2014年02月07日

面接の質問:「記憶に残っている失敗を教えて下さい」




■面接の質問

過去に色々な中途採用面接や、昇進・昇格面接をしてきました。また逆にそうなるまでには、何回も自分が面接を受ける側になってきたわけです。
その中で、「これはナイス!」と思った質問があります。

 ・最近のニュースで気にしていることってありますか?
 ・休みの日はどのように過ごしていますか?
 ・仕事上の悩みを解決するのにどんなことをしてますか?
 ・人間関係で苦しかったことはありますか?
 ・お酒はお好きですか?
 ・最近読んだ本で印象に残っているものはありますか?
 ・仕事上で失敗をしたことがありますか?
 ・人を動かすあなたなりのコツを教え下さい
 ・外国の人と一緒に仕事をしたことがありますか?
 ・長期休暇がとれたとしたら何をしますか?
 ・あなたがもし面接官だとして、あなたは合格ですか?
 ・当社が新しい事業に挑戦するとしたらどんな事業がいいと思いますか?

どれも、結構深い意味で相手の能力をはかる質問なのですが、全部解説していると、長くなっちゃうので、一つだけ。

■「仕事上で失敗をしたことがありますか?」

これは失敗自体はどんなことでも構いません。
3つのことを聞いています。

 ・どのようにリカバリしたか
 ・どのような学習をしたか
 ・その学習をその後にどう活かしたか

■失敗のリカバリ

失敗ですので、どうにかしてその失敗をプロジェクトや仕事の結果に影響がないようにしないといけません。
もちろん、失敗はしないに越したことはありませんが、仕事をしていて「失敗したことはありません」などと答えようものなら、「チャレンジしたことがありません」と言っているのと同じです。

世の中の本には「失敗というものは存在しない」という本もありますが、それはある流れの中において、「○○○ということをやれば、それは試行錯誤の一部」とかいう単なる「象徴的な言葉」に過ぎず、この質問ではそういうことを聞いているわけではないので、そんな言い方はまずいわけです。

で、実際に失敗をした時に、まず最初にやらなければならないのは、それがプロジェクトや仕事の結果に影響しないようにする「行動」。

これを述べるときには、
 ・関係者にどのように連絡をして
 ・関係者にどのような協力を仰いで
 ・どのように元の形に戻したのか
を述べると好印象です。

「一人で頑張って徹夜しました」みたいに、個人でなにもかもクローズしたかのように回答すると、あまり好印象はありません。仕事というのは、一人でやっているものではないからです。どれだけ関係者を巻き込んだ活動ができるかが、その人の仕事をする力をはかることができます。特に、自分が原因の問題の時に、関係者が積極的に協力してくれる人は、どんな仕事を任せても、どのようなシチュエーションになっても、チームとしていい結果を出せる可能性が高いです。

■失敗から学ぶ

事実として、失敗をしたのですから当然再発防止が必要です。
それは、失敗からどのようなことがわかり、自分の教訓として、どのようなことを頭に刻み込んでいるかを確認します。

しかしながら、ここで安易に答えを出す人が少なくありません。

例えば、「資料を持っていくのを忘れて出張に出てしまった」というような場合にあなたならどうするでしょうか?

 ◆チェックリストを作る◆

みたいな答えなら、入社2年未満の人なら、まぁ合格。
それ以上なら不合格です。その程度は当たり前ですから。

なぜ資料を忘れたのかを深堀りせずに、忘れた事自体にフォーカスしているからです。

ひとつの解答例としてですが、

★――――――――――――――――――――――――――
 本来の仕事をする上で必要なのは、事前の頭のなかのシミュレーション。つまり、そういった事前のストーリーづくりをしていない、あるいは曖昧なので、必要な物がでてこない。たとえば、

  未来予測ノート
  http://sarahin.seesaa.net/article/244433324.html

 で紹介したように、予め議事録を用意したり、そこでどのようなものを使ってどのような話をするのかをちゃんと考えていれば、その場で必要な物を忘れることがありません。
 その「事前シミュレーションが不足していた」ので、忘れ物に気が付かなかったというのがひとつの気付きというか課題としてあげられるわけです。

 ですので、以後は、ノートに議事の予定を書き出して、その横に『必要なもの』の欄を作って書きだすようにして、離席前にいちどそれを眺めて流れを確認するようにしました。
――――――――――――――――――――――――――★


というのが、学びとそのアクションです。

例えば「忘れた原因」が、「別のことに気を取られていた」とすれば、そういった別のことを気にしながら、出張準備をしないためには、どのようにすればいいかを考えて、対策を打つことです。

■二度と失敗しない

そして、最後に一番大事なのが、失敗をした反省を「その後の行動にどう活かしているか」です。

反省ならサルでもできます
二度と起きないように考えたのなら、二度と起きなかったという結果が必要です。

さらに、その反省をより活かして、その後似たような問題を発生させていないというところまでのべられたら、ほぼベスト。

たとえば、上記の「出張時に資料を忘れた」問題であれば、

★――――――――――――――――――――――――――
 議事録が事前に作れるようになったので、自分が主催する打合せ時間がスムーズになり、半分程度に短縮されました
――――――――――――――――――――――――――★


