2019年06月17日

自己プレゼンの文章術1





自己PR文をどのように書くかを解説した本をご紹介します。






関連書籍は何冊か読んだのですが、本書が一番まとまっていて、具体例も身近なものが多かったので、本書をご紹介することにします。ただし、本書は「学生が企業にエントリーシートを提出する際に書く」という講義をまとめたものなので、場面が「未経験者」という物が多いですが、中途や昇進昇格に十分応用できる内容ですし、これが「基本形」なんだと理解しやすい構成になってます。





■自己プレゼン


就職・転職活動や昇進昇格時に自己PRがうまく欠けないと、どんなに実力があっても、面接まで進めません。会社によっては、2000文字程度の自己PR文を書かせるようなところも。

単に、自己プレゼンと思っていたら、あに図らんや、意外といろいろなコツがあるものです。
中には以前のヒントでご紹介したような内容もあって、「なるほど」と関心しました。

メルマガだと長くなってしまうので、詳細目次は省略して章目次だけご紹介します。
詳細はブログ記事をご覧ください。

本日は、要約をお送りします。


■目次


●第一章 そこに読み手がいる
●第二章 内容が決め手になる
●第三章 書き方が問題になる
●第四章 事前に打つ辛がある

■目次


●第一章 そこに読み手がいる
 1 自己表現文を書くということ
   自己表現としての作文
   作文に名文は無用
   知識・学力試験ではない
   課題と自己表現をどう関連させるか
 2 目的のある実用文
   必要な伝達内容を満たす
   実用文の審査ポイント
   自分を企業に売りこむ
  作文する態度と方策
 3 だれがどう読むか
   すぺての文章には読者がいる
   読み手をイメージしてみる
   どう読まれるかを読む
   ここで決まる作文の印象
●第二章 内容が決め手になる
 1 自己を主題化する
   論文まがいにするな
   読み手が期待する内容J抽象的な課題のとらえ方
   題を私物化せよ
 2 事実と体験にものを言わせる
   抽象的な題に抽象論で返す愚
   自分の体験を題材にするJ広がりと深み
   「論」より「事実」を
   「論より事実」の練習
   題材としての体験は一つでいい
 3 一つだけを深く
   羅列して自滅するな
   「その一つ」に向き合うJ出題の定番「私の長所」
   メニューではなく料理を作れ
 4 分封・具象化せよ
   大きく構えて失敗する
   大きな題目を分割する
   抽象の梯子を降りる
   人間を登場させる
 5 無類を目指す
   類材・類想に読み手はうんざり
   妄想にとびつかない
   自分の体験を呼び出す
   目立たぬものに着目する
   観点・視点の移動

●第三章 書き方が問題になる 103
 1 主題を立てる
   早業師の弱点
   主題を表現する最重要ポイント
 2 書き出しが大事
   直ちに主題に入れ
   主題の呼び出しは簡潔に
   プロの妙技
   書き出し練習
 3 冒頭に重点を置く
   「起・承・転・結」と「序・破・急」
 4 ムダを省く
   重複、冗長を避ける
   ムダを刈りこむ練習
 5 短文て強く明確に
   長すぎるセンテンス
   文字数の目安
   短文は読みやすく分かりやすい
   短文表現は強い
   短文は書きやすい
   短文名手に学ぶ
   主題・結論を先に出して「短文化」
   主語を軽くする
   区切れるところでは区切る
   文構造をカンタンにする
   短く表現する
 6 誤解をまねく書き方
   人物イメージに傷がつく
   幼稚さが見える
   実質のない言葉を連ねるな
   「思う」が多すぎる
   ひとりよがりは要注意
   評価を下げる若者言葉

●第四章 事前に打つ辛がある 175
 1 体験のエキス化
   題材八分
   作文題材の事前準備
   体験に考察を加える
 2 ポジティブな思考と表現
   印象を左右する言い回し
   問題指摘はネガティブの典型
   主体性・自発性を疑われる受け身表現
 5 一冊の本から
   体験としての読書
   読書エキスを加工する
 4 論文も自己表現
   作文と論文はどう違うか
   論文も自己表現だ
   無難なだけの「概括的正論」
   個性なしの「司会者風まとめ」
   現実感を欠く「抽象論」
   問題意識なしの「他人事評論」
   「項目と知識の羅列」だけ
   変に力むことなかれ

■要約


受験者の側から見れば、作文の目的は自分の人物情報を提供することにある。作文はすペて自己表現文、自己の人間像を見せる文章である。
 ・自分の性格や能力、ことに、長所
 ・自分の得意なこと、好きなこと
 ・これまでやってきたこと、打ち込んできたこと
 ・ものごとの見方・考え方、感じ方
 ・今後の望み・抱負、活躍したい分野、就きたい仕事

