2019年01月14日

会社で生きることを決めた君へ_4





久しぶりにビジネス書のご紹介。

 『会社で生きることを決めた君へ




結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。

相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。

本日は、要約(というには長文ですが)をお送りします。
 :
 :
と書いてみましたが、長すぎるので、要約を3回にわたって分割してお送りします。

本日はその第3回目。要約の最後の部分をお送りします。

◆言葉を磨く


私たちは言葉を用いて、日々思考している。コミュニケーションも言葉を媒介として成立する。

言葉なくしては、思考もコミュニケーションも成立させることはできない。
したがって誰よりも深くものごとを考え、多くの部下を引っ張っていくことが求められているリーダーには、言葉を使いこなす力が求められる。

言葉は1リーダの最大の武器。自分の生き方、働き方を後ろ姿で部下に示すのも大切ですが、そう入っても言葉の力は大きい。
リーダになったら、言葉磨きを怠ってはいけない。





◆自分を高める


自己を成長させたいという欲求と、社会に貢献したいという欲求の両者を満たせるのが仕事。
私たちが働く意味はそこにある。

多読家と仕事ができるかどうかは関係ない。読書と実践が結びついている人は、読んだ本の数そのものは少なくても、一冊の本を徹底的に読み込めばいい。
大切なのは、読んだ本の冊数ではなく、読んだ本をどれだけ自分の生き方に結びつけられたか、ということである。

人生の持ち時間は限られている。
現役のビジネスマンの場合はなおさら。

仮に毎日定時で家に帰ったとしても、通勤時間や帰宅後の家事や育児の時間を差し引けば、残された時間はわずか。その貴重な時間を、必要性がない勉強に費やすのはもったいない。

勉強するテーマは、投資対効果を考えながら選ぶべき。

具体的にどのようなテーマを考えればいいのか。それは、ビジネスマンのいちばんの勉強は、自分が今携わっているその仕事に打ち込むことだ。

やるべき勉強のテーマがまだ見つかっていないなら、まずは自分の仕事に打ち込むことに集中するといい。

健全な体と健全な心は、よい仕事をしていくための資本である。体調管理とモチべーション管理には万全を期す必要がある。

誰かに誘われたら断らないこと。すると人脈が広がっていく。

「普通の人間は、自分の能力に関しては40%のインフレで考え、他人の能力に関しては40%のデフレで考える」
これは元最高検察庁検事で、現在は弁護士を務めている堀田力さんの言葉。

適切に評価するというのは、とても難しい。

では、どうすればいいのか。「謙虚」になることだと、私は思います。

自分は己のことを過大評価しているということを自覚したうえで、「まだまだ欠けている部分があるはずだ」と考え、いつでも誰からでも学ぶ姿勢を忘れないようにする。

ちなみに私は30歳を過ぎた頃から、部下に対しても「さん付け」で名前を呼ぶようにしました。

若くても立派な生き方や考え方をしている人はたくさんいる。
ところが年齢や役職が下だからといって「○○君」と呼んでしまうと、そこで上下関係ができてしまう。するとどんなにその人が自分より優れたものを持っていたとしても、学ぼうとする姿勢が薄れてしまう。
そこで私は「さん付け」で呼ぶことにしたわけである。

我以外、みな我が師なり」である。すべての人から学んでいく姿勢を大切にしたい。

今日の仕事に追われて本物を見ることを疎かにしている人と、本物を見ることを大切にしている人とでは、やがて大きな差が出てくる。

本物を見てきた人は、自分を超えた存在があることを感じながら、謙虚さを持ちつつ自己を高め続けることができるようになる。

■要約終わり


いかがだったでしょうか。

サラリーマンだけでなくすべてのビジネスマンに通じる仕事への取り組み方だったように感じます。

これを読み返すと、ちょっとだけ背筋が伸びるような気がします。





■参考図書 『会社で生きることを決めた君へ





立ち読みできます立ち読み可
思いも寄らない人事異動、不満ばかりが募る評価、疑問にだらけの経営方針……。組織で働くということは、あらゆる困難と様々な制約を引き受け、乗り越えていくこと。
どんな境遇でも前向きに生き抜くための心構えを、不屈のリーダーの31のメッセージ!






