2018年10月22日

ゲートファインディングモデル2





■前回のおさらい



よくアイディアを考える方法というのは本で見かけます(いわゆる「発想法」のジャンルの本)、たくさん出したアイディアから、ほんとうに使えるアイディアを選り分ける方法というのはあまり紹介されていないようですので、ビジネスの世界で「ゲートファインディングモデル」と言われるアイディアの選抜方法について紹介します。

この方法は、以下の本で紹介されていました。





キラー・クエスチョン 常識の壁を超え、イノベーションを生み出す質問のシステム

「ゲートファインディングモデル」とは、



★――――――――――――――――――――――――――
市場の妥当性確認:すべてのランクのアイデアが対象
顧客の妥当性確認:ゲート一のアイデアの五○パーセントまで
限定的な起動  :ゲート二のアイデアの五○パーセントまで
グローバルな起動:ゲート三のアイデアの五○パーセントまで
――――――――――――――――――――――――――★


を順番に検討して数値化し、上位のものからアイディアを残していく方法。

昨日は「市場の妥当性」「顧客の妥当性」まで見ていきましたので、残り2つを。

■限定的な起動


★――――――――――――――――――――――――――
製品を創造し、限定的な市場もしくはトライアルで本物の顧客に販売してみよう。この段階で成功の決め手になるのが顔客の反応である。なぜなら、あなたの製品やサービスのために実際に現金を手放すからだ。販売チームが積極的に製品を売り込んでくれるか、絶対に売れると確信してくれるかを、この段階で確認しておきたい。
何を成功と判断するか、大量生産に踏み切っても大丈夫かを、ここで決断しなければならない。顔客はすすんで代金を支払ってくれるだろうか。収益とマージンはビジネスモデルに見合うものになりそうか。組織はこのアイデアをグ口ーバルな起動の段階に進められるだろうか、などなど。
――――――――――――――――――――――――――★


色々なアイディアというのは、最終形にするには結構投資がかかります。
その前に、関係する人や責任者にそのアイディアが有効であることを実感してもらわないといけません。

そのためには、アイディアのほんの一部や非常に限定的で最も効果の高そうなところだけを分離して、テスト的にやってみることが必要です。

そのちょっとだけの機能分離ができるかどうかを検証します。

■グローバルな起動


★――――――――――――――――――――――――――
さあ、いよいよ本番だ。ここまで準備が整ったら、後戻りはできない。この最終段階では、アイデアを総合的なビジネスのなかに組み込んでいく。実際、これは思っているよりもずっとむずかしい。
私の場合、顧客の妥当性確認の段階から徐々に進めていくアプ口一チが効果を発揮した。製品の最終的な所有者になりそうな顧客を確認した段階から、アィデアとその実行に対する関心を育てる努力を始めていくのだ。アイデアがゲートを通過して進むにしたがっでチームは実行への関わりを深め、最後にグ口ーバルな起動の段階で全責任を負う。
――――――――――――――――――――――――――★


最終的にアイディアの本来の姿を見せていく段階です。
参加者に今まで言ってなかった自分のやりたいことの本来の姿が見えるようにして、大勢の人を巻き込んでの活動を展開します。

■ゲートをくぐらせる


これら4つのゲートをすべてクリアしたものだけが、アイディアとして本当に実現できるものです。
逆に言えば、これらをクリアできるようにアイディアはブラッシュアップしないといけないということです。

ただし、これらをクリアできなかったからといって悪いアイディアだということはありません。
クリアできるように
 ・他のアイディアと組み合わせる
 ・他に応用できないかを考える
 ・分割する
などのオズボーンのチェックリストを使うなどして、ちょっとだけ形を変えると素晴らしい物になる可能性もありますので、考え続けることが重要です。

例えば、ひとつしかアイディアがでなくても、このゲートをくぐれるように、アイディアに修正を入れていくことで実現可能ないいアイディアが作れるようになります。

自分の会社ややりたいことに合わせて、ゲートを追加していけばより良いものになります。

実際に私が使っているゲートファインディングモデルのゲートは今は8段階あります。
アイディアを提案して、指摘のあったことをゲートとして徐々に追加してきた結果、結構厳しいゲートになってしまいましたが、これらを全部クリアしたアイディアは、細かな点を除けば、結構良い成果を出し続けてくれています。

