2014年01月07日

インデックス読書術




■読み返すことが読書の入り口

  ビジネス書を読んだら、そこに書いてあることを実行しなさい

とはよく言われますが、だからといって、単にその著者の行動や指針をそのまま受け入れても、環境が違うので、同じ結果が出るわけではありません。

もちろん、実行するのは最終的に自分のせいかを出すためのステップではあるのですが、最初の入り口は、気に入った本を何度も読み返して、著者の意図をしっかり読み取ることだと思います。

私は1年の目標として、年間200冊の読書を目標においてますが、実際繰り返し読みたくなる本というのは、それほど多くありません。ただ、はずれがあるぶん、ある程度数をこなさないといい本には出会えないというのが経験則です。

本当にいい本というのは、1回読んだだけでは実になりません。

何度も読み返さないといけないですね。
でも、新しい本も読みたいので、なかなか時間の配分が難しいところです。

■インデックスをつける

私の場合は、以前の記事

 ねぎま式読書ノート
 http://sarahin.seesaa.net/article/256945928.html

でご紹介したように、

 ・本のページ
 ・書いてあった内容
 ・感想・感じたことなど

をテキストファイルに書き出しています。

最近は、自炊してNexus7で読めるようにしたので、PDFに直接コメントを書き込むようにしていますが、やっぱりテキストファイルが一番扱いやすいので、PDFに書いたコメントも、手作業で抜き出して、テキストファイルにしてます。

■インデックス読書術

これらが再読のインデックスになってます。

つまり、ちょっと時間のあるときに、このコメントを検索したり、ランダムに読書記録ファイルを開いたりして、また気になったところをもう一度読むわけです。これならPCがある環境ならいつでもやれるので、仕事中でも、ふとした時に、気になるキーワードで蔵書を検索して、そこに書いてあるコメントを一覧し、もう一度読むことができるわけです。

コメントが無いところでも、OCRがされているので検索キーワードに引っかかるところがあります。ここももちろん新しくインデックスをつけます。

■インデックスキーワード

コメントにはキーワードを付けてます。

 動感  ちょっと感じたことなど
 動行  これは実行したいと思ったこと
 思出  思い出したこと
 業予  次のアクションにしたこと
 要重  本のキーポイント
 賛反  所感など(賛成や反対意見)
 価感  価値観が揺さぶられたような重要なところ

などなど。ちょっと普通の文章では使わないような単語にしておくのがコツ。

こうしておくと、その文章に対してどのような感想を持ったのか、どうしようと思ったのかが簡f単に検索できるようになります。

 「なにかおもしろいことが書いてあったところはないかな」

と思ったら、「動感」をGrep検索すればいいわけです。

ちょっとした豆論文(過去記事「5項日誌」参照)を書くのには「賛反」を検索して、「あぁ、そう思ったなぁ」と思い出しながら書くと簡単に自分の意見を論文化できる。

わずか数分で、再読ができるようになります。
ちなみに、この記事も多くはここからネタを拾ってます。

■通勤電車でやりたいが…

最近のネタは、このGrep検索→再読を何度も回すというインデックス読書を

 電車の中などPCのない環境でもやりたい

というもの。
いろいろアプリを試しているのですが、ピッタリ来るものがないのが悩みの種です。

もし、Grep対象がPDFのコメントまでできるいいアプリをご存知のかたがみえたら、教えてください。


◆このテーマのおすすめ図書



成功するビジネスマンのシンプルな習慣Theモチベーションシート

寝ながら仕事術

エクセル時短技 関数350テク

あなたをダメにする時間管理術の落とし穴

1分間目標達成術

仕事と人生を熱くする、いい話



■同じテーマの記事

要約をつくる方法

以前の記事ねぎま式読書ノートで、本の気になったところを抜書きして、それぞれにコメントを付ける方法をご紹介しました。本日は、本を要約する読書ノートの作り方について。要約が下手な理由本の要約というと、学校で「以下の例文を要約しなさい」というテストや宿題を思い出しますね。イヤな思い出です…。なにしろ、言いたいことはだいたい分かるのですが、適切な言葉で短くすることができない。文筆家が書いた文章には無駄な言葉はない。だから省略したら別..

インデックス読書術

読み返すことが読書の入り口ビジネス書を読んだら、そこに書いてあることを実行しなさいとはよく言われますが、だからといって、単にその著者の行動や指針をそのまま受け入れても、環境が違うので、同じ結果が出るわけではありません。もちろん、実行するのは最終的に自分のせいかを出すためのステップではあるのですが、最初の入り口は、気に入った本を何度も読み返して、著者の意図をしっかり読み取ることだと思います。私は1年の目標として、年間200冊の読書を目標にお..

