2016年11月22日

マウスに触らずに右クリックする方法




マウスの右クリックって、意外とよく使います。

左クリックは、それを選択したり、それにむつ美付けられているアクションをするのですが、あるひとつの動作しかできません。

これに対して右クリックは基本的に、その対象に対してできる操作を全てリストにして表示してくれるので、普段と違うことをしようとするとどうしても右クリックを多用することになります。

■マウスに触るな

過去記事でも何度か書いてますが、私はマウス操作が嫌いです。

理由は、キーボードに手をおいた状態でマウスを持とうとすると当然キーボードから手が離れます。その結果マウス操作が終わってキーボードに手を戻したときに、もう一度ホームポジションに戻るように指の位置を決め直さないといけないから。

この間約1〜3秒のことなのですが、それに時間がかかったり、ホームポジションを間違えて、キー入力したときに間違ったキーを押してしまうと、思わず「チッ!」って舌打ちしたくなる(実際にしてます…)。

全体として操作性が悪くなることと、この「チッ!」を避けるために、極力キーボードだけで作業をするようにしてます。

■右クリックを実現するキーボード

実は Windows にはマウスの右クリックに相当するキーボード操作があります。

この方法を知っていれば、いちいちマウスに持ち替えなくても操作が可能になり、作業効率が格段に向上します。


 SHIFT+F10

がその方法です。

これを使えば、右クリックと同じメニューが表示されて、オブジェクト(操作対象)に対する全ての操作が可能になります。

たとえば、Excel で書式なし貼り付けをしたいときには、

 CTRL+C で元のセルをコピーする
 カーソルキーで貼り付け先のセルまで移動
 SHIFT+F10でメニューを出す
 カーソルキーで「A」と書いてあるアイコンを選ぶ(書式なしペースト)
 ENTERキーを押す

で必要な作業が完了します。

■ENTERキーが必要

カーソルキーでメニューを選んだときには、最後に ENTER キーが必要です。

私の場合、これも面倒なので、メニューの前後にアンダーラインがついている文字があれば、それをキーボードで押します。
これは、アクセシビリティーキーとかアクセスキーとか呼ばれているそうです。

Excel のセルで右クリックすると

 書式設定(F)

みたいに表示されている F のことです。

これだと、SHIFT+F10 のあとでワンキーでメニューを選択することができるので、瞬時に操作が可能です。

■AutoHotKey で SHIFT+F10 をシミュレートする

ただし、F10 って決して打ちやすい位置にあるわけではありません。

ですので、私は AutoHotKey を使って、[無変換]+I に定義をしています。

 vk1Dsc07B & i:: Send, AppsKey

ファンクションキーや OEM キー (要するにアルファベットと記号以外のキー)って、キーボードのメーカーによって位置が違うし、使用頻度がアルファベットより低いために、キーが小さくて使いにくくなっています。

なので、使いやすくするためには、アルファベットキーのどれかに再割り当てしてしまうと、操作が素早くなります。

過去記事で enthumble というソフトもご紹介しましたが、これも同じことができます。

これとアクセシビリティーキーを使うと、目にも止まらないスピードでメニュー操作ができるようにできますよ。


◆このテーマのおすすめ図書



運のいい人、悪い人の習慣風水師が教える、お金・仕事・恋愛運をみるみる上げるコツ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

恋・お金・仕事・癒し魔女がおしえる幸せ魔法

あなたの「引き寄せ力」が聴くだけで目覚めるミラクルCDブック

展望と開運365日2017年の四緑木星

〈ふつう〉から遠くはなれて――「生きにくさ」に悩むすべての人へ中島義道語録



■同じテーマの記事

リボンのショートカットキー

ご存じのとおりWindows 8のエクスプローラーやMicrosoft Office(マイクロソフトオフィス)は、メニューバーやツールバーの代わりにリボンというUI(ユーザーインターフェース)を備えています。普段はエクスプローラー上部に隠れており、タブをクリックするなど必要に応じて現れるため、Windows XPのエクスプローラーや、Windows Vista/Windows 7のエクスプローラーと比べてて使いやすくなったと感じる方も少なくないでしょう。本日は、エ..