くらいまで言えれば素晴らしいでしょうね。

さらに、課長・係長クラスになろうとするレベルの人なら、「部門やチームに浸透させた」という部下や関係者への影響力に言及すれば、まず合格できます。

■その他の質問

その他の質問も基本的な考え方は同じです。

 それについて何を学んだか
 それをその後の行動にどう活かしているか

が説明できればいいセンに行きます。満点は人(面接官)それぞれかもしれませんが。

こちらもまたそのうち、書くかもしれません。

■余談:サルでも反省する

これは猿回しの曲芸師である村崎太郎氏と、そのサルである次郎君の持ち芸の中に「反省のポーズ」があり、それが流行語となったのに起因しています(たぶん20年位前…)

次郎君の反省のポーズを Youtube で見つけたのでご紹介しておきます。
 https://www.youtube.com/watch?v=fq3viKA7Cuo

■関連する記事

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入ると、年齢に..

新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる

なにか新しいことがやりたい時に、ひとりでは出来ないので、協力者がほしいですね。そういう時に、協力者を巻き込んでしまう秘策があります。アンドルー・カーネギーの成功の秘訣は何か?カーネギーは鉄鋼王と呼ばれているが、本人は製鋼のことなどほとんど知らなかった。鉄鋼王よりもはるかによく鉄鋼のことを知っている数百名の人を使っていたのだ。しかし、彼は人のあつかい方を知っていたそれが、彼を富豪..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつだ。ニュ..

海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい

ウチの会社は、海外に子会社がいくつかあります。というか社員数は海外のほうが圧倒的に多い。このため、仕事上、海外出張も少なくありません。その国の言葉で話したい同じ部門でも異なる部門でも、初めてその国に出張に行ってきた人に話を聞くと・中国語を覚えたい・英語を覚えたい・タガログ語で挨拶したい・スペイン語が読めるようになりたい・ハングル語が読みたいたいていこう思って、いままで見向きもしなかった、会社の言語教育コースをとったり..

人を理解するなら修飾語に注目する

交渉術や説得術でよく、「その人が望んでいることを理解して発言する」みたいな事をよく言われます。シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤でも『人を動かす』から引用してそんなことをご紹介しました。人を動かす:人の8つの欲求を満たす魚はミミズで釣りなさい人を動かす:人に動いて欲しければその人の問題を扱いなさい人を動かす:チャールズ・シュワップの給料を決めたたったひとつの技術人を動かす:心のなかに欲求をおこさせるでは、どうす..

面接官になりなさい

昇進・昇格面接にしろ、中途採用の面接にしろ、やってみるとすごく効果がある方法があります。いくつかな面接技術関連のビジネス書を読んでみました(それほど多くではありません)が、これが書いてあった本は、この本だけ。『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』面接官は面接のシロウト昇進昇格、中途採用の面接官は通常、人事部1人、業務部門2〜3人です。過去記事でも書いていますが、人事部は当然、応募者を見る目はプ..

命令か依頼か―リーダーとしてのメンバーとの付き合い

部下や後輩をどのように呼んでますか?君さん!(敬称なし)ちゃん(愛称、略称)お前、テメーまあ、呼び方は人それぞれですが、私の知るパターンだと、呼び方によってその人のリーダーシップスタイルがだいたいわかります。仕事を頼むときに一番やってはならないことは、命令口調を使うことです。これをやられたほうは気持ちのいいものではありません。「命令」に..

面接質問:その課題に対してどのような計画を立てましたか?

面接の質問で、あなたは課題に対してどの様な計画を立てましたか?という設問があります。ウチの会社では昇進の時の申告書にこれを書く欄があります。これに課題:システムの構築10/12 マネジメントレビュー11/13 プロジェクトキックオフ12/03 第1次報告会::04/07 カットオーバーと書いてきたツワモノがいます。私は唖然として、どうコメントするべきかしばらく悩んでしまいました…。..

昇進・昇格面接:共有しました

面接などで、過去の経歴・実績を述べるときに「問題点を関係者で共有して、一丸となって取り組みました」みたいに発言する人がいます。共有した?なるべく面接の時にこういう問題点に突っ込まないようにしてますが、どうしても抽象論しか言えない人にはツッコミを入れる場合があります。「『共有した』って言われたけど、それは何をどうしたの?」で、大体の人は「ミーティングで『こういう問題点がある』と話しました」「問題点についてレポートを書いて関係者に送付しました」的な答えが返ってき..



■同じテーマの記事

年上の部下は信用しても信頼してはいけない?

過去記事でも、「年上の部下」「年下の上司」について色々書きましたが、ちょっとおもしろい考え方が『課長のルール』という本に書いてありましたので共有。できる上司は部下を信頼しない「年上の部下」というのは、上司本人から見ても扱いにくいものではあります。だからといって、それがマネジメントできなければ、上司としての評価が落ちてしまいますので、なんとかしないといけないです。とくに昔のように年功序列がはっきりしていれば、そういうシチュエーシ..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座