2017年01月10日

努力と成果は比例しない。その1




たとえば、昨日一番頑張ったことは何でしょうか?
それに見合う結果が出ましたか?

普通、サラリーマンをしていると、短期的に成果が出るものは多くありません。また、営業職でもない限り、具体的な成果として数値が上がるものでもありません。

なので、時々話をしていて「あ、この人、成果について考えてないな」と感じる時があります。
そういう人は多くの場合、「真面目ないい人」なんですよ。

どういう時に気がつくかというと、「『なんでもすごく一生懸命』やる」という行動をしている場合です。
すごく一生懸命やっているのはわかるのですが、それが「頑張る」ことが目標になっていて、下手をすると、頑張っている自分に陶酔してる。

いや、別に「頑張ってはいけない」とは言いませんが、どこにポイントがあって、どこは大した影響はないかがよくわかってないので、残念〜とか思っちゃいます。

■努力は美しいと思ってないか?

子供の頃から、私達は努力する姿を褒め称えるシーンによく出会ってきました。

今の学校はよく知りませんが、私の頃には、校門の近くに二宮金次郎像がおいてありました。あの薪を担いで歩きながら本を読んでいる金次郎像です。

これをさして先生が「二宮金次郎は、お金がなかったので、働きながら勉強をして………」と話してもらって、子供心に「頑張らないといけないんだなぁ」などと思ってました。
昔NHKでやっていた「プロジェクトX(エックス)」でも、黒部ダムを作ったり、ウォークマンを作ったり、南極観測船を送ったり、どれだけの人がどれだけ必死になってやったのかが描かれています

それを見て

 努力することが大切なんだ

なんて判断しちゃうのは、「おいおい…(^^;;」と思うのですが。

こういう刷り込みを受けていると、「会社のために夜遅くまで頑張る」とか「家に帰っても、仕事をする」なんてことを自分に許しちゃいます。それをやっている自分に酔っちゃうんですね。

■努力と結果は比例しない

プロジェクトXなんかだと、過去の話ですし、割と冷静かつ客観的に見ているので、「そこがポイントだったのね」と判断できるのでしょうが、もし自分が今現在渦中にいるプロジェクトがあれば、冷静には判断できないでしょうね。

 「自分の担当部分が遅れて、プロジェクト全体に遅れが発生したら、関係者に迷惑がかかる」

と考えて、スケジュール通り、あるいは前倒ししてやろうとするでしょう。それこそ、寝る時間を削ってでも。

以前の自分がそうだったので、思い当たるフシがあるかたが、この記事を読んで見える方にも見えるでしょうし、自覚がない人もみえるかもしれません。

あなたのやっているタスクが、もしクリティカルパスにないものだったら、遅れても何の問題も起きません
あなたのやっているタスクが、品質に直接影響を及ぼさないクリティカル機能でなければ、多少バグがあっても、大した問題にはなりません。

以前に液晶パネルの工場の人に伺ったことがありますが、ほんの5年ほど前まで、日本向けの液晶パネルは、ドット落ち(液晶が制御に反応しない画点)が3個以内。日本向け以外は、10個以内だったそうです。そのために日本向けだけ人間による特別判定の工程があって、さらにそのモレを防ぐために、もう一度判定をし、さらに抜き取りで再度検査してていたそうです。

ところが、あるときからやめたそうです(経営判断)。

結果は、何も変わらなかったそうです。売上も、クレームも同じ。

頑張った甲斐がないとはこのことですね。

■パレートの法則

聞いたことはあるとは思います。
品質管理などで、パレート図というのを使いますよね。あれです。

日本でこれが使われるようになったのは、戦後日本に品質管理を教えたデミング博士。
アメリカでは鳴かず飛ばずだったデミング博士が日本に来て、この品質管理を布教しました。結果それまで、「安かろう悪かろう」だった日本の製品は、本場のアメリカよりも向上し、「日本製=品質がいい」とイメージされるまでになりました。
ちなみに、そのおかげで、デミング博士はアメリカ帰国後、引っ張りだこになったそうです。

簡単にいえば、

 全体の大部分は、全体を構成する要素のほんの一部から生み出される

というもの。「80対20の法則」などとも呼ばれますね。

で、品質管理では、問題点の全体からその頻度を測り、最も品質に影響を及ぼしているものに集中的に資源を透過して対策すれば、全体の品質が良くなると教えられます。これを視覚化したのがパレート図です。