中華タブレットでマルチタスクシステムを構築する

過去記事で何度か書きましたが、現在運用しているPCは7台あります。そのうち2台ほどが、いわゆる「中華タブレット」です。何をさせているかというと、このブログのメルマガの送信やら、記事の更新、ネットから必要な情報のダウンロードなどをさせてます。あとの幾つかの古い PC はちょっと大きなデータの解析用とデータサーバ。マルチタスクシステム以前の記事PCは複数台運用をすると効率が上がるマルチウィンドウで書いたように、1台の高性能 PC よりも、2〜3台の低性能 PC のほ..

図形編集の究極技:頂点の編集

PowerPoint でこれを使っている人は殆どいない!という究極技をご紹介します。頂点の編集オートシェイプを選択すると、黄色い四角が図形の一部に表示されるのはご存知だと思います。これを移動させると、オートシェイプ図形のバランスを変えることができます。しかし、図形を自由に変形することはできません。あくまでも用意された図形の形をちょっとだけかえることができるだけ。これに対して、「頂点の編集」では、あらゆる形の変形図形を作ること..

CTRL+ALTキーを定義する

だいたい、仕事で使うアプリって決まってますよね。私の場合・Microsoft Excel, PowerPoint・マインドマップ・テキストエディタ・Webブラウザ(Internet Explorer か Google Chrome)さらに、これらで開くファイルも、よく使うものがあります。ワンタッチで開けるようにするWindows では、CTRL+ALT+どれかのキーWin+数字キーっていうのはユーザが定義できるように開放されてます。固定のものもありますが..

マウスの挙動をカスタマイズする

マウスを動かしたときの移動速度やホイールを回転させたときのスクロール量、ダブルクリックの速度、マウスカーソルの形状などは、やはり自分好みに設定しておいた方がパソコンは格段に使いやすくなるのでオススメ。設定手順「コントロールパネル」を起動する「ハードウェアとサウンド」「デバイスとプリンター」「マウス」をクリックするか、「設定」アプリのマウス設定画面で[その他のマウスオプション]をクリック「ボタン」タブでできること・ボタンの左右入れ替え・ダブルクリックの速..

PCが遅い時の対処方法2:原因を探して対策する

「どうも最近、PCの動きが遅い」Linux や Mac だとないのかもしれませんが(それほど使い込んでませんので知りません)、Windowsというのは、使っているうちにだんだん遅くなるというのは有名な話。買った時には、サクサク動いて感動だったのに、使っているうちに慣れてきたせいなのか、PCが遅くなったのかは分からないですが、感動はすっかりなくなり、PCのもっさり感に「ええいっ!とっとと動け!人間様をまたせるとは何事だ!」などと、キーボードにあたっても、実際何の効果も..

UWSCで切り替わったアプリを強調する方法

過去記事PC操作を早くする4:ウインドウをキーボードで操作するアプリの瞬間起動で、紹介しましたが、ウインドウはキーボードで切り替えたほうが素早く切り替えられます。しかし、ここでひとつ問題が。どのウインドウがアクティブかわかりにくいWindows10でちょっと改善しましたが、現在アクティブ(キーボード入力を受け付ける)なのかがわかりにくいんです。できたらアクティブウィンドウはウインドウの枠の色が派手になるとかになってほしいのですが、Windows は VISTA あた..

Windows10に入れる定番アプリ3

仕事の効率向上に欠かせないのが、PC のアプリケーション。これが使いにくいものだったり、ちょっとした誤操作でとんでもないトラブルを出すようなアプリだったら、イライラしますし手戻りも大きいので、これはしっかり選びたいですね。ということで、過去にも紹介してますが、Windows10も普及したことですし、Windows10向け、ということで現在のアプリ環境を再掲します。全てフリーソフト、Windows10動作確認済み(私の環境)。本日は昨日の続きで・テキストファイル・通..

Windows10に入れる定番アプリ2

仕事の効率向上に欠かせないのが、PC のアプリケーション。これが使いにくいものだったり、ちょっとした誤操作でとんでもないトラブルを出すようなアプリだったら、イライラしますし手戻りも大きいので、これはしっかり選びたいですね。ということで、過去にも紹介してますが、Windows10も普及したことですし、Windows10向け、ということで現在のアプリ環境を再掲します。全てフリーソフト、Windows10動作確認済み(私の環境)。本日は昨日の続きで・オフィスアプリ・言語ツー..



posted by 管理人 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座