2019年11月18日

オハイオの原則





オハイオ(OHIO)の原則ってご存知でしょうか?




■「あとでやる」は失敗のもと


メールをもらって、「これ返事しないと」と思うときがあるのですが、「でも、今はメール処理の時間なので、後でタスクとしてまとめてやろう」と思って、次を読み進めていくと、何のメールに返事をしなくちゃいけなかったかを忘れてしまうことがあります。

で、締め切りが過ぎてから、「あれ、どうなりました?」って請求が来て、大慌てでやることになることがほぼ毎週1回や2回はあります。

調子が良い時には、そのメールを見たら

 ・すぐに返信ボタンを押して、コンポーズウインドウ(返信の文章を書くウインドウ)を開きっぱなしにしておく
 ・メールにフラグを付けてタスクスケジューラに登録する

とかの措置をするのですが、ふと何かの拍子にそれをやるのを忘れてしまうんですね。

GTDだと、

 まずINBOXにおいておく
 1日に1回程度、INBOXの中身を「処理」して空にする
 「処理」が3分以内に終わるものであれば「実行」する

ということをしないといけないのですが、メールを処理(アクションが必要かどうかを振り分ける)している時に、それに対してアクションを起こそうとしたら、「どのようなアクションが必要か」を書き出しておかないといけないんですね。

でも、あとで実行ステップでメールをもう一度読んで、返信をするのは時間の無駄。
例え返信に1時間かかろうと、その場でやっつけてしまうのが一番効率的なようです。





■オハイオの原則


この名前は

 
 ハーバード式「超」効率仕事術

に書いてありました。

 おお、そうそう!! これだよこれ

っていう感じ。

ちなみにオハイオとは、オハイオ州のことではなく

 Only Handle It Onece

で、「その場で処理する」(直訳すると「1度で処理する」)という意味だそうです。

ちょっと引用しますと

★――――――――――――――――――――――――――
こうした失敗を何度も繰り返した私は、改心して OHIO の原則を信本するようになった。 OHlO といっても、オハイオ州のことではない。「その場で処理する(オンンリー・ハンドル・イツト・ワンス)」という意味である。つまり、優先順位の低いことは、できるかぎり気づいたときにすぐその場で終わらせる、ということだ。やり残しが増えると、結局は時間を無駄にすることになり、不安も高まる。
――――――――――――――――――――――――――★


「優先順位の低いものはその場で処理する(ここでいう処理とは、GTDにおける「実行」に相当)」と言うのはあまり見かけない考え方かもしれません。
通常は

 業務は優先順位の高いものから処理(「実行」)しなさい

というのがセオリーですね。
でも、大して時間のかからないものは、再優先で処理(「実行」)するというのに私も同感。

この「大して」の判断基準は難しいのですが、私の場合は、「簡単そうだな」と思ったら速攻で処理(「実行」)することにしてます。

過去の記事に書きましたが、

 メールを2度処理してはいけない

ですよ。

■モニタに貼りだしておく


これ、つい「面倒くさい」が先に立ってやらない時があるので、モニタのタスクバーの近くにテプラで貼りだしてあります。

  「オハイオの原則

って。

結構、そのモニタを見せて部下と話をしている時に、

 「これ、なんスか?」

と質問をもらうので、結構みんな知らないのかもね。
※こんなマニアックなことを知っているほうが、ちょっとアレなのかもしれませんが。

■参考図書


◆アマゾン



ハーバード式「超」効率仕事術

◆楽天


ハーバード式「超」効率仕事術

ハーバード式「超」効率仕事術
著者:ロバート・C・ポーゼン
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





■同じテーマの記事

要約と結論(約起承転結)

以前の記事結起承転結: サラヒン 〜 サラリーマンの仕事のヒントで書いた報告のしかたでちょっと私が誤解していたことが判明しました。お詫びして訂正させていただきます。要約と結論要約と結論を使いこなす要約とはなにか、また、よい結論とはなにかを勘違いしている人は多い。要..

常駐タスクをチェックする

PCって使っている期間が長いほど、性能が悪くなるみたいですね(経験則)。そのひとつの原因として、常駐アプリがあります。パフォーマンスの改善一度、CTRL+SHFT+ESC って押してみてください。タスクマネージャーが立ち上がりますよね。ここの「プロセス」(Windows10の場合)を見ると、どのくらいのアプリが立ち上がっているかわかると思います。「パフォーマンス」タブを見ると、メモリをどのくらい消費しているかわかります。私が勝手に決めている目安ですが、普段使っている..

オハイオの原則

オハイオ(OHIO)の原則ってご存知でしょうか?「あとでやる」は失敗のもとメールをもらって、「これ返事しないと」と思うときがあるのですが、「でも、今はメール処理の時間なので、後でタスクとしてまとめてやろう」と思って、次を読み進めていくと、何のメールに返事をしなくちゃいけなかったかを忘れてしまうことがあります。で、締め切りが過ぎてから、「あれ、どうなりました?」って請求が来て、大慌てでやることになることがほぼ毎週1回や2回はあります。調子が良い時には、そのメールを見た..

説得には「大説得」よりも「少説得」のほうが効く

上司はもちろんですが、他人を説得して動かしていくためには、「1回で了解してもらおう」と思わないのが大きなコツの一つです。なにかのプロジェクトを発案して、進めようとする人でよく失敗する人は、「会議で決める」と考えてます。うまく自分のいい結論を会議で出している人は、「会議で形式を整える」と考えているように思います。情報を小出しにし続けるどういうことかというと、「いまこんなことを考えてます。ご報告まで」「先日報告した..




posted by 管理人 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座