●作文する態度と方策
 ・主題を明確に伝える
 ・相手を意識する
 ・相手を動機づける
 ・簡潔に正確に書く
 ・要点、結論は先に言う
 ・奇をてらわず真っ当に対処する

●内容が決め手
 読み手が期待する内容にする
 抽象的な課題に対しては、自分の中の「何か」と連結する
 事実と自分の体験をベースに抽象概念を具体的にを語る
 多くのことをつめ込まず、一つだけを深く語る
 人間を登場させる
 他の人も考えそうな内容(類材)にせず、オリジナリティを重視する
 テーマから複数の案を考える。第1案に飛びつかない

●書き方が問題になる
 主題を立ててぶらさない。主題を暗示しない、明示する
 書き出しを大切に。直ちに主題に入る
 重点を冒頭に書く
 起承転結と序破急を活用する
 ムダを省く。
 センテンスは短く、明確に(1文は20〜30文字)
 題材に幼稚さが出るものは避ける
 重ね言葉は使わない
 「思う」や「ひとりよがり」「若者言葉」は要注意

●事前に打つ手
 体験をエキス化して、考察しておく
 ポジティブ思考、ポジティブ表現を使う
 ネガティブ表現(出題に対する疑問なども)や、受け身表現は避ける
 読書経験もエキス化できる
 論文でも自己表現できる。論文は客観性・論理性が大切。
 概括的正論、抽象論は読み手に感動を与えない
 他人ごと評価は「問題意識なし」とみなされる



■関連する記事

F1キーでイラッとしない方法(AutoHotKeyスクリプト)

キーボードの ESC や 半角/全角 キーを打とうとして、間違えて F1 キーを押してしまい、ヘルプが表示されたり、ネット検索に行ったりして、「イラッ」としたことありません?何かのメッセージがちょっと表示されるだけならいいですが、Excel や Word、PowerPoint だとインターネットに接続に行って、しばらく待たされた上に役にも立たないようなヘルプが表示されると、「ええいっクソッ!!」怒り爆発。F1キーなんていらないどうも私だけではないようで、..

文章のコツ6:同じ言葉を使う

仕事で使える文章のちょっとしたコツをご紹介してます。どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。前回は「和語」「漢語」の記事でも書きましたが、同じような意味で2つの単語を使うと混乱を招く場合があります。同じ単語を使う時々見かけますが、同じことを言い表すのに異なる単語を使ってしまう時がありま..

文章のコツ5:大和ことば(和語)と漢語を使い分ける

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。前回の「文体を揃える」という記事でちょっとだけご紹介しましたが、普段はあまり意識していない、「大和ことば(和語)」と「漢語」について。大和ことば(和語)と漢語を使い分ける異なる単語で、ほぼ同じ意味を持っている単語があります。これを大括りにすると和語/漢語に分けられます。これを使..

文章のコツ4:「である」調と「ですます」調

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつに、文体を揃えるという事があります。ネットで辞書を引いてみると、文体1 文章の様式。口語体・文語体・和文体・漢文体・書簡体・論文体など。2 その作者にみられる特有な文章表現上の特色..

文章のコツ1:接続詞の使い方で意味が変わる

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつ、「接続詞」について考えてみたいと思います。当然ながら、文章というのは複数の文で成り立っており、少し細かく見ると、文と文がつながって出来上がっています。そこで文と文とをつなぐもの、それが「接続詞」です。この接続詞を正しく使えると、論理的..

自己プレゼンの文章術2

自己PR文をどのように書くかを解説した本をご紹介します。関連書籍は何冊か読んだのですが、本書が一番まとまっていて、具体例も身近なものが多かったので、本書をご紹介することにします。ただし、本書は「学生が企業にエントリーシートを提出する際に書く」という講義をまとめたものなので、場面が「未経験者」という物が多いですが、中途や昇進昇格に十分応用できる内容ですし、これが「基本形」なんだと理解しやすい構成になってます。自己プレゼン..



■同じテーマの記事

自己プレゼンの文章術1

自己PR文をどのように書くかを解説した本をご紹介します。関連書籍は何冊か読んだのですが、本書が一番まとまっていて、具体例も身近なものが多かったので、本書をご紹介することにします。ただし、本書は「学生が企業にエントリーシートを提出する際に書く」という講義をまとめたものなので、場面が「未経験者」という物が多いですが、中途や昇進昇格に十分応用できる内容ですし、これが「基本形」なんだと理解しやすい構成になってます。自己プレゼン就職・転職活動や昇進昇格時に..




posted by 管理人 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座