2013年11月08日

中途面接の質問(ソフト技術者編)




仕事柄、中途採用の面接官を引き受けることがあります。

私の場合、専門がソフトなので、その人にソフトウェア技術者としての技術力があるかどうかを見ることが期待されている場合が結構あります。
メカ、ハードなどの技術者も面接しますが、半分くらいはソフト関係かな。

もちろん、それ以前に技術の吸収に対する態度などを聞いておいて、現在の技術力を測り、今後の期待値を推定するのですが、本日はその人の現在の技術力をはかる質問で私が良くする質問をご紹介します。




■過去の経験をきく


現在持っている技術なので、過去にそれを使ってどのくらいのプログラムを作ったのか、あるいは設計したのかを効かないといけないのですが、

 ・DFDは書けますか?

ときいたら、ほぼ100%「はい」という答えが返ってくるでしょう。

それを、その答えから、面接している人が本当にDFDを理解していなければ答えられないような質問をしないといけません。

そこで、こんな聞き方をします。

・あなたが使えるプログラミング言語は何ですか。
・それぞれのプログラミング言語でどんなプログラムを書いたことがありますか。
・それは何行(何ステップ)くらいのプログラムですか。

ここまでは、簡単に答えられる質問ですね。

・では、そのプログラムをデバッグするのに、一番困ったバグはなんだったでしょうか?
・そのバグはどうやって発見しましたか?
・そのバグの原因はなんでしたか?
・どうやって解決しましたか?
・なぜその対策が最適でしたか?

というところが質問の核心。これは、実際に経験がないと答えられません。

ただし、経験があるだけでは採用OKにはしません。この質問には、ウラ(本当に知りたいこと)があります。

バグの発見から解決までの3つのステップはワンセットの質問で、これだけ聞くと大体その人の持っている技術力と仕事力が分かります。

例えば先日ダメだった人の答え(ちょっと一般化して書いておきます)。




★――――――――――――――――――――――――――
・一番困ったバグはなんだったでしょうか?
→ユーザが操作していると時々演算結果が違う場合がでるというバグがありました。

・そのバグはどうやって発見しましたか?
→ユーザから計算結果が違うという指摘を受けました。

・そのバグの原因はなんでしたか?
→処理Aをやっている時に、割り込み処理でBをすると広域変数を書き換えてしまうので、計算結果が狂いました。

・どうやって解決しましたか?
→処理Aをやっている時には、処理Bの割り込みが入らないよう、割り込み禁止にしました。

・なぜその対策が最適でしたか?
→同時動作に問題があるので、同時動作を禁止しました。
――――――――――――――――――――――――――★


さらっと書きましたが、色々お話を聞くと、どうもプログラム上の問題ではなく、基本設計に問題があるものでした。つまり、基本設計がきちんとできてないのに、小手先でごまかして、問題をおきなくしただけに聞こえました(どうも基本設計は別の人がやったみたい)。

つまるところ、他の技術の設計者に対しても同じなのですが、

 品質意識があるか
 設計指針を持っており、その指針に基づいた対応ができるか?
 設計的な根拠をもって対応しているか
 対策の選択肢を複数個検討した上で、最適解を選んでいるか?

ということを事実をもとに聞こうとしています。

こういうのが、わりとバグ対応やトラブル対応に現れるんですね。

■その他の質問


その他、経験の浅そうな人(新卒や、第2新卒くらいの若手)にはこんな質問。

・リアルタイムOSにはどんな種類があるか知ってますか?
・それぞれの特徴を教えて下さい

・オブジェクト指向を理解していますか?
・クラスとインスタンスの違いはなんでしょう?

・RFCを読んだことがありますか?
・RFCであなたが最も大切だったと思ったところはなんですか?
・それはなぜですか?

要は、「あなたの得意な言語はなにか」を聞いておいて、その特徴をちゃんと捕まえているかどうかを突っ込んで質問します。これに明確に答えられれば、「まぁまぁ勉強しているな」と判断します。

たとえ、「RFCを読んだことがない」と言われても、それ自体で減点することはありません。
しかし、「読んだ」「知っている」と答えた以上は、その知識がちゃんとあるかは突っ込みます。

意外と付け焼刃的に「できる」「知っている」という人が多い、というのが今まで面接をいろいろやっての経験値ですが、あなたは自分の専門分野で、似たようなものの違いの説明をちゃんとできますか?




■同じテーマの記事

引き継ぎをする

サラリーマンは、だいたい期末や期初に業務や担当が変わったり、昇進昇格によって仕事内容が変わったりします。そのときに、以前その業務をやっていた人がいるはずですよね。あらたに仕事を作ったのではない限り。そういうときに、前任者からきちんと引き継ぎをしてもらってますか?実はわたしは引き継ぎをしてもらった経験があまりありません。知らない人が困っても痛くも痒くもない一番仕事で困るのは、「その前がどういう状態だったのか」がわから..

期末面談の自己申告を請求書にしてみる

毎年、1年間の業務成果を上司に報告して、上司から業務評価をもらいますよね。いわゆる期末面談。私としてはサラリーマンの最大のイベントだと思っているのですが、どうもぞんざいに扱う人が多いような印象を持ってます。「今やっている仕事が忙しいから」と、当日になって、「エイッ」って書き込んで、誤字脱字のまま提出してくる人もいたりする…。今やっているプロジェクトや仕事は当然大切なのですが、その結果自身で給料が決まっているわけではなく、期末面談で書かれた上司の評価で給料が決まっている..

転職面接の質問にはこう答える!のヒント集

書類審査は通るけど、面接審査で落とされる、という話はチマタには多いようですし、ウチの会社も合格率はあまり高くないように思います。自分の実力がない?見当違いの会社を受けている?相手がイジワルな面接官だった?どれも少しずつ当てはまるかもしれません。しかし、筆者のこれまでの経験をべースだと、面接で失敗する理由は面接のポイント(面接官の意図)がわかっていないために、面接官の質問に対して「期待ハズレの答えと反応」をしているのだそうです。..

文章校正のためのセルフチェックリスト

私は、頭のなかで考えるのが不得手なので、いろいろなチェックリストを作って Excel に書き出していて、色んな場面でこのチェックリストを見ながら、抜け漏れがないかをチェックしています。メールなどでも、報告書を出すときにでも、読みやすい文章を書くために、普段から文章は一度書いてから推敲する時間をとるようにしています。そんなときに役に立つのもチェックリストです。これがあると、ちょっとした枝葉末節の部分にとらわれずに、効率的に..

転職面接:なぜ弊社を希望されましたか?

新卒・転職面接にかかわらず、必ず出る質問に志望理由があります。この答え方に2パターンがありそうです。主語はなにか?主語の2パターンは、「御社は〜」「私は〜」です。ただ、主語が「御社は〜」の場合、印象に残ることがほとんどないです。あまり記憶に残ってません。これの理由をつらつら考えるに、「ありきたりのことしか言ってない」のではないかと。たとえば、「御社の将来性…云々」と言われても、面接官は10年も20年も会社にいるわけなので、応募者よりもその会社のことは詳し..

個人業務計画書を作る

おそらく会社では、組織単位で年度初めに部門の活動計画書を出しているのを知っていると思います(零細企業ではやっているところは少ない、とも聞いていますが)。ほとんどの会社では、社長は大きな方向性は決めますが、その方向性に沿うために、それぞれの部門は今年度どのようなことをするのかを部長や管理職が決めて、それを計画書の形で役員に報告していると思います。その部門方針の一部がまた担当者の業務として与えられるわけです。ところが計画書が作られるのは、そういった組織やプロジェク..




posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座