2013年10月23日

ひとりになれる場所をもつ




自分の書斎を持ってますか?

日本の住宅事情で、家族と暮らしていると、なかなか難しいかもしれませんね。

私も以前は寝室兼夫婦部屋のようなところに、PCをおいて、そこで自分のやりたいことをやったりしてました。
しかしその後、一念発起、「自分の部屋を作る!」と言い出して、家を改造、念願の「書斎」を手に入れました。

今では、家族で何かするときか、食事の時以外はそこに入り浸り

で、その効果ですが、これが、「今までなんてもったいないことをしていたんだろう」と思えるほどです。




■書斎の作り


本題に入る前に、書斎に絶対必要なものと、絶対においてはいけないものについて、ちょっと書き出しておきます。
これは私の個人的な経験談なので、全てに当てはまるものではないと思いますし、人によってまちまちとは思いますが。

●必要なもの
 ・パソコンとインターネット環境
 ・本棚
 ・適度に広い机
 ・電気スタンド
 ・冷暖房器具
 ・文房具一式
 ・気持ちがいいと思える程度の音を出すスピーカー

●おいてはいけないもの
 ・テレビ・ラジオ
 ・食べ物
 ・時計

まぁ、理由はいろいろありますが、想像してください。
あなたが、そこで何かに集中してやれる環境であるかどうかということです。それを妨げるものや生活を感じさせるものは一切置きません。




■書斎の効果


基本的に書斎で何をしているかというと、クラッシック音楽をかけながら、こうしてブログ記事などの書き物をしたり、ちょっと会社でやりきれなかった資料を作ったり、自分の将来に向けたマインドマップを見なおしたりしてます。
以前紹介したように、私は自宅に3台のPCが4台のモニタに接続されて机の上においてあるので、そこでいろいろな情報を表示させながら、ゴソゴソ何かをやっているわけです。

学生時代に経験があると思いますが、一人っきりの空間というのは、気が散る要素が非常に少ないです。
周りで人が移動したり、テレビの音や人の話し声などが聞こえると、集中力のない私はすぐにそちらに気を取られます。気を取られると、「あれ?いま何をしようとしていたっけ?」と、すぐにやろうとしていたことを忘れたり、考えていたことを忘れたりします。すごく断片的な活動になるんですね。

これがすごく効率が悪いわけです。

ところが、書斎(一人になれる空間)にこもってしまうと、家族からしても「何か用事がなければ声をかけない」状態になりますので、集中がすごく長続きする。
その結果、やりたいことが捗るようになって、家族との時間もしっかり取れるようになります。

そのおかげで、休日や平日の帰宅後の時間がすごく濃くなりました。
結果、やりたかったことが結構毎週毎週きちんと片付くようになりました。

それに家族が同じ部屋にいてはできないようなこともやれます。

例えば、

 ・感動する映画を見て大泣きする
 ・日記をつけて自分の正直な気持ちを書く
 ・気が向いた時に寝る
 ・音楽に合わせて踊ってみる

などなど。

■生活をしてはいけない


この記事を読んでみえる方の中には、独身・独居のかたもみえると思います。
そういう方は家全体が自分の個室だと思いますが、台所や居間はこの「書斎」には含まれません。
自分の気を散らす一切のものや、生活を感じさせるものは置くだけで、集中力をそぐ事になります。

ゆったりした気分でクラッシクを聞きながら、読書をしていても、目の前に、今夜の食材が積まれていたら気分も吹っ飛んでしまいますので。

■書斎を作る


とまぁ、いいことを挙げても、自分の部屋を持つのは家族持ちにとってはお金もかかることなのでなかなか難しいかもしれませんね。
最近読んだ本にこんなことが書いてありました。

 書斎はあった方がいい。
 だがもし書斎がないとしても、自分専用の机だけは持つべきだ。
 もう人必須なのが、すわり心地のいい椅子である。
 この2つがあるだけで、あなたの生産性は格段に変わる。

