2013年10月11日

人相記憶術―その5反復練習



本日は人相記憶術のの最終回。ついに一週間使ってしまいました。

今回は、前4回とは異なり、作った記憶をいかに強化するかについてご紹介します。



■1回では記憶できない


以前の記事でも紹介しましたが、記憶というのは

 ・それが重要であると認識されること

以外に強化する方法はなさそうです。
重要であるというのは繰り返し、記憶の引き出しから出したり、入れたりを繰り返すことで認識されます。

したがって、反復練習というのが重要なんですね。
お経のように意味もわからずに繰り返しても、記憶はできますがこれには相当な回数が必用。
それほど合うわけでもない人の名前を繰り返しても、何かの引っ掛かりがないと記憶は強化されません。


■連想の糸を繰り返す


そこで連想法で作った連想の糸を使って強化します。

  波(ウェーヴ)のり「みなみ」さん

打ち合わせ中に、これが自然に口をついて出るまで繰り返し言うわけですが、声に出してしまうとちょっとまずいので、頭のなかで繰り返します。

最初にあった時に、呼びかける時には、

 「いまおっしゃられたことですが…」

みたいに、つい名前を省略して呼びかけてしまいますが、これは記憶を強化できません。

 「いま、南さんがおっしゃられたことですが…」

のように必ず名前をつけて話をします。その時に頭のなかでは

  波のり「みなみ」さん

と言いながら、「南さん」を発音します。
※絶対に、『波(ウェーヴ)のり「みなみ」さん』と発音しないように注意してくださいね。

5〜6回やると、自然に、「なみ」と思った瞬間に「みなみさん」が出てくるようになります。
そうすると、大体の場合、「ウェーヴのかかった髪」=「みなみさん」が刷り込まれます。




■歩行呼称法


もし、時々顔を見るような関係の人(近くの部門の人)なら特にこの方法は効果的です。

ちょっと仕事に疲れたら、お散歩に出かけて、その時にすれ違った人や周りを見回してそこにいる人の名前を次々と呼んでみます。

 「お、高田さん」
 「あっちは伊藤さん」
 「暇そうだな。鵜飼くん」

みたいに。別に声を出さなくていいので、どんどん名前を思い出していきます。
歩きながらこれをやるので、

 歩行呼称法

と名づけました。

このように反射的に人の名前を読んでいると、いざという場面でとっさに名前が出てきます。

■名前で呼ぶことの大切さ


私の場合、人の名前を覚えるのが不得意だという意識が強いので、余計に名前を呼ぶときに、「もし間違っていたらどうしよう」とか心配になり、それがもとで「名前で呼ぶ」というのを無意識に避けてしまいます。そうすると相手に対して一線を引いたような発言になってしまい、フランクな話し合いができなくなります。

これは交渉ごとにおいては特に大切なことなので、意識して名前を呼ぶようにしてます。

ということで、今週は「名前」の記憶方法について、私なりの方法を書いてみました。
もし、「自分も不得意だな〜」と感じていたら、やってみてください。「得意になる」とまでは言えませんが(相変わらず、不得意だと本人が思ってますので)、多少はいい方向に行きます。

そして、名前を呼ぶことの重要さとそのメリットを実感する時がきっときます。
「いままで損をしてたなぁ」と思わないように、ちょっとづつ訓練しておきましょう。



■関連する記事

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

初めて合う人の名前を連呼する

ある程度社内で年季が入ってくると、一緒に仕事をする人は結構決まってくるので、名前を聞く機会はだんだん少なくなるみたいですが、それでも新しいプロジェクトをしたり、新人が参加したりすれば初対面の人は出てきます。そういう人と打ち合わせをするときには、名前を聞き出したり、他の人が呼びかけているのを注意深く聞いたりして、名前を憶えるようにしています。名前で読んでもらえれば親近感を持つなにか議論をしている時に、「先ほど、さんも言ってましたが…」と言われるのと「先..

ベタープラクティスに学べ

プロジェクトを任されたけど、良いアイディアが浮かばない仕事を進める際に、どうやれば要領よく進められるのかわからないネット上の質問箱などでときどきこういう質問を見かけます。でも、その質問者にぴったりな回答を得るのはすごく難しいみたいです。抽象的な質問なので、具体的な回答にはしにくいんですね。ベストプラクティス世の中に「ベストプラクティス」というものがあります。世界ですごくいい結果を出しているやり方をコンサルタントや研究者が調査していて、これを書籍にして発行..

