2017年02月22日

相手に聞く準備する合図を送る




話をしていて、どこまでが雑談でどこからが本題なのかわかりにくい人がいます。

正直いってしまうと、私はこういう人が苦手です。

どちらかと言えば、雑談しかしない人か、いきなり本題に入る人のほうが相手しやすい。

雑談モードのときには、あまり相手の話を正確には聞いてません。単語単語のところどころを聞き取って、それに関連する話題を投げ返しているだけです。

一方で本題モードのときには、相手の話を「てにおは」まで含めて正確に聞き取ろうとします。キーになる単語は相手の言った表現そのものをメモします。

■「本題に入るよ」のサイン

こういうことを感じるので、私は自分が主体で話すときには、雑談→本題の間に一呼吸おいて、相手に本題に入る前のサインを送ることにしています。

何を言うかというと

 「で、本題なんだけどさぁ」

って。そのまんま。

ただ、これだけでは短いので、以前ご紹介した

 ポイントは3つあります

というのを言います。

つまり、最初に相手にこれから話すことの全体像をまず言うわけですね。これは以前の記事

 わかりやすいメールのコツ2

でもご紹介しました、池上彰氏のいうところの「相手に地図を渡す」というやり方です。

「ここで本題に入るよ、本題は○○がキーだよ」と言うことは、もうひとつ効用があるそうです。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いよいよ本題に入ったとき、特に本題の最初の部分では、雑談で温まってきた空気を冷ましたくありません。

しかし本題なので、きちんと主旨を伝えなければならない。そんなとき、相手の興味を引っ張りつつ、正確に伝えるにはどうすればいいのでしょうか?

まずその入口として挙げられるのは、「この話のポイントは3つあります」といった話全体の予告をすることです。

簡単にできるテクニックなのですが、その効果は絶大です。 「ポイントは○個あります」と言われると、相手の話を理解しようと聞く準備を始め、思わずメモを取りたくなってしまうのです。

安田正(著) 『超一流の雑談力
―――――――――――――――――――――★


本題に入る前に、相手に本題を聞く姿勢を作らせるための時間を取ってあげることで、本題にはいってから相手がしっかり聞いてくれる状態を作るわけですね。





■参考図書 『超一流の雑談力

2016年度ビジネス書大賞受賞作。

あたりさわりのない無意味な雑談ではなく、「意味のある雑談をすれば、仕事や人間関係が変わる」。そんなメッセージのもと、雑談力を高める方法を具体的、実践的に解説したのが本書です。

「仕事も人間関係も、すべてはコミュニケーションから始まるのに、「雑談」を大事にしている人が少ない。これは、とてももったいないことだと思う」。そんな著者のメッセージから生まれた本。

無自覚でやっていた話し方や聞き方のクセを指摘されて思わずハッとし、では「どう改善すべきか」を学ぶことができます。

たとえば、「声は、ドレミファソラシドの『ファ』か『ソ』」「『なるほどですね』『そうですね』は話を聞いていない人の反応」「『なぜですか?』は愚問」など、全38項目でそのテクニックを紹介していきます。さらに、日常で雑談力を鍛えるためのトレーニング方法も収録しており、初心者からある程度話し方に自信がある人まで、すぐに実践できるノウハウが詰まった一冊です。




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

超一流の雑談力
著者 :安田正
楽天では見つかりませんでした
超一流の雑談力
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 知らないことを聞くときには、関連する情報を付け加える
 最初に違いを言う
 緊張するプレゼンは最初に手を広げる
 「まばたき」をコントロールする
 名前を呼ぶと親密度が増す
 返事は「そうだよね」を使う
 説得術:無言で相手を誘導する方法
 目を見て話さない
 「姿勢反響」で上司から信頼を得る

●このテーマの関連図書


超一流の雑談力「超・実践編」

伝え方が9割

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール

雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール

まんがでわかる超一流の雑談力





■同じテーマの記事

forfilesで古いファイルを処理する

PC は使っていると、もう使わないようなファイルが溜まっていきます。フォルダの同期・バックアップ方法4:FireFileCopyを使って履歴バックアップするバックアップに書いたように、私は自分が編集したファイルは全てファイルを履歴付きで別フォルダにバックアップを取っています。過去10年近くに渡ってファイルが残っています。さらに、自分でツールを作るので、そのデバッグやバックトレーサビリティのために、それらのツールは、結構な量のログファイルを作ります。特に、自動的にバ..

