2017年02月07日

昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか




毎年、社内の昇進昇格の面接官をやってます。

■課長止まり

多くのサラリーマンは長年務めると、「長」のつく役職にあがるか、その直前くらいまでにはなります。

ただ、そこから上に行くためには、かなり厳しい。

いわゆる「ピーターの法則」ってやつですね。

でも、それだけじゃないんですよ。
いろいろな人の面接をしてきて、簡単に合格レベルだと判断できる人は実際ごくわずかで、結構みんな「ん〜。どうしよう」って悩みます。

もちろん、ポストの数の問題というのもあります。
課長以上のポストというのは簡単には作れません。管理職ばかりにしてしまったら、実際にお金を稼いでくれる人がいなくなるので。

ただ、「この人は管理職にしたい」と思える人が少ないことも事実なんです。

■仕事ができる人が管理職にはなれない

過去記事でも何度か書いてますが、名プレイヤーを監督にしてもうまく行きません。

つまり、サラリーマンとして、ビジネスマンとして、実績を出しているプレイヤーを「長」のつく仕事にした途端に、ダメ社員になることも結構あるんですよ。

そういうのに懲りているので、「ある実績」を持った人しか昇進はさせません。

それが、マネージメント能力です。

■お客様のクレーム対応をした課長

たとえば、例で言うと

 お客様のからクレームがはいって、ちょっとこじれた。
 →お客様のところに出向いて直接交渉して問題を解決した

っていう課長/係長がいたとしたら、彼を昇進させられるかというと NO です。

理由は簡単で、マネージメント能力のひとつである、「部下の育成」について全く能力を使っていないからです。
「長」が付く人というのは、「人をうまく使ってナンボ」「部下を育成してナンボ」です。

自分がプレイしていてはダメなんです。

もう一歩進んで言うと、係長や課長に昇進させられるかどうかもここで判断します。
どんなに仕事(プレイ)ができても、人材管理(マネージメント)ができなければ、人を管理する管理職は務まりません。
※そんな怪しい人に昇進してもらって会社や組織がどうかなってしまっては、私の定年までの安心生活が成り立たない…。

昇進面接時に、喜々として自分がやった業績を述べるようでは、管理職にふさわしいとはいえない、と受け取ります。
部下や後輩に「やらせた業績」がもっとも評価が高いわけです。

いつも、面接の後に他の面接官と評価のすり合わせをしますが、ここのところが不一致になったことはあまりありません。
どのくらいのレベルだと判断するか、で議論になることはありますが。

■マネージャになりたかったらマネジメント能力を磨く

もし、マネージャになりたかったら、実際にプレイする仕事レベルは「人並みか、それよりやや上」というレベルでも構いません。マネジメント能力が高ければ、マネージャになれます。
もちろん、仕事がまかれられないレベルの人はダメですし、チャンスや環境の問題はありますが、それは他の記事で。


◆このテーマのおすすめ図書



HowGoogleWorks―私たちの働き方とマネジメント

仕事の問題地図~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

奇跡の仕事術―自分の仕事をマネジメントする

クラシック音楽マネジメント~音楽の感動を届ける仕事~

ポータブル・コーチ―世界中のコーチの知恵がこの一冊に集結マネジメント・仕事術TOP10

図解ミドルマネジメントの仕事100―現状を打破し、新たな価値を創出する「活創型ミドル」への新・行動原則



■関連する記事

時間を測定する

過去記事でも紹介してますが、ドラッカーや様々な時間術の紹介でかならず必須と言われるのが、自分の時間の使い方を記録することです。ところが、これをやってみると、つけ忘れたり、適当に記入したりして、本当に精度は上がりません。昨日、レポートを書くのに、何時間かかったかなんて正確に覚えてはいませんし、見積もりに合わせたいという意志も働くので、多すぎるか少なくすぎるかのどちらかです。割り込みがはいって一時中断しようものなら、もはや記録した時..

一番簡単にできる成果の増やしかた

年末になると、今年度の業務目標と現時点の実績との差が気になり始めます。たいていは、まだ未達状態(未完了)のものが多くて、「あと3ヶ月で年度始めに立てた目標が達成できるか?」と心配になるものがあります。一番簡単にできる成果を出す方法一般社員なら、年間の業務目標は4〜10個というところでしょうか。管理職なら、部下の業務目標数だけあるはずなのですが、ある程度集約もされるので、20個くらいというところでしょうか。私は第4クオーターになると、こうした個人的に持っている目標、管..

