2019年04月22日

考えるときにはペンを持つ





私は、「考える」という作業をするときには、ノートを広げて3色ボールペンで何かを書きつけることが多いです。もちろん、手が止まっていることはよくありますが、ボールペンを離すのは、考えることをやめた時。




■天井に相談してました


特許の出願件数が社内でトップを取ったことがあって、その表彰のときに、「君は特許を考えるときはどんなことをしているね?」と聞かれたことがあります。

そのときには、

 「天井と相談してます」

と答えた記憶があります。

その頃は、ひとりで何か考えるときは、体は全く使ってなかったように思います。

プログラムを作るときなんかも、しばらくじ〜っと考えていて、頭のなかにアルゴリズムが出来上がると、一気にプログラムをコーディングする、というような作業のやり方でした。

特許や(わりと簡単な)プログラムというのはこういうやり方のほうが効率がいいかもしれません。考えることの外部との関係が結構少ないですので、一つのことだけに集中していればいいですから。




■頭のなかでは処理できない


しかし、考えるべきことや、そのテーマに対していろいろな要因が多くなってくると、頭のなかでは処理しきれなくなります。

人間の頭で同時に考えられる事柄というのは、ワーキングメモリというものに制限を受けていて、これは最大でも7つくらいまでなんだそうな。
私の場合は3つくらいかな?

それ以上になったら、一旦ワーキングメモリから別の保管場所に移して、一旦退避しておいた別の事柄を取り出して…とやらないと、考えられないそうです。

ようは、ちょっと複雑なことになるとその時点で、脳内では処理しきれないんですよ。
ぐるぐるいろんなことがまわることになる。

かから、一旦紙に書きつけてみるのが、ベストな方法だと気が付きました。

■考えるときに腕組みをしない


そこから意識するようになったのは、

 「考えるときに腕組みをしない」

という考え方。私の場合は、

 「ノートに書きながら考える」

というのと同義です。
もちろん、PC のほうが楽という人もいるでしょうけど、とにかく、具体的に何らかのものにアウトプットしながら考えるといいみたいです。

ちなみに私は考えるステップには大きく3つあって、

 ・要素を出す
 ・その要素の関係や目標への影響度を出す
 ・最善の方法を出す

ごとに使うツールが変わります。「要素を出す」ときにはマインドマップを使いますし、要素の関係や影響度を考えるときには、ノートに要素を書き出しながら図解してみたり、線で結んでみたりしています。

■ノートは考えるためのツール


過去記事でも何度か書いてますが、ノートは記録するためのツールではありません。

もちろん、その要素もありますが、主な要素は考えるためのツールです。
考えたプロセスが残るという意味で、記録するためのツールとも言えますが、議事録を書いたり、行動記録をつけたりするのには向いてません。検索性があまりに悪いですから。

記録と取るのであれば、過去記事でも紹介しているテキストファイルにする方法や、OneNote / Evernote のようなデジタルツールのほうがはるかに優れてます。

逆に、思考をするツールとしてはノートのほうがはるかに優れます。
それがなぜなのかはちゃんと理解できていませんが、おそらく自由度にあるのではないかと思ってます。

ノートには絵を書いたり線を書いたり、文字を書いたりと何をしても自由です。
それが子供の頃から訓練されているので、非常に楽にできるんですね。

一方で PC アプリなどのようなものは、その習熟に時間がかかったり、自由度が低かったりするので、自由になんでもやれる環境というのは作れないんじゃないかと。

何か考えようとしたら、ペンを持ってノートを広げて、頭に浮かぶ者をイメージだろうが単語だろうが書き付けていくと、思考が思い通りに広がったり、集約したりできるようになります。



■同じテーマの記事

空間認識能力

あなたの通勤手段は何でしょうか?車ですか?電車?歩いて会社までですか?私の場合は、電車を2本乗り継いで会社に行ってます。この時にちょっと心がけている能力開発トレーニングがあります。整理の力以前、脳科学の本を読んでいたところ、「整理する力は想像力と空間認識能力に依存する」みたいな事が書いてありました(出典は失念)。さらに「整理する力は記憶力を強化する」と。これを書くにあたって、原本を探そうとしばらく色々探しまわってみたのですが、結局見つかりませんでした..

なぜなぜ分析2:原因は一直線ではない

「なぜなぜ分析」という言葉を知らない人はあまりいないのではないかと思います。では、そのやり方は?というと結構心もとない人も見えるのではないでしょうか。やっぱり、ある手法というのは、基本的なやり方があって、そのやり方をきちんとトレーニングを受けていないとうまく使えないものです。これは、なぜなぜ分析に関する本を読むだけではな足らなくて、実際に講習などで受講してみないとうまく使えるようにはなりません。もちろん、講習を受けたからといってそうなるとか限らないですが、本で詳細を..

必勝の時間攻略法

古い本ですが、過去記事でも何度も取り上げた本の要約をご紹介します。『脳を活かす!必勝の時間攻略法』は、副題として「1日を26時間に増やす35の鉄則」とされています。その通り、灘高→東大、元NHKアナウンサーにして医師であり、衆議院議員公設第一秘書も務めた「奇跡のマルチ人間」が最新の脳科学に基づいた時間活用法を紹介した本です。過去記事でもプライムタイムを見つける成果が倍になるコマ割り時間術午前・午後の仕事時間の活..

「組織は戦略に従う」が「技術は戦略をくつがえす」

ちょっとビジネス書といえるかどうか微妙ですが、個人的にとっても面白かった本をご紹介します。アルフレッド・D・チャンドラーが『組織は戦略に従う』を発表したのは今から半世紀近く前ですが、これは未だに真理として使われることが多いようです。このほか、「戦略は組織に従う」とかいろいろな派生バージョンがあるようで、この本も「ビジネス書」の分類で、マネジメントの一種としての技術開発についてだと思って読んだら、意外や意外。こ難しい理屈抜きに楽し..

タスクの完了数

やるべきことはタスクリストに書き出して、それをいつもメンテナンスしていると、「さて、次は何をしようか」と考える時間がなくなり、やるべきことを忘れることもなくなり、仕事をする上でストレスがなくなります。「ストレスフリーの仕事術より」−昔の仕事はシンプルだった。その仕事が終わっているのか、終わっていないならどれぐらい片利いたのか、だれが見てもすぐにわかった。そこに 100 本のネジが積まれていれば仕事は終わっているし、99本だったら終わっ..

リストの活用方法

おそらく、皆さん、いろいろなツールでタスクリストを管理していると思います。『あなたはなぜチェックリストを使わないのか』という本に、発展途上国で医者に対して手術のためにチェックリストを導入したら、医療事故(手術をしたことによる合併症の発症)が半減したという報告が書かれていました。この他にも、飛行機は発着の前後にあらゆる階層の人がチェックリストを使って作業のチェックをしているのは有名ですね。でも実はリストには弊害があって..




posted by 管理人 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座