なぜそうなるかは、システム思考的な言葉を使うと自己強化ループが回るためなのですが、まぁ、利用する側としては、そんなことはどうでもよくて、

 成果の8割は、あなたの努力の2割から生み出されている

と理解すれば簡単。

つまり、努力の8割は、結果にほとんど影響してない、ということ。

■次回につづく

というところで、前置きだけで、いつもの長さが尽きてしまいました。
続きは明日。

◆このテーマのおすすめ図書



フィンランド流社長も社員も6時に帰る仕事術

ムダな努力ゼロで圧力・浮力・仕事・運動・力のつりあいを瞬間的に解く本

トップ1%に上り詰めたいなら、20代は“残業"するな

ゆえに、プロ。努力を笑いに変えた12組による仕事論

マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかったいい努力

仲条正義の仕事と周辺―『努力しないで、デザイナーになる方法』



■関連する記事

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

チャージは大金でする

私は週末に週次レビューをしてます。その時のチェックリストをEXCELで作ってますが、これを印刷して、毎週ノートに張って、ペンでチェックしながらレビューを進めてます。一度に印刷する使っているノートは、A6サイズという A4の四分の一サイズのノートです。このため、iPrint という縮小印刷ツールを使って、4段組印刷をして、これをチョキチョキ切ってノートのサイズにしてます。この時、チェックリストは10ページ位まとめて印刷します。大体1年分ですね。これを一度に印刷して、全..

努力と成果は比例しない。その2

昨日は、パレートの法則というのをご紹介しました。一言でいえば成果の8割は、あなたの努力の2割から生み出されているというものでした。じゃぁ、今までの2割しか仕事をしなくていいかというと、そういう問題でもないのが難しいところ。今の成果は確かに、2割分の仕事の結果で生み出されているけど、将来の成果は残りの8割の中にあるかもしれない。だから、残り8割もやめるわけにも行かない。となってしまいます。成果に焦点を当てるただ、..

努力と成果は比例しない。その1

たとえば、昨日一番頑張ったことは何でしょうか?それに見合う結果が出ましたか?普通、サラリーマンをしていると、短期的に成果が出るものは多くありません。また、営業職でもない限り、具体的な成果として数値が上がるものでもありません。なので、時々話をしていて「あ、この人、成果について考えてないな」と感じる時があります。そういう人は多くの場合、「真面目ないい人」なんですよ。どういう時に気がつくかというと、「『なんでもすごく一生懸命』やる」という行動をしている場合です。すごく一生懸..

学習する組織:マネジメントの一般的体系

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:ピーター・M・センゲ本日のお言葉:マネジメントの一般的体系は8つに集約できるお言葉の出典:『学習する組織』本日は、お言葉単体では訳の分からない言葉になってしまいましたが、私個人が非常に重要だと思っているので、ちょっと無理やりですが、ご紹介します。教師が目標を設定し、生徒はその目標に応える。教師は答えをもっており、生徒はその..

仕事効率を上げる基本ルール(ツール編)

仕事の効率を上げる基本ルール過去記事で、仕事を早く終わらせるためのヒントを幾つか書いてきましたが、これらに基本ルールがあります。この基本ルールは私が適当に書きためたものなので、人によってはこの真逆であったり、ちょっとだけ違ったり、別のポイントがあったりすると思います。ルールを言語化して、チェックリストとして日次/週次レビューの時に振り返ると反省点がたくさん出てきます。その改善をしていくことで自分の仕事の効率向上や成果向上に役立ちます。ルールを書き出して、それをチェッ..



■同じテーマの記事

手書きノートやメモ帳に文章を書いてはいけない

過去記事で何度か紹介していますが、私はテキストファイルに日誌や議事メモを付けてます。当然、ノートやメモ帳も使ってますが、これは一時的なものが多いです。基本的には手書きノートは絵を描くものです。説明をするのは PC のテキストファイルが最適です。ノートに書いても検索できないよく打ち合わせでノートを持ってきて、ノートに話の内容を書き込んでいる人がいますよね。特に営業さんにこういう人が多いような気がします。手書きのノートは、子供の頃から使っているでしょうから手慣れてます。..

初手、王手飛車取り!

本日は、具体的なスキルの話ではなく、心構えのお話。心構え、基礎学習なにをするにしても、かならず「心構え」が必要と言われます仕事というのは、社会に真摯に貢献するという気持ちで向かいなさい社会人としての自覚と責任をもって臨みなさい感謝の気持ちを持つことが大切自分のやったことに誇りを持ちなさいまた、何かを学ぼうというときには、まず基礎的な理論をしっかり身につけて、応用はそれからみたいなことも。それ自体は理解できますし、私自..

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話になった..

業界の専門家に見えるようにする

業界人に見えないように頭をリフレッシュして生きる業界人に見えない人の特徴は、まだ入社間もないか、相当仕事ができる人のはずだ。業界の枠に閉じこもっていないという点で共通している。私のコンサル時代にもこれはそのまま当てはまり、飛び抜けて優秀なコンサルタントは決まってコンサルタントらしくなかったものだ。絶対に利口ぶらないし、プライベートでは理屈っぽくないし、自分からわざわざ経歴をひけら..

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..



posted by 管理人 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座