2016年04月06日

大事な打ち合わせは録音しておきなさい




会議でメモをとる代わりに、会議の録音をしていた時期があります。
最近はスマホでもいい録音アプリができてきましたし、ICレコーダーも昔から売られているので、こういう需要はあるのでしょうね。

■録音したものは聞かない


実際会議中にメモをしていると、その間は発言ができません。ある事項をメモしながら、別の話をするほどの脳はありませんので。
もしかしたら聖徳太子ならできるのかもしれませんが。

そこで考えたのが、「会議を録音しておけば、メモしなくて済むかも」という安易な考え。
以前にも

 音声制御ソフト.ドラゴンスピーチ

を紹介したことがありますが、その他にも幾つかのアプリを試しています。

しかし、ドラゴンスピーチのように音声で PC を操作するのとは違い、単なる「文字起こし」の作業は、つい目的(議事録や議事メモ・宿題メモ)を見失ってしまって、より正確に発言を文章化することに集中してしまいます。私の場合。そうなると時間がいくらあっても足らない。1時間の会議をするごとに2時間かけて議事録を作っていたら身が持ちませんし…。

で、結局、「録音→議事録」はやらなくなってしまいました。やっぱりメモが確実、と。

■バックアップになる


一方で、録音だけは続けてます。これはメモに

 「○○提出。×月×日期限」

と書いてあった時に、「なんで、○○が必要になるんだけっけ?」「○○ってなんだったっけ?」みたいな場合が結構あるからです。

その時には3通りの対応があります。

 ・宿題の内容をその時の出席者に聞く
 ・とりあえず、○○といえるものを作ってみる(目的に合っているかどうかは別)
 ・忘れたことにする

真っ当な作戦は、出席者に教えてもらうことなのでしょうけど、出席者も覚えているとは限りません。とくに他人の宿題について、正確に記録をとっている人は多くはないでしょう。だからといって、適当に何かを作ったり、「忘れてました…」とごまかしたりでは、仕事が予定通りに進まなくなる。

こういう時には、録音データが役に立ちます。
その時の発言や雰囲気をかなり正確に残しているから、その宿題が出た前5分位を聞けば、大体宿題の意図は思い出します。

録音する目的を、メモのバックアップと考えれば、消費期限も割と明らかですし、あとで面倒なことをしなくて済むようになります。

とりあえず、録音しておくとわりと役に立ってくれます。
9割以上はムダだったりするのですが…。

私は、大事な打ち合わせは、スマホを録音モードにしてポケットに入れてます。

posted by 管理人 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ術・ノート術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座