2013年09月06日

面接質問「どんな貢献ができますか?」




面接の質問の流れですが、ウチの会社では、昇進面接、中途面接ともに同じような内容です。
調べてみると、どこの会社でもほぼ似たようなものですね。

 1.自己紹介をしてください
 2.過去×年のなかで、特に成果の高かった業務を2つ上げてください
 3.なぜその成果が高かったのですか?
 4.その活動の中で、どのような困難があり、どのように乗り越えましたか?
 5.あなたの強み、弱みを教えてください。
 6.あなたの強み、弱みをどのように活用していますか?
 7.あなたは、昇進後(入社後)どのように会社に貢献できますか?
 8.あなたは将来、どのようなポジションを目指していますか?

まぁこんな感じ。

本日は、「会社への貢献」について、どんな答えなら面接官として、マルをつけるかについて考えてみたいと思います。

■貢献とは?

「貢献」と聞かれて、

 「がんばります」

と答えた人がいましたが、これじゃぁバツですね。

だからといって、中途採用の場合なら、その部署や会社の課題がわかっているわけでもないのに、

 会社の何に貢献するか?

と聞かれても困るとは思います。
何に貢献して欲しいのかわからないのに、聞かれるのも、「なんだかちょっと」な気がしますよね。

自分も中途採用の人には、これを聞くのに躊躇があります。

この「貢献」という言葉が流行したのは、自分の認識では、ドラッカー。

ドラッカーの本で、貢献に相当する英語は、"contribution"なのですが、この単語は「貢献」のほかに「寄与、役に立つこと、一助となること」などという訳のほか、「発言」とか「寄付」などという意味もあるそうです。

で、ドラッカーが「貢献」について書いているところをちょっと引用すると

  ★――――――――――――――――――――――――――
  貢献に焦点を合わせることが、仕事の内容、水準、影響において、あるいは上司、同僚、部下との関係において、さらには日常の業務において成果を上げるカギである。
  ――『経営者の条件
  ――――――――――――――――――――――――――★



更に「成果」について

  ★――――――――――――――――――――――――――
  成果を上げる者は、社会にとって不可欠な存在である。
  同時に、成果を上げることは新入社員であろうと中堅社員であろうと本人にとって自己実現の前提である。
  ――『経営者の条件
  ――――――――――――――――――――――――――★

で、さらに

  ★――――――――――――――――――――――――――
  成果をあげるには自らの果たすべき貢献を考えなければならない。
  手元の仕事から顔を上げ、目標に目を向ける。
  
  組織の成果に影響を与える貢献は何かを問う。
  そして責任を中心に据える。
  ――『経営者の条件
  ――――――――――――――――――――――――――★

という感じで述べてます。

まぁ、凡人の私が勝手に解釈すると、

 自分の責任を果たして、成果に結びつけること

ということではないかと。

■話さなければならないこと

つまり、「貢献」を問われたとき、答えるためには次の点がわかってないと答えられない事になります。

 ●自分の置かれたあるプロジェクトにおけるポジションとその責任
 ●会社または最小単位の組織から求められている責任
 ●責任の範囲における課題と目標成果
 ●自分の強みを活かした行動
 ●それ(行動)によって得られるであろう成果

この流れがちゃんと説明できれば、完璧な「貢献」が説明できるでしょう。

■昇進面接

昇進面接の場合であれば、その人の昇進後のポジションや、組織・プロジェクトチームから求められる責任はわかると思いますので、比較的簡単なはず。

ところが、これがなかなか、まともな答えが返ってこない。

 ・自分は今まで、中国での活動で色々なスキルを得たので、今後もグローバルにスタッフの教育・指導で貢献していきたいと思います。
 ・自分はお客様のクレームに対して、迅速な対応がでるようになったと思います。今後もお客様満足度の向上に努めたいと思います。

私からすれば、「貢献って何?」と突っ込んでやりたいところですが、面接であまり圧迫的なことをすると後で人事部に怒られるので、「そうですか。それは頑張ってください」とかニコニコしながら言ってます。

■就職面接

こちらのほうが、面接者は辛いでしょうね。
だって、最初の3つはわからないまま。実際に採用されて、配属されて2年くらいすれば状況はわかるでしょうが、何もわからないまま、「何が貢献できる?」と聞かれても、「何に貢献してほしい?」と逆質問したくなる気持ちもわかる。

