2014年02月05日

若いアタマを維持する1




この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。

精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。
実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。

若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経験でメシが食える」と勘違いする人が多いようです。
あなたもそういった罠に落ちないようにするために、普段からどのようなことに気をつけたほうがいいのかについて、ちょっと書いてみたいと思います。

■古い情報は更新し、新しい情報を受け入れる

これがすべての基本。

世の中様々な技術がありますが、これらは日進月歩。いろいろな研究がされたり、新しい技術が出てきたりしてます。
もちろん、管理職は技術を持った人を管理する仕事ではないので、実際その知識がなくともできますが、知識があれば技術的な相談にも載ってあげて、チームとしての生産性を上げることができます。

そのために常に情報を更新するという態度で自分のもっている情報を吟味していないといけないわけですが、「じゃぁどうやって」という具体策として、私がやっている方法をご紹介します。

■10歳以上年下の友達を持つ

「われ以外みなわが師 (私の人生観)」という本を出したのは吉川英治氏でした。
全くその通りで、年下だからといって、自分より劣るということはありません。もちろん、「人間でいること」という経験においては単に年齢が目安ですが、それでも自分にできない経験を蓄積しているという意味で、すべての人は自分より優れた点をもっています。

さらに若い人は、新しいことに対する感性が高いので、より新しいものに興味を持ちます。
子供がゲーム好きなら、「そのゲーム、オレにもやらせてくれ」と言えばいいのです。
どこが面白いかは、やってみて、そのゲームについて色々話をしてみればわかります。

会社でも、新人と友だちになりましょう。
大学の後輩に会いに行って、今どんなことが楽しいのかを教えてもらいましょう。

多くの場合、年上の人にこう聞かれると最初は身構えますが(何か非難されるんじゃないかと疑って)、「それ、オレにもやらせてくれない?」「教えてよ」と食らいついていくと、すごく丁寧に教えてくれます。
何しろ、自分が楽しいことを誰かに教えるのは、楽しいからです。

心理学的にも相手との距離を縮めるためには、「相手の好きなことに興味を持って聴く」というのが、鉄則ですね。

■オレって天才!!

何かがふとひらめいたりした時に、若い人は、自分のひらめきに酔ってしまって、「これをどうして上司は採用しないんだ」と思ってしまうことがあるみたいですね。逆に年齢が高い人ほど「ちゃんと論理的に検証しよう」とか「多分、この程度のことは誰かやってるだろうな」と思う傾向があるみたいです。

つまり、経験が蓄積されてくることによって、ちょっと懐疑的になるんです。
ですので、ちょっとうまく行かなかったり、ちょっとした反証が出た時に、「あ、やっぱり駄目だ」と思い込んでしまう。

多分、今の仕事については、部下よりもいろんな経験をしているでしょうから、実はアイディアはたくさんあるんです。でも、過去の経験に照らして、コストパフォーマンスやうまくいく可能性を計算しちゃう。

なので、なにかアイディアを思いついた時には、「オレって天才!!」と思うことにしてます(暗示効果があるので、一人の時は声に出して言うようにしてます。さすがに人前では言いませんが)。

天才なので、思いついたアイディアは「新しい世界を切り開く」ぐらいのインパクトがあります。ただ、その実現の仕方がショボイだけ。

 たまたま失敗したけど、アイディアはよかったんだよな〜。
 どうやって成功してやろう〜

とにかくポジティブに。チャレンジャブルに。

■続く

ちょっと長くなったので、明日に続く。

◆このテーマのおすすめ図書



絶対忘れない!記憶力超速アップ術

できる男の老けない習慣



■関連する記事

マルチPC環境はVNCとTeamViewer

過去記事で何度か書いてますが、私は自宅で4台、会社で3台のPCで運用してます。まあ、それぞれに役割はあるのですが、基本メインマシンは自宅用1台、会社用1台。あとは、バックアップマシンだったり、一定時間ごとに何かの処理をするか、ネット上のファイルをやり取りするためのマシンです。ただ、この状況で全部にモニタを付けるわけにも行きません。そんなに机は広くないですし、モニタの電源も必要になりますので。そうなると、モニタを繋がずに、その PC が操作できないと困るわけですが、そこ..

