2019年01月07日

「外ヅラ」をよくする





「7つの習慣」などの自己啓発書読んでいると、まず自分の内面を磨かないとと思えてしまうのですが、正直内面が変わり、実際に人に見える行動が変わるまでにはすごく時間がかかりますし、人間稼業を30年も40年もやっていれば、そうそうその人の本質が変わるものではないです。




■外ヅラがいい


「外ヅラがいい」こんな風に言われたら、普通は褒められたような気がしませんよね。だいたい「外ヅラ」自体があまりいい言葉じゃない。

でも実際は「外ヅラがいい」ということは悪いことではなく、むしろ「外ヅラのよさ」こそ推奨したいと思います。

なぜなら「外ヅラ」をよくすることは、相手を不快にさせず、むしろ相手を心地よくさせることだから。
内心はどう思っていようとも、相手にニコニコと合わせていれば、相手も気持ちよくなって仕事がやりやすくなると思います。

■内ヅラとのギャップ


多分多くの人は、初対面の人、よく合う人、同僚、友達、親友、家族くらいの順番で一番の外ヅラからだんだん内ヅラに変わってくると思います(本心はもっと別のところにあるかもしれませんが)。

多分そうでないと精神のバランスが取れないから。

「このクソヤロー」と思っていながら「はい。仰るとおりですね」などというのはストレスですよね。
だから発散できるところが必要になってしまうのです。

以前の記事にも書きましたが、私がウツになったのも、こういったことがひとつの問題だったのかもしれません。
ところが最近これがストレスとして感じなくなったんですよ。それも初対面の人は除き、よく合う人から友達くらいまではほとんど同じ対応でもまったくストレスを感じない。

多分理由は、このそれぞれの人達に対する「外ヅラ」と「内ヅラ」ギャップが小さくなってきたから。
実は、ギャップがあればあるほどストレスになってしまうみたいで、最初から全員「大外の外ヅラ」で対応しているとそれほどストレスじゃぁ無いことに気が付きました。




■外ヅラのメリット


初対面の人はもちろん、他人とスムーズな人間関係を紡ぐには、とにかく、いい「大外ヅラ」を一貫して使うと、それが自然な振る舞いになっていきます。自然にやれていると、それが自分自身に対しても、外ヅラであることの意識がなくなってくるんです。

その結果として人間関係が円滑になり、仕事がうまく回るようになります。
苦手な人に対して、やたら防衛的な反応をしたり、反駁のあるような対応をするのではなく、初めて合う人のような意識で望むと、実はそれほど苦にならなくなります。

逆にどれほど内面に素晴らしい人間性を秘めていたとしても「外ヅラ」が悪くて、そこ(素晴らしい内面)に触れてもらうことができなければ、理解してもらうことはできません。
よくドラマなどに出てくる「ガンコ親父」みたいなもの。あれで「オレを理解してくれよ」なんてドラマの中でも無理なのに、現実世界で実現できるわけがない。

■内ヅラとの使い分け


内ヅラは変えようと思う必要など全くありません。自分の内面を磨いてもだれも評価してくれませんから。評価されるのは「外ヅラ」です。

一貫して相手に期待されるような発言・行動を取る。もちろん、その中に自分のやりたいことをちゃんと織り込んでおきながら、一方的な行動は避けるようにする。
相手の目を見て話をする。うなづきながら話を聞く。

ただそんなことをするだけであなたの評価は上がります。

そして実はそういう行動を取ることで自分の内面も変わっていくのでしょう。

もっと言えば「内ヅラ」は多少、だらしなかったり、尖っていてもいい。マイナス思考だろうが、スパイ(そんな人がこんな記事を読むとは思えませんが)だろうが構いません。
それをストレートに他人への対応に出してしまわずに、うまく「外ヅラ」に変換して、いつでも「外ヅラ」モードでいると、自然に「内ヅラ」もそちらに引っ張られます。

要は、「中(内側)」に直接手を付けることは出来ないので、「外」に手を付けるとその影響が中に及ぶということかもしれません。
自分磨きに時間をかけるなど愚の骨頂なのかも。

外ヅラさえ良ければそれでいいんだと思う今日このごろ。
ただし、破綻しないように。

■参考文献


◆アマゾン


 
 7つの習慣 動画でわかる7つの習慣特別CD-ROM付

 最近、完訳版が出ましたね。
 
 完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 あまり本を読み慣れてない方はこちらがオススメ
 
 まんがでわかる7つの習慣

◆楽天


 
7つの習慣

7つの習慣
著者:スティーヴン・R.コヴィー
価格:2,100円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



 完訳版
 


 あまり本を読み慣れてない方はこちらがオススメ
 




■同じテーマの記事

問題は外にある

ちょっと抽象的なお話ですが…「コミュニケーションが悪い」「言ったことが伝わってない」「間違って伝わった」こういった問題は、誰かと協業していく上ではよく起きうる問題です。その時に、「組織体制がだから」「会社の方針が××だから」といってしまうのは簡単です。その瞬間から問題点は自分のモノではなく、他人の問題になります。影響の輪と影響力の山「影響の輪」という図をごぞんじでしょうか。「7つの習慣」で有名になったスティーブン・コヴィーという人が書いた書..

今日学んだことを3つ上げなさい

以前の記事5項日誌(1)で、「今日発見したこと」を日誌に書くということを続けている、と書きました。始めてからかれこれ3年くらいかな。結構続いてます。ちょっと前に読んだ本ですが、マッキンゼーのコンサルタントもやっている、と書かれていたのでちょっと共有。今日学んだ最も大事な三つのことはなんだろう?マッキンゼーって、本当に三つが大好きですね。何でもかんでも三つ。という皮肉はおいておいて、まずは以下を読んでみてください。P..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

「外ヅラ」をよくする

「7つの習慣」などの自己啓発書読んでいると、まず自分の内面を磨かないとと思えてしまうのですが、正直内面が変わり、実際に人に見える行動が変わるまでにはすごく時間がかかりますし、人間稼業を30年も40年もやっていれば、そうそうその人の本質が変わるものではないです。外ヅラがいい「外ヅラがいい」こんな風に言われたら、普通は褒められたような気がしませんよね。だいたい「外ヅラ」自体があまりいい言葉じゃない。でも実際は「外ヅラがいい」ということは悪いことではなく、むしろ「外ヅラの..

7つの習慣:あなたのビジョンについて考えてみてください

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なお..

人を動かす:人を説得する原則6:しゃべらせる

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ディール・カーネギー本日のお言葉:人を説得する原則:相手にしゃべらせるお言葉の出典:『人を動かす』本日のお言葉は、もう何回目でしょう…『人を動かす』から人を説得する原則6:相手にしゃべらせるです。説得したかったらしゃべってはいけない私のようなレベルでは、結構ハードルが高いのですが、本当の説得術というのは、相手に相手自身を説得させることを最高の手段にしている..




posted by 管理人 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座