たしかに、自分の机があるのとないのでは随分違います。自分の部屋を持つことには劣るかもしれませんが。

自分も机にはこだわりました。
あまり高価なものではないですが、天板がかなり大きくて、がっしりした感じのするものをあちこちの家具屋さんを回って探してきました。
自分で苦労して探してきた机や椅子というのは、それだけですごく愛着がわきます。そこに座っているだけですごく落ち着きますよ。

もう一つ。

ツレがウツになりまして」という漫画を原作にした映画で、その主人公の女性(テンさん)が仕事場にしていたのが、本棚で今を区切り、その中に外から見えないように机をおいてました。これだと、外の声を遮断することはできませんが、視界を制限することはできますし、それによって「一人だ」と感じることは出来るでしょう。

もし、自分の部屋がないし、そんな空き部屋がないという方は、自分専用の机を用意してパーティションやカーテンを付けるだけで、自分だけの空間を作って集中できるようになりますよ。
自分だけの空間を持ってみると、その違いが実感できますよ。



■同じテーマの記事

完全オフ

この半年くらいをちょっと振り返ってみてください。全く何もしなかったという日はありますか?形だけでも仕事と家庭をオフにすることで、素の自分を解放してやるのである。これは、自宅の個室に閉じこもってできることではない。家族が不在で、同時に非日常的な空問でなければ意味がない。そうしたシーンで、独身に戻った気分になって、思いっきり羽を伸ばす。映..

インバスケットを学ぶ1

先日、部下が昇進のための基礎能力試験を受けてきました。返ってくるなり「全然ダメでした〜」と。「どうダメだったの」と聞くと、「口外するなとは言われたんですけどね」と言いながら、しっかり口外してくれたので、私もちょっとばれない程度に公開しちゃうことにしました。このスタイルの評価方法は、昇進試験グループディスカッションでも紹介したので、詳しく知りたい方は、こちらへどうぞ。..

ひとりになれる場所をもつ

自分の書斎を持ってますか?日本の住宅事情で、家族と暮らしていると、なかなか難しいかもしれませんね。私も以前は寝室兼夫婦部屋のようなところに、PCをおいて、そこで自分のやりたいことをやったりしてました。しかしその後、一念発起、「自分の部屋を作る!」と言い出して、家を改造、念願の「書斎」を手に入れました。今では、家族で何かするときか、食事の時以外はそこに入り浸り。で、その効果ですが、これが、「今までなんてもったいないことをしていたんだろう」と思えるほどです。書斎の作り本..

名言コレクション

「今日は、なんか気が乗らないな〜」なんて日はどうしてもありますよね。朝、家族と喧嘩をしてしまったとか、通勤電車で鬱陶しいヤツがいたとか、特に理由はなくても気合が乗らない日というのは勤めていれば、そこそこあります。そんな時の管理人の回復法をちょっと紹介。名言集私は、中国の過去の名言が好きで、結構収集してます。メールのフッタに月替りで名言を入れてるくらい。※余談ですが、これ中国の人にメールを出すときに、案外受けるんですよ。..

出世コースを外れても定年まで生き残る方法

通常、会社は社員に、一定の年齢になったら一定の職位につくことを期待しています。ただし、職位の数は無限ではありませんし、職位を上げれば給料も上がるので、当然給料に見合った(会社から見て)働きをしない人の職位は上げられません。※「働き」が良いかどうかは、本人がどれほど「よく働いている」と思っても、会社としては、「ダメ」な場合があります。ここでは、会社視点での「働き」です。もはや「職位は上がらない」という状況になったときに、なんとか「肩たたき」をされないように、..

汚れていれば、掃除すればいいじゃない―だれもやりたがらない仕事のネタ

ちょっと物語調ですが、仕事のヒントになるお話。汚れたトイレを掃除すれば、並ばなくてもすぐできる。スキーに行って、民宿に泊まった時のことです。その民宿のトイレは、和式でした。洋式トイレに慣れてしまうと、和式トイレにしゃがむのは、新鮮でした。私は、子供の頃は、ポットン式の和式のトイレにしゃがんでいたのに、今では、すっかり洋式のトイレに慣れてしまっています。その民宿のトイレには、個室..




ラベル:個室 勉強部屋
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座