2017年03月23日

上達のコツは続けること、続けるコツは続けること



このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてからなんと5年が過ぎました。
その間、シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤を始めたり、メルマガを始めたりと、我ながらよく続いたなぁ、と思ってしまいます。

以前は自己評価では「3日坊主」だと思っていたのですが、驚いたことに、ほぼ毎日記事を書くことができています。
※公開作業は平日にはやれないので、土日にまとめて5記事をアップする方法を取ってますが。

案外、やってみればできるのかも、ですね。



■続けるコツ


もちろん、10年15年と続けている人からみればまだまだですし、もともとの出発点が低いので、書いているレベルも遥かに低いのですが、それでも5年、続けられたということで、この5年間で得た、続けるコツについて、自分なりの感じたことについて、ご紹介したいと思います。

続けるコツは、ひとことで言ってしまえば、「続けること」です

たとえば、絵が下手くそな人でも、1000枚、2000枚と描いていれば、それなりにうまくなりますし、自分のスタイルが出来上がります。1万枚もかけば、それなりにイッパシになるんじゃないでしょうか。それなりに洗練されていくように考えます。

だからといって、ピカソやゴッホのようになれるかどうかは別物です。

最初からアクセス数が数千・数万もいくようにな記事を書ける人は少なからずいます。そういう人たちの自叙伝みたいなのもたくさん公開されてます。それを読んで、そこに書いてあるとおりにしても、たぶん同じ結果は出ません。

そういう本や記事を読んで理解できたとしても、やれるかどうかは別物で、そういう一部の人達と同じことができないからダメだ、と思うとやっぱり続かないんですよ。

そうではなく、ただひたすら「やること」自身にフォーカスしていれば、続きます。

イマドキのマネジメント手法として、「成果にフォーカスしなさい」はよく言われることだし、自分もそれが重要だとは思います。Doすることに意味はなく、Doした結果なにが得られるのかが重要です。

それでも、Doしないことにはなにも得られません

どんなことでも、続けていれば続けていない人よりもその能力は強化されていきます。
絶対値として高くなるかどうかは出発点と成長の傾きによりますが、それでも続けていれば、そのうち追い越すこともあるでしょう。でもやらなくなっちゃったらもう成長することはありえません。

だから、「続ける」というコツは、続けてみることだと考えます。
たとえそれが結果が当初イメージしたとおりにならなくても。




■上達するコツは続けること


「なにか」がうまくなりたい、もっと上手にできるようになりたい、と思うなら、下手くそでいいのでその「なにか」をやり続けることだとお思います。

戦略的に学ぶ方法というのはいろいろな書籍があります。
私がバイブル的に扱っているのは『20時間で習得できる』っていう本もあります。その他にも同じジャンルの本は少なくありません。

それが上達の近道なのであればいいのですが、コツは本ではわかりません。ましてやこんな記事ではわからないと思います。
正確言うと本を読めば書いてあります(頭には入る)けど、それが使えるようにはなりません。

上達のコツは続けてみて、繰り返しやってみて初めて分かるのですよ。

飽きたらやめればいい、と思ってます。仕事じゃぁそうは行きませんが、仕事では結果が求められるので、結果を求めずに、ただひたすら続けてみることがあってもいいのじゃないかな?、と思ってたりします。

もちろん、創意工夫もなく、ただの精神修行として続けるのは、たんなる罰ゲームなので、続かないと思いますが。
「こうしたらどうだろう」「ちょっとこれをやってみよう」とか思っているうちに5年くらいすぐに経ちますよ。きっと。



■同じテーマの記事

リーダーシップとは芸術だぁ!

『リーダーシップ・チャレンジ』という本があります。初版発行(1987)から約30年を経過するロングセラーの一冊で、2014年に第5版が発行されています。今日語られているリーダーシップに関することはほぼここに書いてあります。おそらく、「リーダーシップ」に関する著作を持っている人は、何らかの形で影響されているのではないかと思えるような古典的正統派の「リーダーシップ論」です。多くの「リーダーシップ」本で語られているとおり、「リーダーシップ..

