2016年12月02日

読書のアウトプットの増やし方




「インプットをしたらアウトプットしないといけない」

過去記事でもこういうことを書いていますし、多くのビジネス書にも書いてあります。おそらく何かに習熟するためには普遍的に必用なことかと思いますが、ビジネス書などに取り上げられているのは、たとえば、「本を読んだら読書感想文を書きなさい」とか「人に教えなさい」とか、結構ハードルが高いことが書かれてます。

私も本を読んだら、殆どの場合は読書記録(感想文ではない!)を書いてますし、本ブログに自分のコメントを付けて公開したりしてます。

ただ、過去にそういうことをやったことがない人には結構難しいかもしれません。自分がそうでしたから。

■読んだボタン

最初からしっかりしたものを作ろうとすると、自分の理想が高くなってしまって、現実の自分の出来なさかげんに嫌になったりします。

なので、私は最初のハードルは極力下げるべきだと考えています。

例えば、この記事をいま読んでますよね。
それをどうアウトプットにつなげるのか?

まさかブログ記事程度の要約を書き出したり、自分が感じたことをノートに書き出したりしている人はいないかと。

何かの本を読んだときに、それが新鮮であったら、要約したり書き出したりしないといけないわけではなく、「いいね!」ボタンがあれば、そのボタンを押すだけでもいいんですよ。

本にはボタンがないですけどね。
私はカーリルでその本に「読んだ」記録を必ずつけるようにしています。

その程度のことなら、たぶんそれほど苦労しないでしょう。

■マークする

そういう何かが出来るようになったら、今度は、気に入った箇所にマークを付けてみることがオススメ。

これもアウトプットのひとつです。

マーカーで線を引くでもよし、付箋を貼り付けるでもいい。

とにかく、気に入った箇所が見返せるようにしてみることです。

■声に出して読んで見る

マークが出来るようになったら、もう上出来です。

新しいステージに進む準備は完成してます。

本を通読した後に、もう一度読んでみましょう。
できたら声に出して

音読すると人間の記憶に残りやすいです。

 見る→音にする→聞く

のサイクルがまわるので、フィードバックされているようなものです。
もう一度、気になった箇所の前後を読み直すだけでも十分に記憶定着の効果はあります。

■書き写す

マークが付けれるようになったら、過去記事

 ねぎま式読書ノート

で書いたように、気に入った箇所を抜書きしてみれるようになっていると思います。

気に入った箇所全部を抜書きしようとしてもくたびれるだけです。1箇所だけ抜書きしてみるというのをやってみると、案外続きます。まぁ本を読むのが続かなければダメですけどね。

この段階までやると、なんか本を読んでもとを取ったような気がします。

感想は書かなくていいので、気になったを書き写す事に専念しましょう。

ブログみたいなものだと簡単にコピペできちゃいますが、これはやめておきましょう。
一字一句を見るために、書き写すことに意味があります。

きっとこのあたりまでくると、ビジネス書に書いてあるようなことがある程度出来るようになってます。

まぁビジネス書では、自分の感想やその時考えたことなどをアウトプットしないと行けないみたいに書いてありますが、

■アウトプットを増やす

「アウトプット」などという大仰で抽象的な言葉で言うから、身構えちゃいます。

読んだという記録をつけるだけでも十分にアウトプットです。
アウトプットを構えて制限をつけるよりも、もっと小さなことをやってアウトプット自体を増やしていけると、インプットの効果が出ます。アウトプットの品質にこだわらず、簡単な作業で瞬時にやれることをやると結果として膨大なアウトプットにつながっていきます。


◆このテーマのおすすめ図書



竹内流の「書く、話す」知的アウトプット術

常識を破る勇気が道をひらく

やり直し・差し戻しをなくすできる人の準備力

すっきりわかる!超解「哲学名著」事典

知的生産力を鍛える!「読む・考える・書く」技術―あなたのアウトプット力を飛躍させる50の方法

挫折を乗り越えた人だけが口癖にする言葉



■同じテーマの記事

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議が失敗する理..

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をすると、そこす..

