2013年09月10日

バカな上司の下でも成長できる仕事術2




本日は、「バカな上司の下でも成長できる仕事術」の続きです。
第2回めの本日は、キーポイントだと思ったところの抜き書きをお送りします。

「バカな上司」とは、たぶん自分の実力にある程度自信がある人なら、だれでも考えたことがある言葉ではないでしょうか。

親と上司は選べない」とはよく言ったもので、まったくその通りで、話していると頭痛がしてくるような上司に何度も出会いました(「頭痛がする」という表現に抑えておきます…)。
サラリーマンですので、人事から、「この人の下で仕事をするように」といわれれば、「いや」はありません。

上司問題にかぎらず、本書にはそんな「自分の力や成長の悩み」を解決する方法が書かれています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■参照先

――――――――――

◆アマゾン


どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

◆楽天



◆その他Webリンク

http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/52037310.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キーポイント

P73━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
部下にすれば、メールで報告したから、それで上司への報告はすべて済んだとの思いがあります。ところが、上司にすれば「そんなメールは読んだ覚えがない、報告がないじゃないか」と感じている。すれ違いです。部下が、「たしかにメールは出したのだから、自分に非はない」と思ったら間違いです。上司がダメなのでなく、部下がダメです。
優秀な部下はメールを出したうえで「メールでお送りしましたが」とか、「メールは読んでいただけましたか」と口頭で確認します。そ 12 」両われたら上司も、「ごめん、まだ読んでなかった」とか、「どんな報告だったの」と、前向きに話を聞いてくれるでしょう。
――――――――――――――――――――――――――――


P78━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇ときには上司の仕事も引き受ける
自分の仕事をこなしたうえで、「何かお手伝いできることはありませんか」と、上司に尋ねるのです。 L 司の仕事を引き受けることができれば、部ドは一段階上の仕事を経験できます。当然、成長します。上司もまた、部ドに任せた余力で、ひとつ L の仕事ができるでしょう。そうすれば、会社の業績も自ずと上がるに違いありません。
――――――――――――――――――――――――――――


P86━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇「自分探し」は、やるだけ無駄
就職を「自分探し」と勘違いしている若い人が多い。それがいまの日本の傾向です。雑誌や就職情報サイトなどが、しきりに「自分探し」というフレーズを使う弊害でしょう。実際に入社してみると、「仕事は自分探しの旅ではない」という現実に直面します。仕事は仕事であって、自分探しではありません。それどころか、「自分を捨てて会社に尽くす場所」です。そのギャップが、新入社貝たちを悩ませ、戸惑わせ、「悪いのは自分じゃない、バカな上司だ」と思わせる一因です。
――――――――――――――――――――――――――――


P91━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇自分の強みを、自分で見つけようとするな
会社の中で「強み」になるのは、案外、相対的なものです。日本語が喋れるなんて当たり前。ところが、もし口本語を読み書きできる人が少ない外資系の会社に入ったら、日本語が強みになります。これはまあ極端な例ですか、強みというのはそのようなものです。
 :
私も若いころは、夢を描き、為替のディーラーになって華 々 しく活躍したいと考えていました。だから�W為替の決定理論�Wという研究をテーマにして、勉強を重ねていました。その分野の知識に関しては自信がありました。けれど会社は、私を為替のディーラーには抜擢してくれませんでした。その代わり、貿易実務を専門に学ぶ研修生に選んでくれて、そこで学んだ外国為替の知識を生かした切り口で新たな顧客を開拓し、全国でトップクラスの営業成績を挙げることができました。自分の強みは、必ずしも白分が思っているものとは違います。強みを見つけてくれるのは、上司です。強みを作ってくれるのは、会社の環境です。強みを自分で見つけようとせず、周囲に発掘してもらうくらいの気構えが大事です。
――――――――――――――――――――――――――――



P112━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
就職情報サイトの広告には、「個性派を求めるー」などと書いてありますが、あれは一定の枠にはまった中でのチ個性�Wを言っているのであって、会社の枠をはみ出すほどの個性を企業は求めていません。会社が求めているのは、「言われたことを、言われたとおりにやれる人」です。だから、あえて「マニュアル人間」になる。「ノウハウ本」に学び、成功者たちのノウハウを学び実践する姿勢は重要な成功への近道です。[守・破・離」という言葉がありますが、まずは一流の人をマネしてみるのが正しいやり方です。
――――――――――――――――――――――――――――


