2018年12月17日

Outlookのワザ:表示面積を広く取る





私の場合、多くの仕事はメールに始まり、メールに終わります。
もちろんメールなんて殆ど仕事に使わないという仕事も少なく無いでしょうが、こと事務仕事だったり管理職の仕事だったりすれば、メールなしには成り立たないのではないでしょうか。

仕事で画面の大きなデスクトップPCを使える場合はいいですが、ノートPCを使っていると、画面がどうしても狭くなります。画面が狭いというのは情報の表示能力が小さいということで、スクロールするなどの無駄な操作が増えます。

なるべくなら情報を極力多くしたい。ということで、本日はメールの表示範囲を広くするコツをご紹介します。




具体的な方法としては、アウトルック限定ですが、考え方は同じです。それぞれお使いのメールクライアントの設定を一通り調べてみてください。結構いろんなオプションが用意されています。

■プレビューウインドウの表示範囲を広くする


メールクライアントソフトは、基本的に「プレビューウインドウ」と「コンポーズウインドウ」から作られていますね。プレビューウインドウというのがメールを閲覧するためのウインドウで、ここにメールを表示して読んでいるわけですね。
※コンポーズウインドウはメールを編集するための画面なので、今回は無視。

アウトルックでは、大きく

 ・ナビゲーションウインドウ
 ・メール一覧
 ・閲覧ウインドウ
 ・Todoバー
 ・人物情報ウインドウ

からなっています。

メールクライアントとしてもっとも重要なのは、この閲覧ウインドウで、ここにメールのタイトル・宛先、本文が表示されています。ここの面積を最大にすることで、スクロールせずに(あるいは最小の操作で)メールを読めるようにするのが、本稿の目的です。

このためには、他のウインドウをなるべく小さくしてやればいいわけですが、他のウインドウを操作したい時もあるので、簡単に元に戻せるようにしておかないといけません。




■ナビゲーションウインドウを最小化する


メールの閲覧ウインドウで左側にあってのフォルダをツリー状に表示しているのが、このフォルダウインドウ。

これは、ALT+F1 キーで

 非表示→表示→バー表示

が順に切り替わります。

基本的に受信トレイだけでメールを読んでいるなら、この表示は不要です。だから、ALT+F1で表示を停止してしまいましょう。これを素早くできるようになると、フォルダウインドウの幅をフォルダツリー全体が表示できるくらいに広くしておいて、フォルダの変更をしない普段は非表示にしておき、必要に応じてさっとフォルダツリーを表示する、なんてことができるようになります。

■ToDoバー


ToDoバーは右側にあって、日付や今日のスケジュール、タスク一覧を表示している部分です。

これもナビゲーションウインドウと同様にワンキーで大きくしたり小さくしたりできます。方法は、ALT+F2

これも表示した状態では幅をウインドウ幅の1/3くらい使うようにしておいて、普段は非表示にして使ってます。

■人物情報ウインドウ


これはメール本文の下にあるウインドウで、メールの送信者の情報が表示されているところです。
実際、私はこれを活用できたことはありません。送信者自身はメールの先頭に表示されてますし、サーバ上に顔写真でもあればこれが表示されるのでしょうけど、そんな恥ずかしいことする人いません。

ということで、このウインドウは、設定で閉じてしまいます。

 表示→人物情報ウインドウ→オフ

で表示しなくできます。

■リボン


リボンは、CTRL+F1で表示しなくできます。
必要があれば、ALTキーを押すか、もう一度CTRL+F1を押せば復活します。これもメールを読むのには使わないので、表示を消しておきます。

メールに対する良くする操作は、クイック操作でキーボード定義してしまえば簡単にできます。
私は

 CTRL+1:処理が必要なのでフラグを付けて「閲覧済み」フォルダへ移動
 CTRL+2:他の人に依頼するものなので、「依頼したタスク」に設定、「閲覧済み」フォルダに移動
 CTRL+3:とりあえず既読にして、「処理済み」フォルダに移動