人相記憶術―その5反復練習

本日は人相記憶術のの最終回。ついに一週間使ってしまいました。今回は、前4回とは異なり、作った記憶をいかに強化するかについてご紹介します。1回では記憶できない以前の記事でも紹介しましたが、記憶というのは・それが重要であると認識されること以外に強化する方法はなさそうです。重要であるというのは繰り返し、記憶の引き出しから出したり、入れたりを繰り返すことで認識されます。したがって、反復練習というのが重要なんですね。お経のように意味もわからずに繰り返しても、記憶はできますが..

人相記憶術―その4連想記憶

本日は人相記憶術の第4回目です。顔の特徴のチェックリスト、ノートの1ページに収まりましたか?私はEXCELで書き出して、ノートの1ページになるようにして、ノートに何枚かを持ち歩いてます。このチェックリストは、裏が弱粘着性のテープで止めてあるので、付箋(ポストイット)と同様に剥がして好きなところに貼り付けられます。新しく人にあった時には、そのページの左側に貼って、右側にはどんなことを話したのかをメモしておきましょう。※これも、連想の芋づるになります。で、本日は連想記憶術..

人相記憶術―その3特徴抽出

本日は人相記憶術の第3回目です。人の顔の特徴を抽出するためのチェックリストの続き。要約人の顔の特徴は、大きく・頭(顔の全体像、輪郭)・頭髪・額・眉毛・まつ毛・目・鼻・頬骨・耳・唇・顎・皮膚の順に目立ちます。この順に特徴を探していくのがいいです。ただし、女性の場合は髪が長く全体にわかりにくいところが多いので、ちょっとやりづらいですが。今日は眉毛から眉毛..

人相記憶術―その2特徴抽出

本日は人相記憶術の第2回目。人の顔の特徴を抽出するためのチェックリストをご紹介します。人の顔の特徴は、大きく・頭(顔の全体像、輪郭)・頭髪・額・眉毛・まつ毛・目・鼻・頬骨・耳・唇・顎・皮膚の順に目立ちます。この順に特徴を探していくのがいいです。ただし、女性の場合は髪が長く全体にわかりにくいところが多いので、ちょっとやりづらいですが。では順番に抽出するべき特徴を説明していきます。..

人相記憶術―その1あらまし

私がまだ今の家内と付き合い始めた若かりし頃、大失敗をしました。とあるデートの日。待ち合わせ場所にいつものようにちょっと早めに到着すると、もう来ているではないですか。「お、今日は早いね〜。」と声をかけると、その女性が「あんた誰?」みたいな反応。……一瞬の間……「し、しまった〜」後ろから声をかけたのであればまだ言い訳もできますが、正面から近づいて声をかけたものだから、「お?ナンパか!?」と思われたことでしょうね。それほど、人の顔を覚えるのは不得意でした。その時は、本..

命をかけるに値するかを考えて議論に持ち込む

以前に失敗のケーススタディ:本来の望みという記事で、議論に勝つことが、自分の目標に対してどのような影響をあたえるのかを考えよう、というお話をご紹介しました。相手と意見が異なると、ついそこについて議論になってしまい、思わずヒートアップして、最後の結論は自分で顔をしかめたくなるような極論に行き着いた、なんていう経験もあったりします。あとで思い出すと、「オレって、なんてバカなんだろう」と嘆きたくなるのですが、そのときには我を忘れる状態で..

人を動かす:人を説得する原則3:自分の誤りをただちにこころよく認める

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。・本日の巨人:デール・カーネギー・本日のお言葉:自分の誤りをただちにこころよく認める・お言葉の出典:『人動かす』失敗は誰にでもあります。失敗したことを、大きな損失であると捉えるか否かは、その失敗と対策を判断する人の感情に任されています。ということは、失敗をしたら、相手の感情を別の所に誘導してやれば、「失敗から信頼がうまれる」みたいなことが起きるわけです。こういうストーリーで..



■同じテーマの記事

人を動かす:人を説得する原則3:相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:デール・カーネギー本日のお言葉:相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶお言葉の出典:『人を動かす』心理術の本などを読むと、「小さなイエスを重ねて、大きなイエスを引き出す」ような事が書いてあります。その心理術のテーマを端的に表しているのが、本日ご紹介する『人を動かす』に書いてある原則。人類の思想に大変革をもたらしたアテネの哲人ソ..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座