P154━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇平社員のあいだは、異業種交流会に行っても無駄
異業種交流会が盛んに行なわれています。若い会社員にもたくさんの案内や誘いがきます。私も 20 代のころ、異業種交流会に何度か行ったことがあります。行けば、[何かしらの出会いがあるのではないか」「得るものがあるのではないか」と期待するからです。
 :
異業種交流会は、講師として[呼ばれて行くもの」であって、白分から行くものではありません。講師になれば、自分からわざわざ名刺を配りにいく必要はなく、名刺をいただいた方のなかから、これはと思った方に連絡すればよいからです。 20 代のうちはそんなシンデレラ的な幻想に心を寄せるのでなく、もっと現実的に、与えられた仕事に専念して、実績を積むことが何より自分の将来を開いてくれます。そして、会いたいと思う人と、一対一で会える人問にならなければ、対等にビジネスの話をすることはできません。余談ですが、 20 代のころは本を書いてみたいと思い、いろいろな交流会に出て自分から売り込みましたが、箸にも棒にもかかりませんでした。あきらめてというより、そんなことを忘れてひたすら目の前の仕事に没頭して実績を積み L げていくと、どこからともなく本を出しませんかなんて、忘れていたころに声がかかってくるのです。人脈も同じです。自分から求めすぎる人には、他人はあまり近づかないものなのです。まずは、トラックレコードを作る。これが、人脈を作る最短距離です。
――――――――――――――――――――――――――――

P160━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇並列ではなく、直列で読む
いろいろな本を並行して読め、と提唱する人がいます。私は、知識のべースができるまではむしろ[濫読するな」と助言します。並列で読むと読み散らかしになり、達成感がなかなか得られないからです。本を 1 冊手に取ったら、最後まで読み切る。読み終わるまで、ほかの本には手を出さないのが私の読み方です。
何かの分野を勉強しようと思ったら、同じ分野で本を揃え、順番に読みます。ある著者に興味を持ったら、その著者の本は全部読むこともあります。いまはあまり読みませんが、大学時代、私がやる気になるきっかけを与えてくれた落合信彦さんの本は全冊読みました。その著者の本を全部読むことで、その人の知識を学ぶだけでなく、その人の考え方をつかむことができます。
 :
本を読むというのは、�W一流の人が自分の中に人ってくるようなもの�Wです。一流の人の知識や発想にとどまらず、「ものごとをどう組み立てていくか」、超一流の人が実践しているやり方が自分のものになるのです。だから、こんなにありがたいことはありませんし、それを活用しない手はありません。本から得る知識もさることながら、ものごとのとらえ方を学ぶことが重要です。並列的な読み方だとそれが身につきません。記憶も断片的になり、読んだことが積み重ねになりにくいのです。
直列的に、同じテーマ、同じ著者の本を次 々 に読めば、知識以上の力が身につきます。ダメな上司のドに配属になり、「何も教えてくれない」「 L 司から学ぶものが何もない」と悲観する必要はまったくありません。このように、書店に行けばあなたに助一一肩を与えてくれる本は読み切れないほど存在します。
――――――――――――――――――――――――――――

■関連する記事

トラブルを上司に報告する前にするべきこと

よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。上司の力を利用するトラブル解決の方法何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラ..

部下力のみがき方2:要約

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..

褒め方の3パターン

よくセミナーなどで「人を褒めましょう」というトレーニングがあります。でも、実際一緒に仕事をしていると、できないところは簡単に見つかるのですが、優れているところはなかなか見つけにくい(というか表現しにくい)場合があります。私が人を褒めるときに、以下の本に書いてあったことを参考に考えるようにしています。部下をほめるときには、三通りの評価方法があるこ..

報連相の手段―上司を捕まえる

「ちゃんと報告をしろ!」「報連相がなってない!」よく上司に言われるセリフですね。「そんなこと言われたって、あんた席にもいないし、メールにも反応しないじゃん…」といいたいところですが、上司はあくまでも上司なので「すみません…」ということになります。※ツワモノは、「メール出しましたよ!」と反応するのでしょうが…。報連相の7パターンいわゆる「報連相」やコミュニケーションの手段は、今でしたらだいたい以下の様なパターンがあります..

