2018年09月03日

トラブルを上司に報告する前にするべきこと




よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。

というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。




■上司の力を利用するトラブル解決の方法


何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラブりました!」と言われても、上司としては経緯を知らないので判断のしようがありません。

ただしく情報を伝えないと上司としてもどう動けばいいのかわからないのです。

逆に、部下から何も情報が出てこなければ、これまた動き用がありません。

たとえ、「コイツ、バタバタしているな。トラブルか?」と思っても実際に「どうした?」と声をかける上司は多くないでしょうし、部下に「大丈夫です!」って言われて、さらに「いや、そんなことないだろう」とまで聞ける上司は少数派のような気がします。




★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

よくないのは、上司に言わずに、自分の力だけで片付けようとすることです。

誰にも言わずに抱え込み、あれこれ考え悩んでいると、時間だけがいたずらに過ぎていきます。ミスやトラブルは、初期対応を誤ると、さらに事態が悪化することがあります。また、時間の経過とともに、より探刻化したりもします。

報告が早ければ、打つ手もあれこれ考えられますし、多くの人が知恵を出し合えば、いい解決策も浮かんでくるというものです。

なにより経験豊富な上司は、こういう時こそ頼りになるのです。

田中和彦(著) 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
―――――――――――――――――――――★


■落ち着け!


トラブルが起きたら、まず、慌てないことです。

慌てて、

 部下:トラブってます
 上司:なにが?
 部下:お客様が電話でお怒りです
 上司:なんで?
 部下:怒っているみたいなんです
 上司:だからなんで?
 部下:すごい剣幕なんです。
 上司:だから!なんでお客様が怒っているの!?
 部下:もう「今すぐそっちに行くぞ!」みたいな勢いで…
 上司:……オレも怒っていい?

なんて報告じゃぁ上司も困るでしょう。

トラブルが予定通りに起きてくれれば、慌てなくても対処できるでしょうけど、たいていは予定外に起こってくれるので、やっぱりいくら場数を踏んでいても、やっぱり平静ではいられません。それが経験が浅ければパニックになるのもやむを得ないところはあります。

それでも、その状況を他人にきちんと伝えようと思ったら、冷静に準備することが必要なんです。

まずは、深呼吸でもして落ち着きましょう

■過去の経緯を全部書き出す


深呼吸をしたら、次にやるべきことは、トラブルに至るまでの経緯を全部紙に書き出すことです。

私は手ぶらでトラブル報告に来た部下には、最初にこれをやらせます。
もし、分単位での対応が必要なものがあるようなら、別の同じような業務をしている人に情報収集と超暫定対策に当たらせます。適任者がいなければ自分がやる時もありますが。

その間にトラブルを起こした担当者には、「経緯をを全部書き出しなさい」と指示します。
自身がトラブルの火消しをする時以外は、その担当者に聞き取りをしながらホワイトボードに経緯を書き出していきます。

■事実と所見を分ける


だいたい全部書き出し終わったら、事実と所見を分けます。

これが結構重要な作業で、ある事象はトラブルを起こした担当者が観察したものです。

これを上司に報告した場合、3つのフィルタがかかります。

 ・上司に怒られたくないので、自分に都合の良い言い方をする
 ・自分が観察していないところを適当に補って報告する
 ・記憶違い、都合の良い記憶の書き換え

このフィルタを外す作業をするのですが、担当者本人には難しい場合もけっこうあります。上記のようなフィルタがかかっていることを本人が自覚できてませんから。

可能なかぎり担当者ではない第三者の目を通して、「これは事実」「これはキミの所見」と分けていったほうが正確なものが出来上がります。
さらに、複数人でやるメリットとして、事実として一面しか捉えていないところや、前後関係が矛盾しているところをさらに突っ込んだ質問をして情報の精度を上げていくことができます。

ただ、一次情報はトラブルに直面している自分しかできないので、まずはひとりで分類をして、それから上司や先輩に報告するのがいいと思います。

ひとりでこうしたフィルタを外すためには、抽象的な言葉や印象的な言葉は、具体的な言葉にすることです。

たとえば、「全部の生産が止まった」という報告を、「キミが見たのはどのライン?」と聞くと、「AラインとB、Cです」と答えます。生産ラインが5本あれば「D,Eは確認してない」ということです。それを「全部」と言っちゃうとミスリードが起きます。

「すごく怒ってます」も単に大声で喚いているだけかもしれませんし、もともと地声が大きな人かもしれません。具体的な事実を明らかにしないと情報は正しく伝わりません。「すごく怒ってます」っていうことの「すごく」とはどういう事実から観察できるのか、「怒っている」というのはなぜそう判断できるのかを報告しないといけないわけです。