年下の上司には最敬礼で接する

まあ、年上の部下の使い方もひとつの難しいテーマですが、ここでは年下の上司のへの接し方に絞って、私なりの対応方法についてご紹介します。実際、子供の頃は年上の人には無条件に敬意を持って接するようにしつけられることが多いです。たとえば、学校などでは、上級生というだけで、下級生に対しては多少ぞんざいな言葉遣いをしても許されました。その逆はたいていは「おまえ生意気」などときつく咎められます。そういう雰囲気で育ちながら、会社に入ると、年齢に..

若いアタマを維持する2

この記事は比較的若い人を対象にしていますので、あまり加齢ということについて触れてきませんでしたが、40台、50台になっても、アイディアや柔軟性というものは必要です(というか、逆にそのくらいの歳になって硬直すれば昇進は止まります)。精神年齢と肉体年齢と実年齢はそれぞれ別者です。実年齢はコントロール出来ないけど、精神年齢や肉体年齢はトレーニングでコントロールできるようになります。若い頃からアタマの柔軟性をトレーニングしていない人はやっぱりある程度の経験を積むと、「過去の経..

転職応募書類の書き方のヒント:減点対象に気をつける2

中途採用や新規派遣の時に、応募書類を確認するのですが、書類を見ていて「このひとちょっと不安…」と思うことがしばしばあります。実際に面接などであってみると(派遣の場合は事前に合うことはできません)、「なんだ意外と大丈夫そう」ということになることが多いのですが、もしかしたら、それが理由で面接まで進めていない人がいるのかもしれません。くれぐれも留意したいのは..

面接で「やる気」を示す方法

昇進・昇格面接で「あなたはどう対応しましたか?」と聞くことがあります。この記事では「あなたは」という部分を強調表示していますが、質問の時にはサラッとききます。この質問に、当たり前の答えをいう人は、「ちょっと…」と思ったりします。中途採用の面接ならまず合格は出しません。P不採用理由の 1 位は?ただ、企業から寄せられる「不採用理由」のなかで、堂..

面接の神様は細部に宿る

『転職面接必勝法』という本に面接での不採用理由について面白いことが書かれてました。驚くべき不採用理由さらに、驚くべき不採用理由も寄せられます。本当に些細なことのように思えて、致命的なことがあるのです。以下の理由に目を通してみてください。・コートを着たまま受付に来た・3 分遅刻してきたのに、最後まで詫びなかった・携帯電話..

読みづらい自己申告書は読まれない

面接に臨むとき、本人の職務履歴や自己申告書を書きますよね。実際、あれで結構損をしている人がいます。面接官はシロウト過去記事で何度も書いてますが、新卒採用を除き、中途採用や昇進昇格の時に面接官は現場の課長や部長が担当します。人事もフォローしますが、現場の意見がとっても重要なので。したがって、自己申告書などの書き方や書式に関しては完全に素人です。読み慣れてません。一方で、多くのビジネスマンは、メールのよ..

昇進面接:申告書は隙間をコントロールする

転職では「応募書類」「エントリーシート」「履歴書」、昇進・昇格では「自己申告書」などと呼ばれると思いますが、「自分の職歴はで、こんな実績がある」とかくやつ、ここでは全部ひっくるめて「申告書」と呼びます。申告書の空白私は、申告書を審査する側になって随分になります。いろいろな申告書を見てきましたが、残念な申告書が少なくありません。今、思い出すと・自由記述のところに空白が多い・日本語として文章が成り立ってない・句読点の位置がおかし..

昇進面接:申告書の書式を変更してはいけない

転職では「応募書類」「エントリーシート」「履歴書」、昇進・昇格では「自己申告書」などと呼ばれると思いますが、「自分の職歴はで、こんな実績がある」とかくやつ、ここでは全部ひっくるめて「申告書」と呼びます。複数ページに渡る申告書?今回は、申告書につかう書式について考えてみたいと思います。大体の申告書というのは、A4で1枚か2枚になってます。ところが、ある本にはこんなことが書いてありました。..

面接官になりなさい

昇進・昇格面接にしろ、中途採用の面接にしろ、やってみるとすごく効果がある方法があります。いくつかな面接技術関連のビジネス書を読んでみました(それほど多くではありません)が、これが書いてあった本は、この本だけ。『エンゼルバンク ドラゴン桜外伝』面接官は面接のシロウト昇進昇格、中途採用の面接官は通常、人事部1人、業務部門2〜3人です。過去記事でも書いていますが、人事部は当然、応募者を見る目はプ..



■同じテーマの記事

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役割分担が大事..



posted by 管理人 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座