ファシリテーションを勉強する

会議で、みんなの意見を取りまとめたり、会議の進行をうまくやる技術を「ファシリテーション」といいます。これは、私が過去にいろんなセミナーで学んだ技術のうちでも、かなり役に立っとと思える技術のひとつ。さらに会議を行う際にとても重要なことがあります。それは「事前準備」です。「事前準備」をきっちり行うことで会議の時間そのものを短縮しつつ、質の良いアウトプットを生み出しやすくします。ここでい..

模倣と創造のバランスを取る

最近とみに AI やら ディープラーニング やらが話題になりますね。多くの人が知っているゲームでもっとも難易度の高い囲碁でコンピュータが人間に勝った、というのが結構センセーショナルだったような気がしますが、それにもまして、クラウドが発達して巨大なデータを集めて、それを統計的に解析できるようになったことがおおきいような気がします。模倣と創造ということで、こういうことがよく言われるようになりました。..

簡単にできたことこそ大切にする

困難にぶつかって、苦労して、紆余曲折しながらやり遂げたことというのは記憶に残ります。記憶に残るので、そこでやったことというのをもう一度やろうとします。で、たいていは失敗します。なんでかというと、困難にぶつかったということは、初動で失敗していたということだからです。エピソードに残るもの先輩:昔さあ、商談をしていたお客様が他社に契約しちゃったことがあってね私:競合負けですか?先輩..

予定したタスクがなくなった時に消せますか?

私は基本的に仕事はゴールから考えて、それを分割してタスクリストを作ります。ピクニックに行くアウトプットから始めるトップダウンアプローチ長期計画は決めないなどで書いたように、最初にゴールがあって、それをいろんな軸で分割して計画を立てます。分割される基本単位がいわゆる「タスク」です(私は最小単位をToDoと呼んでます)。ところが、こういう計画法だとうまくいかないことがあります。たとえば、タスクAがうまく行っ..

アウトプットを前提にインプットする

仕事だけでなく、すべてのことについていろんなスキルは必要です。ただ、スキルを磨くことを目標にしているとなんだか修行者みたいになっちゃいます。アウトプットを出すためのスキルいろんなスキル(技術・やり方)を学んでいき、それを実践することは必要なのですが、私は××するにはどんなスキルが必要か?という設問から始めることにしています。たとえば、プログラミングで言えば、「かっこいいブログを..

仕事のプロセスの教科書4:要約3

久しぶりのビジネス書紹介。いい意味で、「期待はずれ」の一冊でしたので、いつかご紹介したいと思っていた本のご紹介をしたいと思います。本日は、本書『「仕事のプロセス」の教科書』の要約をお送りします。長くなるので分割してお送りしてます。その第3回。要約3「仕事がどんどん増える」病頼まれた仕事を断れない人依頼を受けるときは、まず全体の流れとチームの状況把握のためにすぐ受けず、確認すると..

「完璧」に作ってはいけない

過去記事でも何度か触れてますが、上司や仕事の依頼者に対しては、ホウレンソウが仕事の手戻り削減に大きく寄与します。完璧を目指さない「完壁」を目指さず「修正」を織り込む指示された仕事を、完壁に仕上げるまで提出しないという人がいます。主に責任感の強い、まじめな人にありがちな傾向です。::あなたの周囲にもいるのではないでしょうか。..

伝わった結果だけが問題2:どう伝わったかを判断する方法

「部の人に言ったけどやってくれないんですよ」担当者から業務が進んでない言い訳として、結構多いのが、こういう言い訳です。私も過去に(今も、ですが)何度も使ってます。ただ、責任者(上司)として、このセリフを聞くと「そりゃ、お前が悪い」と思ってしまいます。前回の記事で、「伝わらないのは伝える側が悪い」と書きましたが、じゃあどうすればいいかというと、コミュニケーションの基本、「聞くこと」です。..

伝わった結果だけが問題1:どう伝えたかではなく、どう伝わったか!

「部の人に言ったけどやってくれないんですよ」担当者から業務が進んでない言い訳として、結構多いのが、こういう言い訳です。私も過去に(今も、ですが)何度も使ってます。ただ、責任者(上司)として、このセリフを聞くと「そりゃ、お前が悪い」と思ってしまいます。どう伝えたかではなく、どう伝わったか!どう伝えたかではなく、どう伝わっ..



posted by 管理人 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座