を割り当ててます。削除する場合にはCTRL+D

それ以外の操作はほとんどしませんので、リボンはなくても不自由しません。

■プレビューウインドウのフォントサイズ


プレビューウインドウ(メール本文を表示しているところ)は、フォントサイズを小さくすれば多くの一度に情報が表示できます。

これは、

 ファイル→オプション→メール→「雛形およびフォント」

で設定できますが、設定できるのはテキストのメールだけで、リッチテキストやHTMLはできません。
※変更方法をご存じの方がいたら教えて下さい。

フォントは、Meiryo UIが小さくしても見やすいです。
まあ、MS ゴシックでも構いませんし、お好みのフォントで。ただ、明朝のように線に太細があるフォントは小さくすると見づらくなります。



■関連する記事

WIN+Rを多用する

Windowsを使っていると、マウスはどうしても必要。でも以前の記事で書いたように、キーボード主体で操作できるようになると、格段にPCの操作速度が上がります。ただし、自分の知っている人でも、多くの人がトライして挫折するのは、キーボード主体にした時に一時的に操作の速度が落ちて、イラッとすることです。ここで諦めてしまうと、操作速度は上がりません。それでも、我慢して使っていると、あるひ目にも留まらぬスピードで使えるようになっていて、同僚から「スムーズだね」とか「はやっ」って..

Outlookのワザ:表示面積を広く取る

私の場合、多くの仕事はメールに始まり、メールに終わります。もちろんメールなんて殆ど仕事に使わないという仕事も少なく無いでしょうが、こと事務仕事だったり管理職の仕事だったりすれば、メールなしには成り立たないのではないでしょうか。仕事で画面の大きなデスクトップPCを使える場合はいいですが、ノートPCを使っていると、画面がどうしても狭くなります。画面が狭いというのは情報の表示能力が小さいということで、スクロールするなどの無駄な操作が増えます。なるべくなら情報を極力多くしたい..

依頼で仕事の空白を作らない

あなたはもしかして、他人の仕事に依存した仕事の進め方をしているかもしれません。リマインダーリマインダーってご存知ですよね。ある日、ある時間になったら、「××をする時間ですよ」と呼び出してくれるアプリの事を言います。大体はスケジューラやタスク管理ツールとセットになってますよね。無意識に一緒に仕事をしている人をリマインダー代わりに使っていることがあるんです。これは仕事を効率的に進めるための阻害要因の一つになってます。たとえば、「ある仕事をしようとしたらわから..

立ち話をする

喫煙所の会話私は喫煙をします。最近はいろいろなところで分煙や禁煙が進み、非常に苦労しますが、喫煙室というのは、ちょっとした肩の力を抜いた仕事の話というのができます。普段会議の場では、公式の発言というのを求められて、なかなか本音が言えないところがあります。ところが、喫煙室だと割合リラックスして、「あの発言はね、実はこういう背景があったんだよ〜」なんていうちょっとした本音が出ます。その上だんだん喫煙者が少なくなると、ちょっとした連帯感みたいなものができます。つまり、仕..

催促されてはいけない

仕事をする上であなたの印象を悪くする最大の要因は「催促される」ことだと思ってます。「××までにやっておきます」と言っておきながら、「××になっても報告がない」。報告しないのは仕事をしてない私の場合この時点で、相当腹に据えかねてます。それでも、ちょっと抑えて「ってどうなっている?」と聞くのですが、「あ、忘れてました」等と言われようものなら、「お前、仕事をなんだと思っている!!」と。さらにひどいのになると「やってありますが…」と答えるやつ。「..



■同じテーマの記事

スケジューラ日誌

以前の記事で何度か日誌のススメをしてきましたが、今日はその日誌をどこにおいておくかの方法について紹介します。日誌はスケジューラに書く日誌を書く場合、私はテキストエディタを使って書きます。今日あった出来事、会議の議事録、ちょっと感じたこと…etcところがこういった物は、日付・時間と結びついていることが多くて、去年の今頃やったんだけどなぁ…といって、過去のテキストファイルを探しまわることが少なからずありました。やった日付というのは正確には記憶になくても、お..




posted by 管理人 at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座