ただ、過去にこんな答えをした人がいました。すごく印象に残ってます。

 御社の製品の製品戦略がどのように練られているか、わからないので、的外れかもしれませんが、市場における御社の評判は、否定的な意見を拾ってみると、××××や×××の満足度が相対的に低いように思います。
 自分は前職で、お客様のクレームに対応して、製品の改善を達成した経験もありますので、お客様の声をひとつづつ拾い集め、次の開発に生かせるような情報を開発組織に提供し、相談しながら新製品を創りあげていきたいと思います。それによって、御社の製品をより多くのお客様に愛していただけるようにしたいと考えます。

自分がどのようなプロジェクトに参加したいのかをちゃっかりアピールしたうえで、そこで自分ができることを過去の経験に基づいて説明して、将来どのような成果を出したいのかまで、ちゃんとストーリとして組み立ててます。

ちなみに、この人は現在、同僚です。わずか数年で管理職になっちゃいました。
※もしこの記事を見てたら、気がついちゃうかな?





■参考図書 『経営者の条件

ドラッカー・エターナル・コレクション第一弾。
絶大な人気を誇る不朽の名著。成果をあげるためにいかなる行動をとるべきか。己の強みを知り、時間を知り、なすべきこととなさざるべきことを知る。すべての知識労働者に必須の書。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

経営者の条件
著者 :ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

経営者の条件
検索 :最安値検索

経営者の条件
検索 :商品検索する



●関連 Web
 ビジネスリーダー講座-日経ビジネス
 3分間ドラッカー―ダイヤモンド・オンライン
 経営者のバイブル ドラッカーを学べ―WizBiz
 ピーター・ドラッカー - Wikipedia
 3分間でわかるドラッカー−「経営学の巨人」の名言・至言

●本書を引用した記事
 目的に立ち返る
 常駐タスクをチェックする
 段取りがよくなる段取りシート
 メールはプルシステム2
 ManicTime
 欲しいものを考える
 コーチングの罠
 やらない勇気
 面接質問「どんな貢献ができますか?」
 仕事とは書類を作ることとみたり
 仕事は4時間で終わらせる
 優先順位をつける
 ドラッガーのセルフマネジメント
 すぐにやる(ドラッガー 経営者の条件)
 ドラッガーの時間管理
 時間の記録
 知識とは「何かを変えるもの」
 目標は自分だけが管理できる
 睡眠時間を優先する
 コーチングの引き出す質問を使ってはいけない
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 人を動かす:罰則は「前向きさ」を失わせる
 意思決定をする
 知識とは「何かを変えるもの」
 自分を律すること
 好き嫌いで仕事をしてはいけない
 自らをマネジメントする
 時間の浪費をやめる
 自分でしか成長できない
 機会をつかむ準備をする
 問題は行動によってのみ解決される
 計画を振り返りましたか?
 目標を達成するには時間配分に気をつける
 習慣の力を活用する
 アクションプランには軌道修正が必要
 計画を作りたければ、まず期限を決める
 ドラッカー名著集1 経営者の条件
 仕事効率を上げる基本ルール(技術編)
 行動を組み込まなければ成果はあがらない
 仕事脳は回転の早さではなく体系化
 目標は部門目標に合わせる
 到達基準点を最高にする
 時間の定期点検
 一般的な問題、例外的な問題
 行動に転化する
 時間は常に奪われる
 意思決定回避のリスク
 部門目標と個人目標
 唯一正しい目標は立てられない
 やめる・かえる・へらす
 決定しないという決定
 知識と情報、知識の血肉化
 成果を上げる5つの条件
 フィードバックする仕組み
 時間を分析する
 複数の選択肢を得る
 意思決定をする習慣
 時間を創造する
 時間の定期点検
 時間を塊にする
 目的を明らかにする
 人に任せる
 意見から始める
 時間の使い方を記録する
 ビジネス書名著目録(必須図書)

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集2現代の経営[上]

ドラッカー名著集3現代の経営[下]

創造する経営者(ドラッカー名著集6)

ドラッカー名著集14マネジメント[中]―課題、責任、実践

ドラッカー名著集15マネジメント[下]―課題、責任、実践

ドラッカー名著集13マネジメント[上]―課題、責任、実践





■同じテーマの記事

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..