Hyper-Anchor

ちょっと見つけたWebページで、「あ、これ面白そう」とおもってとっておこうとブックマークすることはよくあります。こんな時は、ブックマークに"working"というフォルダを作っていて、ここに保存してます。恒久的に使う可能性があれば、分類分けしたブックマークのフォルダに入れますが。あとで読むところが、ちょっと長いページだと、一体どこで何が気になったのか、しばらく経つと忘れてしまいます。こんな時は、「あとで読む」http://atode.cc/で自分宛にそのWebペ..

知らないことを聞くときには、関連する情報を付け加える

仕事上で話をしていて、自分の知らないことを相手が言ってきたような場合、「すみません、ってなんですか?」と聞くよりもいい方法があるそうです。聞き方にもポイントがあって、まずは聞き方自体の問題です。「すみません、って何ですか?」とストレートに聞くのでは、無知な印象を与えてしまうので、「勉強不足で恐縮なのですが、今おっしゃっていたというのは、どういうものなんでしょうか?××..

「マクラ」を使うと話がうまくなる

落語で一番最初に話す話題を「マクラ」というそうです。マクラ = 枕ですね。マクラの定石マクラの定石パターンはこんな感じ「お暑い中、いっぱいのお運びでありがとうございます。毎度ばかばかしいお笑いを一席申し上げます」これを分解すると「お暑い中」=時候/季節の挨拶「いっぱいのお運びで」=現在の状況「ありがとうございます」=現在の状況への感謝「お笑いを一席申し上げます」=これから話すことの概要となります。これから、相手を話に引き込むコツが見えてきます。こういうマ..

TIMTOWTDIメモ3:事前に考える癖をつける

前回、『すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!』の”「中島流」5分間考える段取り術”ができるようになるためのトレーニングステップをご紹介しました。・ステップ1:過去にやったことをメモにする・ステップ2:ルーチンワークをメモにする・ステップ3:メモを振り返って、変形バージョンを検討する・ステップ4:ルーチンワークで事前メモを作ってみるここまで、私の場合は大体2か..

自分の評価を知る方法

本日ご紹介するのは『社長は君のどこを見て評価を決めているのか?』という本。本書に「自分の評価を知る方法」が書いてありましたので、ご紹介して自分の経験についてお話したいと思います。経営者は社員を「2:6:2」に分類している経営者は社員をできる社員、まあまあの社員、ダメな社員に分けて見ています。組織の有名な法則で「 2:6:2 の法則]があり..

定型業務をカイゼンしなさい

業務を効率化するにあたり、ときどき「なにか勘違いしているなあ」と思える場面に出くわします。効率化とは、結果を変えずに投入工数を下げることです。決して単純に投入工数を下げることではありません。ま、そこは本題ではありませんが、この前提は強調しておきます。比較対象は「以前の工数」で、本題ですが、「投入工数を下げること」とはどうやって確認できるでしょうか?投入工数が下がったかどう..

オプションをチェックしなさい

PCを新調しました。買ったのは Dynabook の SSD モデル。****アマゾン****PCが新しくて、Windows環境が汚れていないせいもあると思いますが、めちゃめちゃ早くなりました。再起動も1分かかりません。ただ、Cドライブの容量が激減したので、貯めこんだデータをダイエットするのに苦労してますが。新しい PC なので、自分の都合のいい環境を再構築する必要があり、導入している各種アプリを Web から最新版を拾ってきて再インストー..

集団競技でマネジメントを考える

テレビで一番うそがないのはスポーツ番組である。試合そのものが八百長ならばそうともいえないが、八百長とわかりつつ観戦するなら、それもまた楽しみでもある。勝つことへの執着、駆け引き、そして、負けたときの残念さ、口惜しさなど、一緒になって喜び悲しむことができる。勝つにしても負けるにしても、そこに隠された人間ドラマもまた興味をそそる。絶叫型のアナウンスには辞易..

振り返りのコツは「予行結差学改」

人が成長するのに必要な最も大切なのは、経験です。どんなに本を読んでも、どんなに講習会に出たとしても、成長できるわけではなく、やっぱり経験しないと成長しません。しかし、じゃぁ経験年数の長い人が優秀かというと、そういうわけでもありません。何が違うかというと、振り返り学習をしたかにあるようです。さて、会議がある程度進んできたら、適度に振り返ることも大切です。「今までの件について、..

会議の宿題はアクションにする

「じゃ、本日は時間ですので、ここまでということで…」ウチの会社でもよくこういう終わり方をする会議があります。何が決まったんだ?と思うようなこともしばしば。会議の成果会議の目的にもよりますが、大抵の場合は、会議は開催することに意味はありません。その後に参加者または参加者の部下や同僚が何かのアクションを起こさなければ会社の成果にはつながりません。これはよく言われる「会議の目的を明らかにする」ことが大切なのですが、もう一つ大切なのは..



posted by 管理人 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座