若いアタマを維持する2

この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経..

毎日基礎トレーニングをする

トレーニングをしていますか?あなたの仕事における基礎能力は何かを考えたことがあるでしょうか。たとえば、PCを操作する仕事であればキーボードの入力の早さ、プレゼンをするのであれば声の出し方、生産ラインで組み立てをするのであれば、手先の動かし方などです。これらはすごく基礎的なことですが、これができないと話にならないものです。自分が知っている範囲で言うと、驚くほどこういった訓練をしていない人が多いです。私は基本ソフトの開発部隊を率いてますの..

若いアタマを維持する1

この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経..

勉強好きはどのように昇進・昇格に影響する

社員の評価をするときに、「いろいろなことを勉強している人」と言うのはどのように評価されるでしょうか。『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』という本に、「経営者は勉強好きの社員をこう見ている」という一文がありました。経営者は勉強好きの社員をこう見ている経営者は勉強好きの社員を「積極的でいい」と評価します。ただし、仕事の成果に直接関係のない勉強に励んでいる社員を評価しない経..

発想法:フックを用意する

世の中にはいろいろな発想法が用意されています。・四則演算法・オズボーンのチェックリスト・5W2H(これも発想法として使えます)・鏡と対立・ファンクショナル・アプローチ・KJ法・MN法ただ、これらはいずれも、いま悩んでいる問題に答えを与えてくれるわけではありません。何があるかというとフックです。「引っかかるもの」ですね。アイディアはゼロからは生まれないもちろん、これは凡人の発言なので、世の中のすごい人というのは、もしかしたら違うのかもしれませんが、私が勝..

アイディアを出すには外発を利用する

アイディアを出そうとした時、アイディアが必要なときに、どんなことをしますか?それについての何かをじっと考える人と、とりあえず、ネットでその課題に関して検索して見る人といるようです。自分の経験だと、後者のほうがアイディアが沢山、多面的に出せるようです。外発的因子でアイデアの連鎖を生み出すアイディアがたくさん欲しけれは、アイデアが生み出される引組みを理解することです。アイ..

英語や中国語は度胸で話せる

私の周りには「英語が得意」という人があまりいません。※先日中国でお会いした人(中国人)は、TOEICが920点という方がいましたので…。※ちょっとびっくりな点ですが。※この時は、その人の片言日本語と、こちらの片言中国語+片言英語で会話しました。ただ、私の会社は海外(中国語圏と英語圏)に関係会社があるので、英語も中国語も使わないわけには行きません。なんとか、おおよその意思が通じる程度には使っています。ただ、最初は全く話すことができ..

アイディアマンになる9つの心構え

どのような仕事であるにしろ、機械的に正確に繰り返すことだけを期待されている仕事というのは多くありません。そのような仕事は機械に任せてしまったほうが、初期投資の問題を除いては、安全だからです。人間に任されている以上、人間がその脳みそを使って何らかの改善や改良を加える事が期待されてます。色々なアイディアを出し、それを実現していけるのは人間だからです。しかし、残念ながらアイディアを豊富に出してそれを実現できる人というのは、私の感覚的には少数派です。アイディアが出せるように..

到達基準点を最高にする

基準は高く設定する必要がある。:基準を低くスタートすれば、やがて高くなるということは決してない。「ゆっくり」と「低い」は意味が違う。:その基準は高く、目標は野心的でなければならない。しかし達成可能でなければならない。少なくとも相応の能力のある者には達成できるものでなければならない。P.F.ドラッガー『マネジメント』..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 発想法・アイディア術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座