2015年03月18日

仕事の五要素と5W2H




仕事は、大抵の場合、誰かから指示されて、その結果をまた誰かに渡すことで成り立ってます。

指示するときや、指示を受けた時にキーポイントになるのは、QQCDR だそうです。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●仕事の五要素QQCDR
私は「QQCDR」という仕事の五要素というやり方を頻繁に使います。それは、

 Quality(クオリティ・質)
 Quantity(クオンティティ・量)
 Cost(コスト)
 Deadline(デッドライン・期日)
 Rule(ルール)

です。

さらに、その内容に「5W2H」である、

 When(いつ)
 Who(誰が)
 Where (どこで)
 What(何を)
 Why(なぜ)
 How(どのように)
 How much(どのくらいで)

という項目がきちんと含まれていれば、物事はより正確に伝わるでしよう。

嶋津良智(著) 『あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
――――――――――――――――――――――――――――★


ものごとを正確に伝えるためには、本書『あたりまえだけどなかなかできない上司のルール』にあるような事項をきちんと伝えるべきでしょうが、実際仕事をしていて、これを全部網羅しているといえる指示をしたことも、されたこともありません。

多分、指示する側にはぼんやりとしたこれらのイメージはあるのでしょうけど、言語というプアな表現手段ではとても頭のなかにあることが表現できるものではなく、逆に表現したとしても、自分で行っておきながら「??」なこともしばしば。

■頭で考えても正解はできない

仕事を指示した側も、指示された側も、最初は、「完成品のイメージ」があるだけです。それが一致しているかどうかは、テレパス(超能力者)であれば、そのイメージ自体を共有できるのでしょうけど、そうでもなければ、相手の意思を推察するしか手がないので、所詮自分が理解できる範囲でしかものごとが見られないわけです。

だから、一番簡単な方法は、

 実際に作って(やって)みる

ことです。

■アジャイル開発

ソフトの世界では、「アジャイル開発」という開発手法が一般化してきました。

簡単に言うと、「ちょっとだけ作ってみて、それを発注者に頻繁にフィードバックしてもらう」開発手法です。

他の仕事でも全く同じ。

「○○○の売上のレポートを作ってくれ」と言われた時に、

 レポートのあらすじを作って確認してもらう
 レポートのキモの部分を詳細化して確認してもらう
 レポートの結論部分を作って確認してもらう
 レポートの体裁を確認してもらう
 レポートの緒論を確認してもらう
  :
  :
  :

と少しづつ拡充させていけば、あとで、「なんだこれ?」と言われなくて済みます。
その際に、少しづつ

 ・現時点このくらいの工数がかかっていますが、続けていいですか?
 ・このレベルだと、集中してやって、あと1週間位必要ですが、いいですか?

などと、この QQCDR や 5W2H を確認事項に含めておくと、

 「いや、そんなに工数をかけたら、別に頼んだ△△△ができないので、こっちはチャチャッと頼む」

とかの回答を引き出すことができて、「チャチャッ」は大体 10MH(マンアワー) くらいかな、とイメージのすり合わせが出来るようになります。

■現物で話をする

頭で考えたものというのは、共有できないという前提で考えれば、共有できるのは現物だけです。

人に仕事を指示するときには、極力 QQCDR, 5W2H を言おうと努力することは必要ですが、最終的には、現物でお互いのすり合わせをすることがもっとも効率的な仕事の進め方です。

仕事は、細かく、細かくすりあわせしていきましょう。





■参考図書 『あたりまえだけどなかなかできない上司のルール

日常業務をこなす中で、人材に教育を施している時間もお金もない。そんな企業にとってもっとも重要なのは、上司がオンジョブトレーニングを施していくこと。それが最も効果的で効率的な人材育成です。
著者の嶋津氏は「優秀な部下を育てられる上司」を育成する方法を体系立ててまとめた「上司学プログラム」があり、それが効果を上げている。
本書は、このプログラムの中から、明日からでもすぐに使えるノウハウだけをまとめた。
新米上司や部下との関係で悩んでいる上司、今以上に組織・会社の結束力を強め業績を上げたい上司の皆様にとって日々の行動指針となり手離せない1冊になる事でしょう。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
著者 :嶋津良智

あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
検索 :最安値検索

あたりまえだけどなかなかできない上司のルール
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 仕事の五要素と5W2H
 振り返りのコツは「予行結差学改」
 わかってから報告しても手遅れ
 催促されない
 必ず人がモチベートされるされる方法
 あたりまえだけどなかなかできない上司のルール

●このテーマの関連図書


だから、部下がついてこない!