■参考図書


◆アマゾン



キラー・クエスチョン 常識の壁を超え、イノベーションを生み出す質問のシステム


◆楽天


キラー・クエスチョン

キラー・クエスチョン
著者:フィル・マッキニー
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





■関連する記事

説得術:無言で相手を誘導する方法

相手を説得するというのは、かなり骨の折れる作業です。しかし、仕事であれば、かならず一緒にやる人なり、結果を渡す人なりいますから、協力を得るためには「説得」という行為は避けて通れません。過去記事で、いろいろな説得術をご紹介してきましたが、本日は聞くことで相手を自分の望む方向の結論に導く方法、いわゆる「傾聴」に関してご紹介します。うまくいくとは限らない他の説得技術に比べて、この方法は超高等テクニックです。かくいう私も成功事例はあま..

発想フレームワーク:四則演算

「フレームワーク」とは、直接的に日本語にすると枠組みのことを言います。いろいろな考えを整理するために頻繁に使用される汎用的な機能・法則・思想などを一般的な構造にしてパターンを示したものです。よく言われる「マーケティングの4P」ですとか、戦略における「SWOT分析」などなどすごくたくさんあります。アイディア発想法にもたくさんのフレームワークがあります。有名なところではオズボーンのチェックリストとか。本日は発想法における四則演算フレームワークの紹介。..

ゲートファインディングモデル2

前回のおさらいよくアイディアを考える方法というのは本で見かけます(いわゆる「発想法」のジャンルの本)、たくさん出したアイディアから、ほんとうに使えるアイディアを選り分ける方法というのはあまり紹介されていないようですので、ビジネスの世界で「ゲートファインディングモデル」と言われるアイディアの選抜方法について紹介します。この方法は、以下の本で紹介されていました。キラー・クエスチョン 常識の壁を超え、イノベーションを生み出す質問のシステム「ゲートファインディングモデル」と..

ゲートファインディングモデル1

よくアイディアを考える方法というのは本で見かけます(いわゆる「発想法」のジャンルの本)、たくさん出したアイディアから、ほんとうに使えるアイディアを選り分ける方法というのはあまり紹介されていないようですね。よく言われるのは、・コスト効果・問題点の解決効果・実行しやすさ(初期投資の少なさ)などですね。でも結局、メリット・デメリットを勘案するとよくわからないので、メリット・デメリット列挙して、点数付けして合計するみたいな答えになってしまいがちです。しかし、実際点数付..

「同じ轍を踏む」ようにするとうまくいく

「同じ轍を踏むな」という格言があります。同じ轍を踏む読み方:おなじてつをふむ先人が失敗した同じ失敗を繰り返すこと。単に「轍を踏む」とも言う。前の車の車輪跡にはまり込んで、転倒する、という状況に譬えた表現。引用元:

「同じ轍を踏む」ようにするとうまくいく

「同じ轍を踏むな」という格言があります。同じ轍を踏む読み方:おなじてつをふむ先人が失敗した同じ失敗を繰り返すこと。単に「轍を踏む」とも言う。前の車の車輪跡にはまり込んで、転倒する、という状況に譬えた表現。引用元:



■同じテーマの記事

タスクの多重管理

仕事は多次元あなたは仕事の管理をどうやってやっているでしょうか?GTD(Getting Things Done)などの「仕事」や「やるべきこと」の管理ルールはあるものの、実際にタスクを作ってみると「管理するのはは難しい」と感じてました。ちょっと用語が難しいので、以下、GTDの規則に従って複数の活動をまとめたもの=プロジェクト1回の作業で終わるもの=タスクと呼ぶことにします。例えば、新規事業を起こすというプロジェクトがあったとします。こ..




posted by 管理人 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 発想法・アイディア術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座