思考・発想にパソコンを使うな

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は以前にも紹介してます「思考・発想にパソコンを使うな」という本。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分がやってみて役だったものを紹介していますので、どうしても新刊な..

ベスト仕事術2012

今週は2012年のまとめをお送りします。今日は、2012年に紹介した仕事術に関するヒントで、最もアクセスの多かったもの+管理人のオススメを紹介していきます。整理しない検索するhttp://sarahin.seesaa.net/article/263080175.htmlファイルはフォルダに細かく分けておいておくとほぼ間違いなく、必要な時に見つかりません。ファイル名やフォルダ名に使うキーワードはその時の感覚であって、将来必要になった時のキーワー..

1日5時間で仕事を片付ける人の習慣術

一昔前に比べると、一人の人が出さなければならないアウトプットは年々増加しているように思います。昔はもっとのんびり仕事をしていなぁ(トシヨリの感想ですな)。と、言っていてもしかたがないので、自分の仕事術を磨きあげて効率化して行かないといけません。この記事を見ていただいているということは、恐らくあなたもそういった事に興味がある、あるいはそれに迫られているのではないでしょうか。ちょっと古い(2008年)ですが、仕事術全体を見わたして、どこに次のネタがあるだろうかと考えるとき..

マイノートの使い方

さて、今日は昨日作ったノートの使い方です。第1ページ第1ページは、特等席。自己啓発系の本だとここに「将来の夢」を書くように薦められてますね。でも、私は天邪鬼なので、ここは直近の行動を書いてます。これはGTD(Getting Things Done)におけるNext Actionです。次にやるべきタスクですね。1ページ目の上のタイトル部分には、NEXT ACTION と書いておきます。書いているといっても、付箋に書いてぺたぺた張っているだけ。付箋は以前紹介したように、..

引き出しインデックス

会社の机の中ちょっと思い出してください。あなたの机には引き出しがついてますよね。普通の事務机なら、中央(足を入れるところの薄くて広い引き出し)、上、中、下の4つ。さて、ここに何がはいっていましたか?書きだしてみてください。::::書けました?じゃあ実際に正しいかチェックしてみましょう。入れ方が適当どうだったでしょうか?案外覚えてないものでしょう?覚えてなかったものは、使おうとした時に、探すのに時間がかかるということです。以前の記事にも書きましたが、探すと..

PDFScissors

購入した本をスキャナで取り込んで、クラウドに上げたり、ローカルPCに保存したりして、検索性や閲覧性を上げて、本の管理をしなくていいようにするのを自炊って言いますよね。本日は、その自炊ツールの紹介。≪PDF Scissorshttp://www.pdfscissors.com/≫これはPDFファイルの余白を手軽にカットできるソフト。≪作者のWebサイトhttp://www.pdfscissors.com/≫から“Java Web Start”を利用して起動でき、動作に..

忘備録付箋

付箋をよくPCのモニタにくっつけている人見かけますよね。ちょっとメモして忘れないようにしておくために。ところがこの付箋、モニタの熱や元々付箋の粘着力が弱くて、案外取れやすい。結果、忘備録が忘備録にならない、つまりふせん自体が剥がれて落ちてしまうことがよくあります。これの直接的な原因は、モニタがシボ加工(表面がちょっとザラザラしている加工)がされているため、付箋ののりの接触面積が少ないためです。そこで、PCの橋にマスキングテープを貼ります。マスキングテー..

100円ノートを使う

初めに「100円ノート「超」メモ術」という本をご存知でしょうか?エッセンスはWebページにも公開されているので、もしご存じなければ、このページ(100円ノート「超」メモ術)をご参照ください。100円ノート『超』メモ術簡単に言うと・100円ノート(いわゆる普通のキャンパスノート)を使う・書き終わったら右下隅をカットする・最終ページをインデックスページとして目次を1行ごとに書く・目次と同じ位置の該当ページの左端にマーカ..

思考・発想にパソコンを使うな

思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書)【評価】読みやすさ非常に実例が多く、その背景もしっかり説明されており、わかりやすい。オススメすべてのビジネスマン。特に20代、30代の方にはぜひ読んでほしい。コメントこの本を読んでからメモ・ノートを付けるようになって1年たつ。自分のメモ術・ノート術のすべての原点がここにある。これをやるようになって、非常に考えることがスムーズになったような気がする。それと、会議..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座