怒らない技術(フォレスト2545新書)

プレイングマネジャー入門〜時間がない中で「自分の結果」と「部下の結果」を出すための5つのスキル〜

あたりまえだけどなかなかできない教え方のルール(アスカビジネス)

目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣(アスカビジネス)

怒らない技術2(フォレスト2545新書)





■関連する記事

仕事の五要素と5W2H

仕事は、大抵の場合、誰かから指示されて、その結果をまた誰かに渡すことで成り立ってます。指示するときや、指示を受けた時にキーポイントになるのは、QQCDR だそうです。仕事の五要素QQCDR私は「QQCDR」という仕事の五要素というやり方を頻繁に使います。それは、Quality(クオリティ・質)Quantity(クオンティティ・量)..

わかってから報告しても手遅れ

「なんでもっと早く言わないんだ!」かつて上司にちょくちょくこのセリフを言われました。状況が悪化していくのは担当していれば分かるのですが、「もうちょっとガンバレば…」と頑張っても結局報われずに、トラブルとして表面化してから上司に「あの〜。実は…」と報告すると、大概こう言って怒られました。たとえば、期限当日の就業間近になって、「すみません、今日××の期限なんですけど、まだできてません」なんてこと記憶にありません?タスク管理をしっ..

コンセプト化・一般化の効用

いくつかの経験を振り返ってみると、そこに一定の法則性に気がつくことがあります。優れたビジネスマンは、優れた科学者や優れた芸術家と同じように、(中略)最も個別的、最も具体的なことから出発して、一般化に達する。P.F.ドラッカー(著) 『ドラッカー名著集12 傍観者の時代』この部分に対して、本書『実践するドラッカ..

必ず人がモチベートされるされる方法

人は目標では動機づけされないでは、ここで質問ですが、みなさんの部下たちはきちんと目的を持っていますか?何のために、その目標に向かってがんばるのかという動機の部分がはっきりと見えているでしようか。目的という動機の部分がはっきりしていなければ、ちよっとしたトラブルが起こっただけでも、すぐに気持ちが萎えてしまいます。人は目標では動機づけされないのです。そんなとき、「目標は月に一人..



■同じテーマの記事

課題は5W2Hで分解する

仕事をしていると、いろんな問題にぶつかったり、上から大変な課題が降りてくることがあります。たとえば、「なかなか営業成績が上がらない」や「上司に認められる提案が出せない」とか。上司として部下にいろんな課題を出すのですが、まったく行動が起きない人がいます。私の仕事で言えば、「ユーザからの要望対応状況がわかるシステム」を要求した時に、1ヶ月してもなんの変化もない人。だいたいこういう人は、言われたことや自分が直面..

発想フレームワーク:四則演算

「フレームワーク」とは、直接的に日本語にすると枠組みのことを言います。いろいろな考えを整理するために頻繁に使用される汎用的な機能・法則・思想などを一般的な構造にしてパターンを示したものです。よく言われる「マーケティングの4P」ですとか、戦略における「SWOT分析」などなどすごくたくさんあります。アイディア発想法にもたくさんのフレームワークがあります。有名なところではオズボーンのチェックリストとか。本日は発想法における四則演算フレームワークの紹介。..

WBSを作る

新年度が始まりましたね。今年の業務の計画は立てられましたでしょうか?本日は計画を建てるのに絶対必要なツール「WBS」。WBSとはいつものようにWikipediaから引用http://ja.wikipedia.org/wiki/Work_Breakdown_StructureWork Breakdown Structure(WBS)とは、プロジェクトマネジメントで計画を立てる際に用い..

若いアタマを維持する1

この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経..

問題解決の7ステップ2

昨日の記事で問題が発生してから解決するまで、大きく7つのステップがあり、大きく問題認識ステージ課題対策ステージに分けられると説明しました。本日はこの第2のステージ課題対策ステージについて説明します。ただ、ちょっと長文になってしまったので、このステージも2回に分けてお送りします。課題対策ステージ課題対策ステージは以下の5つにわかれました。課題設定ステップ課題解決ステップ総合評価ステップ解決実行ステップ結果評価ステップ本日はこの内最初の2つに..

報連相その2

以前の記事で、報連相の20,50,90の法則について書きました。これは自分の上司に対するものでしたので、今回は部下・後輩・同僚への報連相について。報連相は360度報連相は大事だと言われますが、その論調は主に部下・後輩がすべき業務として定義されているようです。しかしながら、ほとんどの場合は、仕事を出す側(上司、先輩)のほうが多くの情報をもっています。逆に仕事を出される側(部下、後輩)のほうが現場をよく知っているわけです。この状態では、どのように仕事を進める..



posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座