つくらいだと言われています。このワーキングメモリのデータの保存期間はすごく短くて、3〜5秒と言われています。つまり、なにかヒントになることに引っかかったときに..

努力と成果は比例しない。その2

昨日は、パレートの法則というのをご紹介しました。一言でいえば成果の8割は、あなたの努力の2割から生み出されているというものでした。じゃぁ、今までの2割しか仕事をしなくていいかというと、そういう問題でもないのが難しいところ。今の成果は確かに、2割分の仕事の結果で生み出されているけど、将来の成果は残りの8割の中にあるかもしれない。だから、残り8割もやめるわけにも行かない。となってしまいます。成果に焦点を当てるただ、よくよく考えて見れば、大した成果もでそうもな..




posted by 管理人 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座