業界の専門家に見えるようにする

業界人に見えないように頭をリフレッシュして生きる業界人に見えない人の特徴は、まだ入社間もないか、相当仕事ができる人のはずだ。業界の枠に閉じこもっていないという点で共通している。私のコンサル時代にもこれはそのまま当てはまり、飛び抜けて優秀なコンサルタントは決まってコンサルタントらしくなかったものだ。絶対に利口ぶらないし、プライベートでは理屈っぽくないし、自分からわざわざ経歴をひけら..

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

全体最適トラップを避ける方法

「全体最適」かっこいい言葉ですよね。かつてはこんな言葉なかったのですが、これが使われ始めたのはどの辺だったのでしょうか。「全体最適」は攻撃の言葉この言葉は何かの交渉をして相手から譲歩を引き出そうとするときに使う言葉です。実は多くの人が内心はわかってます。ただし、それを公に言うと「あいつは…」とか言われてしまうので言わないだけです。たとえば上司から「課長、来月1か月間だけでいいからさ、おたくの営業第1課から、営業第2課の方に、業務応援として人を3人出せないかな?..

あなたの時間の値段はいくら?

『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則集中力を最高にする時間管理のテクニック』に、「あなたの時間の値段を計算する」という節がありましたので、ちょっとご紹介。時間の「値段」を計算して「不採算タイム」をゼロにする一つの便利な分析法は、時間を経済的価値に置き換える方法である。言い換えれば、自分の値打ちを知ることである。会社に対する自分の時間の価格はいくらだろうか?ほとんどの人は..

報告書のコツ:追加資料は生情報へのショートカットにする

報告資料やプレゼン資料を作るときに、「非表示スライド」や「別添資料」を作った経験は、おそらく誰にでもあるかと思います。しかし、こういった資料って、まず日の目を見ることはないですね。作る労力は表示する資料と同じだけかかっているのに、誰にも見てもらえない資料。可哀想に…。上司が何を聴きたいかを推測するプレゼンであれば、意思決定者やプレゼンの出席者、報告書であれば上司、提出先によって、いろいろな質問が飛んで来..

転職応募書類の書き方のヒント:減点対象に気をつける1

中途採用や新規派遣の時に、応募書類を確認するのですが、書類を見ていて「このひとちょっと不安…」と思うことがしばしばあります。自分で気づかない隠れた原点要素に注意しよう転職関連のサイトや情報誌には、選考で不利となる事項を伝える一般論が多くあります。「正社員経験がないと帰属意識を疑われる」「技術者の職業寿命は 35 歳まで」「育児と両立..

タスクを選択する理由を書き出すチェックリスト

たくさんのタスクリストから次にやることをどのようにして決めているでしょうか?私は、「残り時間」と「作業見積もり時間」で考えることが多いですが、もちろん、ドラッカーなどの言う、重要度と優先度での評価も併用しています。世の中の多くの人の選択方法として、こんな紹介がされていました。一日のうちのある時点でやろうとすることを決める方法は、人によって..

カードは1枚づつ切りなさい

私自身が「下手だなあ」と時々思い返して、暗くなるのは、交渉事をして失敗した時(断られた、相手の言い分を飲まされた)ようなときです。特に、思い返してがっかりするのは、こちらの手の内を見せる順番を間違えて都合よく進まなかった時や、相手にカードを無効にされてしまって、効果がなかった時など。もっとうまい出し方を考えていたのに、相手のペースに乗せられて、自分自身が失言をするとか。そんな時はだいてい「しゃべりすぎ」です。..

面接官になりなさい

昇進・昇格面接にしろ、中途採用の面接にしろ、やってみるとすごく効果がある方法があります。いくつかな面接技術関連のビジネス書を読んでみました(それほど多くではありません)が、これが書いてあった本は、この本だけ。『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』面接官は面接のシロウト昇進昇格、中途採用の面接官は通常、人事部1人、業務部門2〜3人です。過去記事でも書いていますが、人事部は当然、応募者を見る目はプ..

担当者を決めない計画立案

プロジェクトスケジュールを決めるときに、1.タスクをリストアップする2.日程を決める3.担当者を決めるってやりますよね。でも時々担当者を決めないままスケジュールとして公開してしまう場合があります。多くの PMBOK 系の進め方だと、担当者を決め、最終的に各担当者の業務負荷をチェックして業務量を可能な限り平準化するのがセオリーです。私の勝手な持論ですが、世の中セオリー通りには行かないものです。原則は担当者ありき当然ながら、担当者を決めなければ、そのタスクを責任を..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座