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

会社で生きることを決めた君へ
著者 :佐々木常夫

会社で生きることを決めた君へ
検索 :最安値検索

会社で生きることを決めた君へ
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 風邪で休まない
 年上の部下は信用しても信頼してはいけない?
 初手、王手飛車取り!
 ミスを連発してしまったときの対処方法
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 人を理解するなら修飾語に注目する
 会社で生きることを決めた君へ_4
 会社で生きることを決めた君へ_3
 会社で生きることを決めた君へ_2

●このテーマの関連図書


リーダーという生き方(ポケットシリーズ)

「本物の営業マン」の話をしよう(PHPビジネス新書)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙新潮文庫

働く君に贈る25の言葉

それでもなお生きる

40代からやっておくべき50の習慣






■参考図書 『会社で生きることを決めた君へ





立ち読みできます立ち読み可
http://sarahin.seesaa.net/article/405391864.html
「ビジネスマンの勝負は50代。40代であきらめるのはまだ早い」――。長いサラリーマン生活の五合目に立つあなたに贈る31の応援歌。サラリーマンなら是非読んでおきたい。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

会社で生きることを決めた君へ
著者 :佐々木常夫
楽天では見つかりませんでした
会社で生きることを決めた君へ
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 風邪で休まない
 年上の部下は信用しても信頼してはいけない?
 初手、王手飛車取り!
 ミスを連発してしまったときの対処方法
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 人を理解するなら修飾語に注目する
 会社で生きることを決めた君へ_4
 会社で生きることを決めた君へ_3
 会社で生きることを決めた君へ_2

●このテーマの関連図書


リーダーという生き方(ポケットシリーズ)

「本物の営業マン」の話をしよう(PHPビジネス新書)

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙新潮文庫

働く君に贈る25の言葉

それでもなお生きる

40代からやっておくべき50の習慣





■関連する記事

風邪で休まない

ふつう、風邪を引いたら休みますよね。まあ、仕方ありません。でも、もったいない。過去記事でも書いてますが、私は年休消化率は結構いいほうです(それでも100%とはいきませんが)。ただし、風邪みたいな病気で休んだことは、直近では記憶にありません。※「体調不良」という言い訳を使ったりするのは、気が乗らなくて早退をするときに…年休を取って何をしているかというと、遊びに行ったり、そこら辺をぶらぶらしたり、図書館にこもったりしてます。お休み..

年上の部下は信用しても信頼してはいけない?

過去記事でも、「年上の部下」「年下の上司」について色々書きましたが、ちょっとおもしろい考え方が『課長のルール』という本に書いてありましたので共有。できる上司は部下を信頼しない「年上の部下」というのは、上司本人から見ても扱いにくいものではあります。だからといって、それがマネジメントできなければ、上司としての評価が落ちてしまいますので、なんとかしないといけないです。とくに昔のように年功序列がはっきりしていれば、そういうシチ..

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..

ミスを連発してしまったときの対処方法

仕事をしていれば、何かしらのミスは起きます。一番落ち込むのは、同じようなミスを連発してしまったときですね。「あ〜、もう!オレのバカ!」ってがっくり来ます。たとえば、メールの宛先を「杉山さん」に送るつもりが、「杉本さん」に送ってしまった。「やばい!」と思って送り直したら、今度は「杉木さん」に送ってしまったとか。こういうのがあると、本当に「イラッ」とします。キーボードに八つ当たりしたくなる(実際、してたりしますが)。..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたいせつ..

会社で生きることを決めた君へ_4

久しぶりにビジネス書のご紹介。『会社で生きることを決めた君へ』結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本日は、要約(というには長文ですが)をお送りします。::と書いてみましたが、長すぎるので、要約を3回にわたって分割してお送りします。本日はその第3回目。要約の最後の部分をお送りします。言葉を磨く私たちは言葉を用いて、日々思考している。コミュ..



■同じテーマの記事

海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい

ウチの会社は、海外に子会社がいくつかあります。というか社員数は海外のほうが圧倒的に多い。このため、仕事上、海外出張も少なくありません。その国の言葉で話したい同じ部門でも異なる部門でも、初めてその国に出張に行ってきた人に話を聞くと・中国語を覚えたい・英語を覚えたい・タガログ語で挨拶したい・スペイン語が読めるようになりたい・ハングル語が読みたいたいていこう思って、いままで見向きもしなかった、会社の言語教育コースをとったり..




posted by 管理人 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座