2014年07月09日

ベタープラクティスに学べ



 プロジェクトを任されたけど、良いアイディアが浮かばない
 仕事を進める際に、どうやれば要領よく進められるのかわからない

ネット上の質問箱などでときどきこういう質問を見かけます。

でも、その質問者にぴったりな回答を得るのはすごく難しいみたいです。
抽象的な質問なので、具体的な回答にはしにくいんですね。



■ベストプラクティス


世の中に「ベストプラクティス」というものがあります。

世界ですごくいい結果を出しているやり方をコンサルタントや研究者が調査していて、これを書籍にして発行してくれてます。だからこういったベストプラクティス関連の本を読むと、すごくいいアイディアがいっぱいあります。

ただし、それぞれのおかれた環境は同じようで異なりますので、単純にそのままではやれない場合があって、自分にマッチしたものを探すのはほぼ無理というのが私の感想。


■ベストプラクティス


でどうやれば要領良くやれるのかというと、

 ベストではなくベターを探すこと
 人に聞かないこと

の2つではないかと思ってます。

つまり、あなたは世界でNo.1の結果を出す必要はなく、あなたの同期や同年代のひとよりちょっとだけ優秀であれば、最終的には「部門の中ではTOP」を取れます。

そのためには、隣の人のいいところをマネる。ちょっと先輩のやり方をマネる。
そうすると、自分の仕事に非常に近いので、ほぼそのまま自分に適用できることが多いです。

いま私は700件近い仕事術の記事を書いてますが、全てを自分で発見したわけではなく、ほとんどは隣の人がやっているちょっと良いこと、先輩が教えてくれたコツを集めてきただけです。

これをベタープラクティスと呼んでます。

多分、隣の凡人がやっている程度ことなので、世界的レベルで見たらきっと大したことはないんでしょう。本にして出版するまでもないようなつまらないものです。今の会社程度でくすぶっている先輩なら世界レベルで見たらはるかに下かも知れません。でも、あなたより[ちょっとだけ]うまくやっているんですね。





■モノマネでナンバーワンになれる


それをちょっとづつ自分の近場の人から集めていくと、あなたが職場のナンバーワンになれます。
大して難しいことではなく、人のいいところだけを集めればいいんですよ。

「いい」かどうかの判断基準はあなた次第ですし、ほとんどの人はそれを大したことだと思っていないので、隠そうとする人も少ないんです。あなたは一言だけ

 「お、それどうやってやればいいの?」

と聞くだけで、ほとんどの人は自慢気に教えてくれます。

単純にAさんとBさんがいて、うまいやりかただけを足せば、あなたはAさん単独、あるいはBさん単独より、全体で「うまいやり方」の数は多くなります。

意識して集めるかどうかだけです。簡単でしょ?
意識していれば700件や1000件のコツ程度なら、10年も仕事をしてれば簡単に集まります。



■同じテーマの記事

ベタープラクティスに学べ

プロジェクトを任されたけど、良いアイディアが浮かばない仕事を進める際に、どうやれば要領よく進められるのかわからないネット上の質問箱などでときどきこういう質問を見かけます。でも、その質問者にぴったりな回答を得るのはすごく難しいみたいです。抽象的な質問なので、具体的な回答にはしにくいんですね。ベストプラクティス世の中に「ベストプラクティス」というものがあります。世界ですごくいい結果を出しているやり方をコンサルタントや研究者が調..

スピード段取り術2

先週紹介しました「スピード段取り術」の要約の続きです。書いてある事自体は、「すごい!」というネタではありませんが、なにか問題にぶつかっていて、どうやって自分の時間を確保しようとか、どういう習慣作りをしたらいいだろう、と悩んでいる時に、「あ、な〜るほど」と思えるヒントが満載の本です。是非時々読み返して見るために、手元においておきたい本の1冊です。これは、紹介したい内容がいっぱいあって、色々書いていたら、恐ろしくたくさん書きだしてしまいました。あまりにも長いので、..

スピード段取り術1

本日は久しぶりにビジネス書のご紹介です。ちょっと古い本ですが(私が新しい本を紹介すること自体が珍しいので、普通かも)、これも折にふれて(大体1年に1〜2回)は読み返している本です。書いてある事自体は、「すごい!」というネタではありませんが、なにか問題にぶつかっていて、どうやって自分の時間を確保しようとか、どういう習慣作りをしたらいいだろう、と悩んでいる時に、「あ、な〜るほど」と思えるヒントが満載の本です。是非時々読み返して見るために、手元においておきたい本の1冊。これ..

仕事効率を上げる基本ルール(技術編)

仕事の効率を上げる基本ルール過去記事で、仕事を早く終わらせるためのヒントを幾つか書いてきましたが、これらに基本ルールがあります。この基本ルールは私が適当に書きためたものなので、人によってはこの真逆であったり、ちょっとだけ違ったり、別のポイントがあったりすると思います。ルールを言語化して、チェックリストとして日次/週次レビューの時に振り返ると反省点がたくさん出てきます。その改善をしていくことで自分の仕事の効率向上や成果向上に役立ちます。ルールを書き出して、それをチェッ..

フレームワークに頼ってはいけない

世の中にはいろんな考え方のフレームワークが公開されてます。とくに多いのは企業戦略についてですが、私達がよくよむビジネス書もほとんどは「こう考えるとより高い成果が出せる」というフレームワークのひとつです。見事な図になったものもありますし、文章だけのものものありますが。フレームワークは万能ではないこういうところで示されたフレームワークは、何かの説明をするときに非常に強力です。たとえば、マイケル・ポーターの5F分析。(1)「既存競合..

人相記憶術―その4連想記憶

本日は人相記憶術の第4回目です。顔の特徴のチェックリスト、ノートの1ページに収まりましたか?私はEXCELで書き出して、ノートの1ページになるようにして、ノートに何枚かを持ち歩いてます。このチェックリストは、裏が弱粘着性のテープで止めてあるので、付箋(ポストイット)と同様に剥がして好きなところに貼り付けられます。新しく人にあった時には、そのページの左側に貼って、右側にはどんなことを話したのかをメモしておきましょう。※これも、連想の芋づるになります。で、本日は連想記憶術..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座