事実と所見を分けたら、事実には赤丸、所見や印象は青丸をつけます。
これで報告する準備が出来上がります。

■対応方法を考えておく


まあ、どう対応していいかわからないからパニックになっているので、ここからは「できればやったほうがいい」レベルですが、

 ・報告する上司になにを期待するのか
 ・このあと誰がどのようにするといいのかの計画

も考えておくといいです。
※10年選手でこれができない人なら多分評価は下がるでしょう…。

対応方法については別の紙に書き出して、上司には見せずに置くのがいいですが、

 ・上司に一緒に謝りに行ってほしい
 ・他の同僚にトラブル対応の協力を指示してほしい
 ・トラブルの解決方法を指示してほしい

などです。そのためには、どうすればトラブルが収束するのかがわからないとできないので、多分新人レベルの人にはムリで、ある程度経験や知識が必要です。逆に10年選手でこれが挙げられない人はちょっと…ですね。

とくに、3つ目以外、1番目と2番めは、トラブルを起こした担当者自身が解決方法が頭にあって、それの役割分担だけがうまく制御できていない状態です。これができる人なら上司は「わかった。それでやれ」というだけです。とっても楽。




■参考図書 『できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意





立ち読みできます立ち読み可
2万人を面接した人材のプロが贈る、ボスをマネジメントの教科書
上司の8機能+1を徹底活用すして、プレゼン、会議、人事、時間管理、人脈…これであなたの仕事が劇的に好転する!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
著者 :田中和彦

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :最安値検索

できる人はやっている 上司を使い倒す50の極意
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 希望の部署に移動する方法
 上司の情報を活用する
 すべてのスキルを育てる技術
 失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと
 人脈をスタートさせる方法
 ピンチヒッターを作る
 アホな上司は反面教師にはならない
 部下・後輩の指導は計測するから始める
 目標は自分だけが管理できる

●このテーマの関連図書


部下こそ上司にリーダーシップをとれ





■同じテーマの記事

評価されるコツ

どんな職場にも、周囲から絶対的な信頼を集める「エース」的な人がいる半面、誰からも期待されず、お荷物のように扱われてしまう人もいます。入社当初から、「エース」だったわけでも「お荷物」だったわけでもありません。長い時間をかけて、ゆっくりと「エース」や「お荷物」になってしまったのです。これは一体なぜなのか?本日ご紹介する『「辞められると困る! 」と言われる社員がやっている 評価されるコツ』からその原因を一部紹介します。..

あなたが座っていた椅子を見なさい

私は、席をたつ時いつも自分が座っていた椅子を見るようにしてます。もともとは、私がオッチョコチョイで、すぐに忘れ物をすることから始めた習慣でした。最初は意識してやってましたが、最近は自然に視線が元いた場所に行くようになりました。数秒もかかりませんが、得られるものはすごく多いです。席をたつ時あなたが席をたつ時、何を考えてますか?おそらく大部分の人は、席を立った目的、つまりコーヒーを買いに行くとか会議に出るなどの目的があ..

溜まりまくった受信箱を瞬時に空にする方法

仕事にもよりけりですが、私の場合1日に受信するメールの量はだいたい300件±100件くらいが普通です。で、出張やら休暇やらを複数日、1週間もメールをほとんど処理しない日が連続すると、目も当てられない状況になります。そんなときの必殺のメール処理方法があります。一瞬で受信箱のメールをゼロにする方法一瞬で受信箱にたまりまくったメールをゼロにする必殺の方法はメール一覧を出した状態でCTRL+A を押す(すべてのメールが..

聞き耳を立てる

情報を大別すると・今の業務に必要な情報・今の業務に直接必要ではないけど関係する情報・なんとなく気になった情報、世間の流行の3つに分けられると思います。最初の2つは、世間の流行とはかかわりなく、ほとんどが会社内でやり取りされていて、当然自分も多くの場合その渦中にいるわけですので、嫌でもその情報を処理しなければななりません。ところが、3つ目の情報というのは、自分から積極的に取りに行かないと得られない情報です。よく「ビジネスマンは雑誌を読め」という事を言われますが、こ..

振り返りツールKPT

「振り返り」が重要なことは言わずもがなですが、悪かった点を考えたり、そのために何時間も時間をかけたりすることは本末転倒だと考えます。「なぜそんなことをしたのか?」「今後失敗しないためには何をどのようにすればいいのか?」失敗すると、たいてい上司からこういう質問(詰問?)を受けます。よく会社で「振り返り会」なるものをするのですが、こういう場でもチームに大きな影響を与えたような失敗・トラブルはこういう質問が出てきますね。で、「じゃぁオマエ(失敗した当人)が次..

視野を広げる

ピンチの時には周囲が見えない忙しかったり、強いストレスがかかっているときは、周囲が見えなくなります。これは当たり前で、人間(というか動物すべて)は見の危険が迫っている時には、危険なものを非常に注意深く見ようとします。その結果そこに集中しすぎてしまって、横から飛び出してくる別の危険に配慮ができない状態になるわけです。自分のことを振り返っても、会社をしばらくおやすみする前半年〜1年くらいの間は、本当に周囲の状況が見えてませんでした..




posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座