2014年01月16日

会社訪問の受付での5つのポイント




ネットなどで調べると案外書いてないことが多いので、ちょっと書いてみることにしました。

面接などで会社訪問をした時に、受付でするべきこと。




■コートやマフラーは社屋の外で脱ぐ


意外と多くの人がしないのがちょっと気になりますが、屋内ではコートやマフラーは脱いでいるのがマナーです。

つまり、屋内に入るときには「コートやマフラーは脱いでから入る」。

これ、会社に営業などで来る人も意外としてません。打ち合わせ場所まで案内されて初めて脱ぐ人が多いです。
内心は「営業職をさせるならマナー教育くらいしろよ…」と思っちゃいますが。

■受付は面接官


会社に行ったら、まず受付で自分を名乗り、面会者と面会目的を告げますよね。
その時に仏頂面で、つまらなさそうにモゴモゴいう人がいます。これはまずいですね。

あまり派手に笑うことはないですが、やや目を細めて、口角を上げて、相手の顔を見て、はっきりとしゃべることです。

面接を受けるときのコツと同じです。

■きれいなお辞儀をする


お辞儀がきれいな人はすごく印象がいいです。

どんなお辞儀が綺麗かというと

 ・頭は下げない
 ・背筋を伸ばして、腰を45度に折る
 ・お辞儀をしながら挨拶しない

です。

以前、テレビドラマで「空飛ぶ広報室」というドラマが有りましたが、あそこに出てくる自衛官はみんなきれいなお辞儀をしてましたので、もし手元にビデオをお持ちでしたら確かめてみてください。

最後の「挨拶」なのですが、よく見かけるのが、お辞儀をしながら会社名を名乗る人が多いです。
これでは下向きに話すことになるので聞き取りにくくなります。
ちゃんと相手の顔を見て「××の○○です。よろしくお願いします。」と言い切ってから、スパッとお辞儀をするとすごく印象がいいです。




■部屋に案内されたら会釈して入る


あと、部屋にはいるときに、歩きながら会釈をする人がいます(会釈自体をしない人も…)。
これもNG

一旦立ち止まり、両足を揃えて「失礼します」と軽く腰を折ります。大体15度位がいいそうです。

特に集団面接などの時に、多くの人がそのままの流れで部屋に入ってくるのに、ある人だけ、きれいな会釈をして入ってこられると断然印象が良くなります。前の人がやらなかったからといって恥ずかしがらずにやりましょう。

■相手から何かを受け取るときには両手で


名刺や資料をこちらから渡したりするときに、片手で受け取る人が時々いますね。
特に立っている時に資料を受け取る場合には、カバンを持ったまま、手を出す人が多いようです。

必ず両手を添えて資料を受け取ってください。
立っている時には、

 ・一旦カバンを床に置き
 ・左手を差し出して資料を持ち
 ・右手を添えて

受け取るというのが正しいやり方です。
※卒業証書の受け取り方を教わったのは随分昔…





■関連する記事

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入ると、年齢に..

「おりがと…ます」ってなに?

面接だけではなく、1対1で話す時でもそうですが、お礼を言うときがありますよね。面接なら、面接の最後に「ありがとうございました」と受験者が言います。面接官をしていて、時々気になることがあります。「ありがとうございます」がちゃんと聞こえないんですよ。気になり始めると、仕事をしている場面でも同じような(逆にこっちのほうが多い)場面に出会います。言葉がはっきり聞こえないなんて聞こえるかというとおりがと…ます「あ」じゃなく「お」に聞こえたり、ひどいときには「う」に聞こえる..

昇進・昇格面接:共有しました

面接などで、過去の経歴・実績を述べるときに「問題点を関係者で共有して、一丸となって取り組みました」みたいに発言する人がいます。共有した?なるべく面接の時にこういう問題点に突っ込まないようにしてますが、どうしても抽象論しか言えない人にはツッコミを入れる場合があります。「『共有した』って言われたけど、それは何をどうしたの?」で、大体の人は「ミーティングで『こういう問題点がある』と話しました」「問題点についてレポートを書いて関係者に送付しました」的な答えが返ってき..

腰を使え

あなたの同僚で、便利屋さんっていますか?こんな人です。・「ちょっと悪いけどこれ手伝ってよ」「はい、いいよ」・「急ぎなんだけどお願いできるかな」「了解」・「ちょっと調べておいてほしんだけど」「分かりました!」・「××ってど言うことか知ってる?」「それはですることですよ」もう何でも引き受けちゃう。それも即答OK。もしあなたがこんな状態になっていたら相当危険です。自分を安売りするもちろん仕事は人間関係でまわるので、人間関係を良好に保つことは必要です..

伝家の宝刀は錆びている

以前に何度か昇進・昇格面接のテクニックについてちょっと触れました。面接練習をする面接の質問:「記憶に残っている失敗を教えて下さい」会社訪問の受付での5つのポイント中途面接の失敗事例面接は「エライ人」で決まる面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら1面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら2今後も色々なテクニックを紹介していきたいと思いますが、すごく大事なことが一つだけ。あなたの普段の行動です。面接官には見えている何度か実際..

会社訪問の受付での5つのポイント

ネットなどで調べると案外書いてないことが多いので、ちょっと書いてみることにしました。面接などで会社訪問をした時に、受付でするべきこと。コートやマフラーは社屋の外で脱ぐ意外と多くの人がしないのがちょっと気になりますが、屋内ではコートやマフラーは脱いでいるのがマナーです。つまり、屋内に入るときには「コートやマフラーは脱いでから入る」。これ、会社に営業などで来る人も意外としてません。打ち合わせ場所まで案内されて初めて脱ぐ人が多いです。内心は「営業職をさせるならマナ..



■同じテーマの記事

社長は君のどこを見て評価を決めているのか1

本日は、久しぶりにビジネス書のご紹介です。過去記事でも幾つかネタにしたものがありまして、実際経験としてこういったテクニックは役に立ちます。おそらくサラリーマン経験が長くなると、皮膚感覚としてわかるのでしょうが、なかなか文章にするのは難しいですし、それをこれだけ体系的に取りまとめるのも難しいので、今後会社の中であるレベル以上を目指そうとする方には、若いうちに知っておいて欲しい内容です。さすがに筆者が実際にコンサルタントをして得た会社社長の社員を見る傾向なので..




posted by 管理人 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座