バカな上司の下でも成長できる仕事術2

本日は、「バカな上司の下でも成長できる仕事術」の続きです。第2回めの本日は、キーポイントだと思ったところの抜き書きをお送りします。「バカな上司」とは、たぶん自分の実力にある程度自信がある人なら、だれでも考えたことがある言葉ではないでしょうか。「親と上司は選べない」とはよく言ったもので、まったくその通りで、話していると頭痛がしてくるような上司に何度も出会いました(「頭痛がする」という表現に抑えておきます…)。サラリーマンですので、人事から、「この人の..

バカな上司の下でも成長できる仕事術1

本日は、ちょっと刺激的なタイトルのビジネス書の紹介。またしても長文なので、2回に分けてご紹介します。第1回めの本日は、本書の要約と私の書評。「バカな上司」とは、たぶん自分の実力にある程度自信がある人なら、だれでも考えたことがある言葉ではないでしょうか。「親と上司は選べない」とはよく言ったもので、まったくその通りで、話していると頭痛がしてくるような上司に何度も出会いました(「頭痛がする」という表現に抑えておきます…)。サラリーマンですので、人事か..

近道をする

私は基本怠け者です。何をするにしても、楽にできる事のほうが好きです。どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。私は近道が大好きだ。何ごとも簡単にできるに越したことはない。私も怠け者は好きではない。努力は尊いものだということも理解している。だが、すぐそばにロープウェイがあるのにわざわざ自分の足で山に登っても特別な勲章には値しない。..

アホな上司は反面教師にはならない

よくネットなどでも「ウチの上司はほんとに使えね〜」みたいなネタを見ますし、本にもそういうときに、「反面教師にしなさい」みたいな書き方がしてあるものがあります。ちょっと記憶にあった「ダメ上司」ネタを探してみました。ネガティブエグザンプル機能で、ダメ上司からも学べここまで、部下が活用できる上司の 8 つの機能を説明してきました。いかに上司が使い倒すべき対象かということが、あなたにも理解でき..

上司から歩み寄らないと本当の情報は入ってこない

このブログは主に一般職に向けて書いていますが、今年管理職に昇進された方も見て見えるかもしれませんので、本日は管理職向けのヒントをイッパツ。本当の情報管理職になると、だんだんナマの情報に触れることが少なくなります。現場情報は部下を通じて取得することになります。また、部下の個人的な情報についても同じです。彼氏・彼女ができた。引っ越ししたみたいな情報も、実際入りにくくなります。私は、..

人事評価の目的を理解すると評価を利用できる

毎年三月は人事評価の季節ですね。多くの人はこの「人事評価」っていやなのではないでしょうか。まあ、私も好きではありません。ただ、この時って自分の評価を上げる方針を決められるとっても少ないチャンスなんです。評価の目的を考える人事評価って何を目的にしているかって、わかります?もし時間と紙とペンがあれば、書き出してみてください。なんとなく、ぼんやりは多くのサラリーマンは理解しているとおもいますが、それを実際に言葉にしようとすると、案外..

「上司」というコンサルタントを雇う

あなたの仕事のやり方や、会社内のノウハウをコーチしてくれる人はいるでしょうか?意外と盲点なところにいます。私は彼にこう答えました。「営業のスキルアップ講座はたくさんあるし、いい研修講師やトレーナーもいると思う。キャリア相談についても、個人的なカウンセリングやコーチングをやっている人は少なくない。真剣に探せば、必ずいい人がみつかるはずだ。ただし……」「ただし?、 何です..



■同じテーマの記事

成果を出しているのに上司に嫌われている

成果と上司の評価は比例しない成果を上げることと、上司に好かれることは、当たり前ですが、正比例しません。神様でもない限り、人には相性というものがあります。では、成果を上げているのに、上司の受けが悪かったら、どうしたらいいでしょうか。会社を辞めて、別の会社に転職したとしても、また同じような上司かいる可能性があるので、早まってはいけません。上司は選びようがないのですから。上司は成果を評価するか?管理職であれば、高い成果を上げ続けている社員..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座