2013年08月28日

拾読・通読・精読・考読





読書で速読をするべきとか、多読をするべきとか、いろいろなオススメがありますが、実際どれをやればいいんだ? と思うことってありません?

たくさん読んで、たくさんの知識を得て、それを東東実践に展開できればそれに越したことはないのかもしれませんが、仕事もしないといけないし、家庭のこともしないといけないし、その上本を読んでそれを血肉にしていくなんていうこともと思うと、時間なんていくらあっても足らないですよね。

ただ、私は個人的には年間200冊を目標にしていて、読後の感想文の数で毎月の進捗状況を管理してますので、結構この数字が気になったりします。

そこで、読書は自分に必要な本をフィルタリングをしながら、徐々に深く読書をするようにしてます。その段階は4段階。




 第1段階  拾読
 第2段階  通読
 第3段階  精読
 第4段階  考読

■拾読


時間にして10〜30分程度で1冊を読んでしまいます。
これでも1冊は1冊。

何を読むかというと、前書き、目次、後書きと本文の一部。
いわゆる「速読」っぽいこともしますが、基本は気になったところだけを読みます。

大体年間300〜400冊くらい。本屋さんで立ち読みをするレベルと考えてもらえればいいでしょうか。
私の場合、ほぼ毎週土曜日は図書館で2〜3時間過ごすので、その間に5〜10冊くらいは、この段階でふるいにかけてしまいます。
時々、拾読のつもりで読み始めて、面白いといつの間にか全部読んでた、なんてことも有りますが…。




■通読


拾読して、「これは結構面白いかも」とおもった本や小説、あまり馴染みのないジャンルの本はこの段階まで進みます。

この段階まで進むものが、読書感想文を書く対象です。
これが年間大体200冊前後。

これは本屋さんや図書館で手にとった本だけではなく、本を紹介するメルマガなどで要約を見て、面白そうと思えば、拾読をとばして、ここからはじまることも。

通読は、とにかく最初から最後まで読み切ってしまいます。
気になったところは付箋をつけるだけなので、電車の中やちょっとした空き時間に読むことができます。

以前の記事付箋紙で紹介したように、栞に付箋紙が大量に貼ってあって、そこで気になった行に付箋紙をペタペタ貼り付けていきます。

貼り付けるだけですので、読書が中断されることはありません。

ここでは速読の技術も役に立ちます。

私の場合、この段階は30分〜2時間くらいかかります。

■精読


これは、書いてあることを繰り返し読む作業。
「通読」まで進んだ本には、気になったところに付箋紙が結構たくさんついてます。

これをノートやPCに書き写しながら、

 ・筆者の言いたかったことは何か?
 ・なぜこれが気になったのか?
 ・全体の構成の中で、これがどのように重要なのか

などなどを考えていきます。

さらに、この段階では、時々この記事にも書いているような要約文を書きます。
これは、「気になった文章」という単位ではなく、この本で言いたかったポイントとそれを強化するために提示された命題について整理していく作業です。

以前にも書きましたが、この時、自分の考えではなく、筆者になりきって、筆者の考えをトレースしていくことです。なので、「これは自分の考えにあわないなぁ」とおもっても、それは一旦横においておいて、筆者の主張をきちんと書き出すことに集中します。

主張に同意できるものであれば、早速そのようにやってみます。
タスクリストや行動のチェックリスト(あなたはなぜチェックリストを使わないのか参照)に書き加えていきます。

大体これが1時間くらい。

■考読


最後に、ねぎま式読書ノートで紹介した筆者の主張と自分の主張を戦わせる感想文を書きます。

詳しくは元記事を参考にしてください。

精読・考読に至る本は年間10〜20冊くらいでしょうか。

ただ、「考読」はすごく時間がかかります。

筆者や自分の主張を裏付ける資料をネットで探したり、関連する本を探したりするので、1項目書くのでも数時間かかることもあります(短ければ5分もかかりませんが)。

ただ時々、通読中にこの状態(書きはしませんが、頭が「考読モード」)になることがあって、1ページ進むのに1時間近く「ぼ〜っと考えている」こともありますが。
でも大抵の場合は、何も書かずに考えていても、翌日には忘れちゃうんですね。そうすると時間を無駄にしたような気がするので、なるべく書き物をする環境でない時には、考えずに付箋をはるだけにしようとはしてます。



■同じテーマの記事

本を書き写す

本の精読にはいくつかの手段があります。以前の記事音読すると理解できるでは、本を音読してみることをお薦めしました。本日はもうひとつの精読の手段、究極の精読、筆写について、考えてみたいと思います。読書の全技術音読もそうですが、書き写すとやっばり身になリます。その結果、当時の人々はものすごスピードで知識を増やしていったのです。ですから、書き写すということは精読の最..

本屋に行くなら、図書館に行った方がいい

以前の記事でも書きましたが、私は殆どの本を図書館で借りてきて読んでます。読書術の本で、図書館を利用することを奨めている本というのはあまり出会ったことがないのですが、本書『大人のための読書の全技術』にはバッチリ書いてありました。図書館は良書と出会う絶好の場。図書館で買うべき本を見つけよう幅広くいろいろな本に接する一つの方法として、本屋に足を運ぶことの大切さについては前述..

耳で読む読書術:オーディオブックを活用する

今まで知らなかったのですが、「こんな方法がある」ということでご紹介。すばらしい音読の例としては、新潮社から発売されている朗読 CD がおすすめです。幸田弘子さんが朗読する樋口一葉の 『たけくらべ』 や、寺田農さんが朗読する谷崎潤一郎の 『春琴抄』 などを聞いていると、頭の中に意味がすっと入ってきます。そうした正しい読み方を学ぶことが、精読にはとても大事なことな..

音読すると理解できる

朗読mp3最近、ちょっとハマっているのが朗読。これは、特定の本を声優が読み上げてくれるもので、朗読 無料などと検索すると、意外にヒットします。私のお気に入りのサイトをご紹介しておきます。朗読源氏物語(simple版)【朗読】声を便りに、声を頼りに。青空朗読きくドラさすがにビジネス書は有料しか見つかりませんが。mp3 でダウンロードできるので、それを携帯やスマホに入れて、犬と一緒に散歩しながら聞いてます。ち..

要約をつくる方法

以前の記事ねぎま式読書ノートで、本の気になったところを抜書きして、それぞれにコメントを付ける方法をご紹介しました。本日は、本を要約する読書ノートの作り方について。要約が下手な理由本の要約というと、学校で「以下の例文を要約しなさい」というテストや宿題を思い出しますね。イヤな思い出です…。なにしろ、言いたいことはだいたい分かるのですが、適切な言葉で短くすることができない。文筆家が書いた文章には無駄な言葉はない。だから省略したら別..

ミーティングチェックリスト

本日は私が使っているミーティング(打ち合わせ)で使うチェックリストを公開します。チェックリストは必須だいたい、「自分は仕事ができる」と勘違いしている人や、「仕事ができるようになりたい」と思っている人はチェックリストというものを使いません。全部頭のなかにあると思っているか、何をチェック(事前準備)するべきかがわかってません。ミーティングが必要だとおもったからミーティングを開催するのであって、人が何を言うか、どういう結論..




ラベル:拾読 通読 精読 考読
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座