2014年02月24日

アプリはいつも1つ




スマホやタブレットを使っていていつも思うのですが、PCで作業するより気が散らない(1つのアプリを操作している時間が長い)と思いませんか?

私は、すぐにあれこれ気が散って、すぐにやっていたことと違うことを始めてしまって、なかなか一つのことを集中して仕上げるというのができないタチなので、こういうことが起きないようにちょっと工夫しています。

以前の記事で紹介した

  デスクトップ付箋
  http://sarahin.seesaa.net/article/243479480.html

もその1つです。

本日はPC内でだけクローズする作業に集中する方法。




■「アプリはいつも1つ!」


PCのモニタの目立つところにこの標語をテプラで貼って、いつでも見えるようにしてます。

つまり、何かの書類を作るときには、その書類を作るのに必要なアプリ以外は全部「最小化」しておくようにしてますが、つい忘れるので、ちょっとした拍子にここに目が行くようにしてます。

いま、この記事を書いてても、テキストエディタ sakura を使っていますが、その他のアプリは何も立ち上がってません。画面全体の約半分にエディタの画面が表示され、あとはデスクトップの画像が表示されているだけです。

本当にアプリを閉じてしまうと、起動の遅いアプリもあるので、最小化しているだけですが。

Windows7から以下のキーが効くようになりました

  [Win + HOME]

このキーは現在アクティブなアプリ以外は最小化するという機能です。
ただし、私のノートPC(Let's Note)だとHOMEキーを押すためには、[Fn + ←] と組み合わせ押しをしないといけないので、このキーを実現するためには [Win + Fn + ←] と3つのキーを押さねばならず、すぐに押しにくいためいつものように enthumble というアプリで、[無変換+M] に割り当てなおしてます。




■全画面にする


テキストエディタのようにあまり表示面積を取らないアプリはこの対応をしてますが、表示面積を取るもの、例えばマインドマップやExcelなどは、起動すると同時に全画面表示にしてしまいます。

こうすれば他のアプリが立ち上がっていても、画面には1つしか表示されません。
ただし、マルチモニタの場合はそうも行かないので、やっぱり [無変換+M] を使ってます。

■何か思いついたら、付箋アプリ


何か思いついたら、ArtTips という常駐アプリに付箋機能があるので、これを使います。

これもキー定義を変えているのですが、ワンキーで新規付箋が開くようにしてます。

この Arttips は常駐アプリに必要な殆どの機能を網羅していますので、複数の常駐ソフトを起動している方にはオススメです。全部1つですんでしまって、キー操作方法などが簡単に統一できます。

この付箋紙を呼び出して、気になったキーワードをサッと書いて、すぐに閉じてしまえば、何事もなかったかのように作業が続けられます。

何かの作業をしている時に、他のことをつい考えてしまうのは、凡人ならではです。
一流の人は「フロー状態」と言って、無我夢中の境地になれるそうですが、凡人は、1時間後の打合せ資料を大急ぎで作っているとできすら、「あ、そういえば××さんに電話しなくちゃ…」とか思い出してしまいます。
そんな時には、1〜2分で終える作業なら、やってしまうのがいいですが、そうでなければ、「××をする」とメモを残しておきましょう。



■関連する記事

ジャンプリストとショートカット

目的のファイルを素早くひらく方法会社で他の人のPCをみたりすると、よく見かけるのは、デスクトップにおかれた山のようなショートカット。数十個もデスクトップの壁紙が見えないほど並んでます。なかには、ショートカットが入りきらないので、デスクトップショートカットをスクロールできるようにして、スクロールしながらショートカットを探してたりします。まぁ、それでも、本体のあるフォルダを探しまわるよりもいいのかもしれませんが、「ん〜。残念!」とも…。ちなみに、(自..

集中力を保つ方法:不要な通知をオフする

私は集中してなにかやれる時とやたら散漫になる時と変化が激しいほうだと思ってますが、散漫なことが多いような気がしてます。あまり人と比較したことはないですが。散漫になっているときは、本当に色々気になって、外的な刺激ですぐにそちらに注意が言ってしまいます。これがなかなか面倒な性質で、これを避けるためにいろいろな工夫をしてます。その工夫として過去にデスクトップ付箋再びデスクトップ付箋で紹介したように、気が散ってもすぐに元に戻れるような方法をとっ..

集中力を保つ方法:不要な通知をオフする

私は集中してなにかやれる時とやたら散漫になる時と変化が激しいほうだと思ってますが、散漫なことが多いような気がしてます。あまり人と比較したことはないですが。散漫になっているときは、本当に色々気になって、外的な刺激ですぐにそちらに注意が言ってしまいます。これがなかなか面倒な性質で、これを避けるためにいろいろな工夫をしてます。その工夫として過去にデスクトップ付箋再びデスクトップ付箋で紹介したように、気が散ってもすぐに元に戻れるような方法をとっ..

自分を変える教室5

本日はビジネス書のご紹介。有名な本なのですでに読んだ方も多いのではないでしょうか。本書は「ちょっとモチベーションが下がっている」と感じた時に目次を眺めて、気になる所読んでみたりしてます。そうすると「うん、そうだよな」と思ってちょっとだけやる気が復活してきます。つまり、1回だけ読んで「ふ〜ん。ちょっとお勉強になった」と満足に浸るような種類のビジネス書ではなく、時々読み返してみて、「今自分がぶつかっている問題はこういうことなんだ」とちょ..

アプリはいつも1つ

スマホやタブレットを使っていていつも思うのですが、PCで作業するより気が散らない(1つのアプリを操作している時間が長い)と思いませんか?私は、すぐにあれこれ気が散って、すぐにやっていたことと違うことを始めてしまって、なかなか一つのことを集中して仕上げるというのができないタチなので、こういうことが起きないようにちょっと工夫しています。以前の記事で紹介したデスクトップ付箋

報告書に必須の4要素:5.「反応」を引き出す

仕事で上司から「×××の報告書を作りなさい」と指示されたり、メールでちょっと長文のメールを書くことがありますよね(以下、まとめて「報告書」といいます)。この時に、わかりやすい報告書とそうでない報告書を見比べてみると、わかりやすい報告書にはいくつかの特徴があります。・設問者が期待した答えがある・だれに何をして欲しいのかが分かるというポイントが押さえられています。一気に書くと長文になってしまうので、「報告書に必須の4要素..



■同じテーマの記事

そのタスクリストは実行可能ですか?

よく私がタスクリストで失敗したのは、全然なくならないタスクがあったためです。たいてい半年も同じタスクが残り続けたら、もう見るのも嫌になります。他の人のタスクリストはあまり見たことがありませんが、先日部下のタスクリストをみる機会があって、ちょっと笑ってしまいました。こいつ、前のオレと同じ…そのタスクリストに書いてあったのは、・×××のやりたかをまとめる・自動ログインツール・ミーテ..




posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座