2019年09月02日

「自分も賛成です」で終わらせない





「この人、できる」と思わせるコツのひとつに、「知識があると思わせる」「鋭い指摘をする」という方法があります。

これに使う知識や見識は別記事で時々書いているように、読書や上司の視点で考えるなどのトレーニングで身についていきますが、どんなにトレーニングをしようとそれを使わなければあるかどうかはわからないんですね。使わなければ、「無能だ」と思われてしまいます。




社会人になると、学生時代の実力試験のような評価するための確認がなくなるので、「知識がある」とか「知識がない」という評価は、どれだけ自分が知識をアピールできるかによって決まってきます。

したがって、たとえどれほどの知識を有していても、機会があるたびに、そうした知識をひけらかしてしていかないと、「あいつは知識がない」と見なされてしまいます。

そしていったん無能と評価されると、その評価はをひっくり返すのは並大抵の努力では叶いません。




■会議で「私も賛成です」で終わらせない


たとえば、会議において自分の意見を求められたとき、「僕も賛成です」とか「異議なし」などと答えているだけでは、せっかくのチャンスを棒にふってしまうことになります。

たとえ賛成であっても、うまく知識をおりまぜておくのがコツのひとつです。
たしかに「賛成です」の一言ですむのかもしれませんが、あえて知識を開陳(かいちん)しましょう。


 「私も○○さんがおっしゃったことが正しいと思いますし、賛成なのですが、一点、○○については、△△△〜だと考えます」

のようにちょっとだけ補足意見を追加するのです。
あるいは、今回の課題だけでなくもう少し広い視点で見た時の影響について質問するのもいい視点を投げかけることができます。

※注記:
※賛成するときに、「その意見は正しい」という言い方をすると、ちょっとだけ権威を持っているかのような印象をあたえることができます。

ただし、その意見があまりにも「重箱の隅」のような指摘だと逆効果なので、指摘や意見は次のことに注意して考えてください。

■追加指摘の視点


追加指摘や質問をするときには、次のことに着目するといい指摘ができます。

 ●課題を含むより大きな視点でその課題の位置づけを確認・指摘する
  たとえば、
   ・問題を起こしてしまった再発防止を話し合っているのであれば、その再発防止策と部門や会社のルールとの整合性を発言する
   ・技術的な共有会の時には、社会一般におけるその技術の利用のされ方や、ちょっと本に書いてあったような応用方法や波及効果について述べる
  のようなことです。
 ●時系列で考えた時に賛成した案が銅のような位置づけであるのかを確認・指摘する
  たとえば
   ・いままでこの問題が見つからなかった理由から将来この問題がまた水面下に潜る可能性とその対策について発言する
   ・賛成する案が持っている将来的な波及効果について考えるように促す
 ●言葉の定義について説明を加える
  本記事でも度々書いてますが、多くの人は人は言葉の意味を深く考えて発言してません。
  たとえば、「生産性の向上」というテーマについて話し合っている時に、
   「生産性」とはなにか
   「生産性」をどのように測定するのか
  はすごく曖昧に考えている人が多いです。それを、「あなたの言う生産性とは○○の意味ですよね。でも△△さんの言う生産性とは違う意味で使ってませんか」みたいな指摘をすることです。

■守ってばかりでは勝てない


野球やサッカーでもそうですが、「守備力」というのは、勝率の安定のためには絶対に必要です。
しかし、安定性を上げるために勝率自体が悪くては意味がありません。

バットを振らないと、シュートを打たないと勝てないんですよ。

機会を作って(待っててもダメです。作らないと)、得点をしていきましょう。




■同じテーマの記事

影響力の武器

今日はライバルにはあまり読ませたくない本の紹介。さまざまな交渉や営業活動、あるいは対人関係において、自分の望む答えを相手に言わせることができますか?結構難しいですよね。これをやってしまう力のことを「影響力」といいます。その影響力はどうやったら生まれるんでしょうか。よく周りを見渡してみると、「この人交渉上手だな」「この人が言うとみんな従うなぁ」と思わせる人がいると思います(もちろんその人の地位もあるでしょうけど)。その人たちと、どこがどう違うと、こうことごとくうまくいか..

厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい

あなたの会社には役員専用の応接室がありますか?ウチの会社にはあります。基本的には、一般社員は使えないのですが、どうしても他の会議室などが使えない時に、ここが空いていれば使わせてもらえます。厳しい交渉には役員応接室を使う私はときどきここを使わせてもらってます。上司の役員にお願いして「この時間しかないので使わせてもらっていいですか?」と聞けば、「空いていればいいよ」とたいていは言ってもらえます。聞かれた役員にしても、た..

面接質問:STARで聞く

本日は、私が中途採用や昇進面接などで使うアンチョコを公開します。過去の記事で、質問とその答えをセットにして少しづつ触れてきたのですが、本日は質問だけに絞って、ご紹介します。もし面接を控えている人は、この質問に対してどのように答えるのかを考えてみてください。私の考える「良い答え」と言うのは、過去の記事でも触れましたし、今後もちょっとづつ触れていこうと思います。本日はその総集編(終わってませんが…)ということで。STARフレームワークこの名称は人事担当者から..

プロの知的生産術

この本のコンセプトを一言で言えば、情報は整理するものではなくて、活用するものであるという感じでしょうか。本書は、様々な情報術の本に対して差別化を意識していて、本書以外が情報をどう扱うかという基本的な作業方法を中心に説明されれいるのに対して、ゴール(情報を活用して成果を出すこと)からみて、情報をどの様に取り扱うべきかを論じています。情報の整理術その中でちょっと異色なのは、「メモはとる必要がない」と明言していること。他にも同様の論旨を展開している本はある..

問題解決を進めるときにブロコン・リストを作る

プロコン・リストというのは、「よいことと悪いことの一覧表」。あまり普段の仕事では使わないですが、英語圏ではよく使われる言葉のようです。覚えておくとちょっとお得かも。ブロコン・リストここで、ご紹介するのが、問題解決策の策定のためのツールのひとつ、「プロコン・リスト」という手法です。プロコンとは、あまりなじみのないことばかもしれませんが、英字新聞などを見ていると、よく登..

プレゼン資料作成技術:色を使い分ける

プレゼンでパワーポイントを使って作る際のちょっとしたコツをご紹介します。ただし、これは私が勝手に決めているルールなので、一般にこの書き方が本当に妥当なのかどうかは知りません(無責任ですみませんが…)。もし、「これは間違っている」という情報をお持ちの方、ご指摘くだされば嬉しいです。プレゼンで図を書く際にいくつかコツがあるのですが、本日は図で使う色について。色の人の持つ印象================================白善、雪、無、..




posted by 管理人 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座