2017年03月13日

風邪で休まない




ふつう、風邪を引いたら休みますよね。
まあ、仕方ありません。でも、もったいない

過去記事でも書いてますが、私は年休消化率は結構いいほうです(それでも100%とはいきませんが)。ただし、風邪みたいな病気で休んだことは、直近では記憶にありません。
※「体調不良」という言い訳を使ったりするのは、気が乗らなくて早退をするときに…

年休を取って何をしているかというと、遊びに行ったり、そこら辺をぶらぶらしたり、図書館にこもったりしてます。

■お休みは計画的に

基本的には、1ヶ月前くらいから「この日はお休み」と宣言して、予定通り休んでます。
※直前になって、どうしても休めなくなることも年に1〜2回。その時は、また別の日にお休みを移動します。

病気でお休みをすることほどもったいないことはない、と思ったりしています。
もちろん、避けられない病気もありますが、結構多くの人が休む理由が「風邪」。風邪なんか防げる病気です。風邪をひく事自体は防げないらしいですが、悪化させない工夫の仕方はいろいろあります。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●旅先で風邪をひく人はいない。帰って来て、気が緩んでからひくのだ。

旅行に行くと、風邪をひきませんか?
しかも、それは必ず、旅行から帰ってきてからではありませんか?
旅先がどんなに寒くても、旅先で風邪をひくことは、あまりありません。

それは潜伏期間があるからではありません。旅先では、緊張しているから風邪をひかないのです

帰ってきて、やれやれと気が緩んだ瞬間に、風邪をひくのです。

気が張っていれば、風邪をひかないのです。

体の問題だけではありません。熱海のタクシーの運転手さんに聞きました。

車を運転するプロのタクシーの運転手さんでも、交通事故に遭うことがあるそうです。

車に乗っている時間が長いのだから、それもわかります。

でも、お客さんを乗せている営業中には、まったくないそうです。営業時間外に、事故に遭うのです。

しかも事故に遭うのは、仕事に向かう行きではなく、仕事からの帰りです。

プロのドライバーでなくても、事故に遭うのは、たいてい帰り道です。

行きは気が張っていても、帰り道では気が緩むのです。旅先から帰る時に、風邪をひくのと同じです。

熱海の道は、運転するには、なかなか難しい道です。道が細く、海岸沿いに曲がりくねり、そのうえ、アップダウンがかなり激しい。曲がり角から、いきなり大型の観光バスが現れて、ヒヤリとします。

でも、そういうところでは、事故はほとんどないのです。

「どうしてこんな運転しやすい簡単な道で」というところで、事故は起こります。

難しい道や、危ない道では、運転する人の気が張っているからです。

簡単な道になると、急に気が緩むのです。そして、見通しのいい直線コースで事故に遭うのです。

対向車も、まさかこんなところでセンターラインをはみ出してくるとは思っていませんから、油断していて避けきれません。こうして大事故になるのです。

風邪は気の緩みでかかるのです。事故は、帰りの安全な道で起こるのです

明日のために:その 9 帰り道で、事故に遭わないように気をつけよう

中谷彰宏(著) 『会社で教えてくれない50のこと
―――――――――――――――――――――★


何かの本で、「人間は1年に2回位は風邪をひくものだ」ということを読んだ記憶があります(出典不明)。ただし、それが意識できるほどに悪化しないから、「風邪を引かない」んだそうな。

私もきっと風邪を引いているんでしょうけど、「○○は風邪を引かない」と吹聴してます。そのくらい風邪で休んだことがありません。

たとえば、結婚式のときに風邪でマスクをした新郎・新婦はまずいませんね。ましてや、「新郎、風邪のため結婚式延期」なんて多分ないのでは?
こんな大事なときに風邪なんてひいていられないわけですよ。

風邪を引かないためのケアはしっかりしないといけません。そんなことは社会人にかぎらず当然です。

それでも、気が緩むと状況は悪化するものですよ。

過去記事

 高名の木登り

でも書きましたが、高いところは登るより降りるほうが難しかったりします。




■参考図書 『会社で教えてくれない50のこと

仕事以外のことを学ばなければ、会社なんてつまらない!――同じ時刻の出勤、与えられた仕事、目の前の業務……。ただ何となく働くだけでは、会社では何も身につきません。アンテナの角度を変えてみましょう。会社は「膨大な教科書」へと生まれ変わります。チャンスの活かし方、人間関係の知恵、自分に何ができるのか、どうすれば成功できるのか……ヒントは、会社の中にある!

本書は「友達の間で“メリット”という言葉をやめよう」「“□□バカ”になろう」「効率の悪いことをしよう」「ペンとメモ用紙をポケットに入れておこう」「本屋さんで、友達を作ろう」「“ありがとう”の代わりに“面白かった”と言おう」「自分も他人もフルネームで紹介しよう」など、組織の中で自分の可能性を伸ばすためのヒント集。「教えてくれないことこそ、一番大切なこと」と語る著者が充実“社会人”生活の秘訣を紹介します。仕事もプライベートももっと楽しくなる一冊!




◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

会社で教えてくれない50のこと
著者 :中谷彰宏
楽天では見つかりませんでしたDMMでは見つかりませんでした



●このテーマの関連図書


自分を変える超時間術

昨日の自分にこだわらない一歩踏み出す5つの考え方

なぜあの人は2時間早く帰れるのか

出会いに恵まれる女性がしている63のこと

学校で教えてくれない50のこと

成功体質になる50の方法





■同じテーマの記事

良い有給休暇・悪い有給休暇のとり方

有給休暇はサラリーマンの権利です。最近はウチの会社では部門ごとに有給休暇消化率を調査されて、消化率が悪いと人事から「おしかり」を受けることも。仕方がないので、年間の有給休暇予定を Excel で書き込んでもらって計画的に休むような管理をしたりしています。本日は、病気・事故などの緊急時ではない有給休暇の取り方について、ちょっと考えてみたいと思います。悪い有給休暇のとり方有給休暇を取れない理由としてよくあげられるのが・仕事が忙しい・タイミングがとれない(欠席できない..

情報開示はどこまで必要か

よく「当社はフラットな組織を目指しています」みたいなお話を聞く機会があります。何を持って「フラット」と言うかはよくわかりません。だってその会社には、社長役員部長課長係長その他大勢というちゃんとしたヒエラルキーがあります。フラットというのなら、社長その他大勢になっているかというと、10人規模の会社ならそうでしょうけど、100人規模、1000人規模でそんなことができるわけがない..

会社で生きることを決めた君へ_3

久しぶりにビジネス書のご紹介。『会社で生きることを決めた君へ』結構有名になった本なのでご存じの方も多いかと。相変わらず長文のコメントなので、また複数回に分けてご紹介します。本日は、要約(というには長文ですが)をお送りします。::と書いてみましたが、長すぎるので、要約を3回にわたって分割してお送りします。本日は要約の第2回目です。要約部下としてそりの合わない上司に対するものはつらいものだ。それでうまくやれる方法がある。具..

時間価値倍増法

三浦雄一郎さんが世界最高齢でエベレスト登頂に成功されましたね。本当におめでとうございます。草葉の陰からお祝いを申し上げます…。三浦氏は・1964年イタリアのスキー大会で日本人として初めて参加し、時速172.084キロの当時の世界記録を樹立。・1966年、富士山直滑降。・1970年にはエベレスト・サウスコル8000メートル世界最高地点からのスキー滑降を成し遂げ、その記録映画でアカデミー賞受賞・1980年代に入ってからも世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成とまぁ..

特別な日を作る

実は、毎月1回は強制年休の日を作ってます。別になにか特別な用事があるわけではないですが、スケジューラには、毎月何処かに今日はお休みと書いてあって、スケジュールが完全に予約されちゃってます。大体会社に勤めていれば、年間15〜30日の年休(有給休暇)がもらえます。でも、多くの人は、消化しきれないのではないでしょうか。わたしも、大分余らせるクチですが、最低でも年間12日は消費しようと、毎月強制的にお休みの日を作ってます。..

長期休暇でリフレッシュする3:休暇明けのスタートアップ準備

連続したお休み(長期休暇)というのは楽しみなものなのですが、日本人はこういう長期休暇の楽しみ方がヘタだそうです。私は以前やりすぎて体調を崩してからは、こうした長期休暇を意識するようになりました。前回の記事で、長期休暇の作り方、リラクゼーションの方法などについて、いま意識していることをご紹介しましたので、本日は、仕事への復帰方法について。連休の最後の日は仕事のリハビリをするあまり休みが長いと、仕事に戻った時に「何をしていたっけ?」になってしまいます。ですので、連休最後..

長期休暇でリフレッシュする2:仕事を忘れてリラックスする

連続したお休み(長期休暇)というのは楽しみなものなのですが、日本人はこういう長期休暇の楽しみ方がヘタだそうです。私は以前やりすぎて体調を崩してからは、こうした長期休暇を意識するようになりました。前回の記事では、どうやって休暇の期間を長くするのかについて書きましたので、本日はどうやってリフレッシュするかについて、私が気をつけていることをご紹介します。リラックスモードを強制する(82)..

長期休暇でリフレッシュする1:長期休暇を自分だけ長くする

連続したお休み(長期休暇)というのは楽しみなものなのですが、日本人はこういう長期休暇の楽しみ方がヘタだそうです。私は以前に体調を崩してからは、こうした長期休暇を意識するようになりました。余暇の4パターン以下は日経Bizカレッジからの引用まず、人間の生体リズムと社会的リズムに基づく「レジャーのパターン」を整理しておきます。これらのパターンを知ることが、質の高いレジャーを実現す..

会社で生きることを決めた君へ 詳細要約 ●強いチームを作る

強いチームを作る「リーダーにいちばん必要な能カは決断力だ」と言う人がいるが、決断力を発揮する前にまず大切なのは、現実を正しく把握すること。リーダーの仕事は、その組織を構成するメンバーのパフォーマンスの和を最大限に持って行くことなのである。メンバーの強みの部分だけを集めて、弱みについてはほかのメンバーにフオローさせることによって隠していく。これができるリーダーは、部下を育てながら、常に結果を残し続けることができる。「自分の意思がなかなか部下に浸透し..

つっこみを入れると論理強度がわかる

話をしていて「コイツ、論理破綻してるな〜」と感じることがよくあります。ところが、それがすぐにわからないものもあるし、それが見抜けていない人もいます。人それぞれ。こういうことに気がつけるようになるには、どうすればいいのでしょうか?洞察力を鍛えるとか、論理図解が出来るようになるとか、いろいろ方法はあるのですが(過去記事でも幾つか紹介してます)、テレビでもよく見かける方法があります。漫才です。ボケとツッコミ漫才は、片方が論理的におか..



posted by 管理人 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447803543

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座