日記を書く理由、日誌を書いたほうがいい理由

私はほぼ毎日、日誌をつけてます。日記ではなく日誌。ここには結構こだわりがあったりします。辞書で調べてみると、「日記」の項には「毎日の出来事や感想などを書いた記録。日誌。と書かれていて、日誌と日記はほぼ同じようなものみたいなのですが、たとえば、「航海日誌」は「航海日記」とはいいませんよね。違いは、事実を書くか、感想(印象)を書くかの違いではないかと考えてます。確かに、私は日誌に「あのヤロー、気に入らね〜」みたいに感想(?)を書くことも少なくありませんが、基..

上達のコツは続けること、続けるコツは続けること

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてからなんと5年が過ぎました。その間、シゴトコンパス〜サラリーマンの仕事の羅針盤を始めたり、メルマガを始めたりと、我ながらよく続いたなぁ、と思ってしまいます。以前は自己評価では「3日坊主」だと思っていたのですが、驚いたことに、ほぼ毎日記事を書くことができています。※公開作業は平日にはやれないので、土日にまとめて5記事をアップする方法を取ってますが。案外、やってみればできるのかも、ですね。続けるコツもちろん、10年15年と..

記憶術:休み休み、繰り返し

どうも脳は繰り返し考えたことは記憶に残るようになっているそうです。出し入れすることで記憶力が強化される考えてみれば、会社に入るまでは、その業界のことなんてほとんど知りません。それなのに1年もすると、その業界でどんな会社があって、それぞれの特徴はどんなことなのかなんて、いちいち手帳を見たりしなくてもスラスラいえますよね。極端な話、あなたの上司の名前、別に考えるまでもでてきますよね。脳は繰り返し、出したり入れたりした情報をちゃんと..

マイナス言葉を言い換える

過去記事で、何度か「禁句集」というのを書いてます。「したいと思います」は禁句「だいたい君はいつも」は禁句言ってはいけない言葉この理由についても、それぞれの記事を参照していただければいいですが、この禁句のなかで、マイナス言葉というものがあります。マイナス言葉マイナス言葉を言い直せ「言い直し言葉」を使う習慣をつけましょう。何度かふれた中村天風は、言葉の力を非常に重視しました..

ピントを外してストレスから逃げる

たとえば、誰かから理不尽な叱責を受けているとかの状態を想像してみてください。たぶん、相手を凝視していることでしょう。あるいは、何か起こって暴れまわっている人いて、自分にも危害が及びそうな状態。ぼんやり周りを見回していることはありませんよね。もちろん、危険を回避する上では重要な反応なのですが、それが長時間継続するとそのストレスでやられてしまうことが往々にしてあります。長時間労働もウツの原因になりますが、問題や自分を攻撃してくる人と..

日記を書く理由、日誌を書いたほうがいい理由

私はほぼ毎日、日誌をつけてます。日記ではなく日誌。ここには結構こだわりがあったりします。辞書で調べてみると、「日記」の項には「毎日の出来事や感想などを書いた記録。日誌。と書かれていて、日誌と日記はほぼ同じようなものみたいなのですが、たとえば、「航海日誌」は「航海日記」とはいいませんよね。違いは、事実を書くか、感想(印象)を書くかの違いではないかと考えてます。確かに、私は日誌に「あのヤロー、気に入らね〜」みたいに感想(?)を書くことも少なくありませんが、基本的には、あ..

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:時間を記録し分析しなさい

時間管理で失敗する原因というのはいくつかあります。原因がわかれば対策のしようもあるのですが、自分が原因でない割り込み仕事や浪費はなかなか改善できません。割り込み自体を減らすことは難しいのですが、その割り込みを受け付けるかどうかは自分の行為として判断可能です。代表例として電話があります。電話はこちらの都合にかかわらず、いきなり「最優先で対応してくれ!」と言っているのと同じ。放置するわけにも行かないので出ると、ちょっとした要件プラス..

会話の技術:話が盛り下がっても頓着しない

中途社員がはいってきたり、新人が配属されたり、あるいは配置転換があったりして、組織の構成員が変わると、たいていはまず「歓迎宴会でもしよっか」となります。上司があまり飲み会の場とかが好きではないと、こういうのが遠ざかりますが、まあ、どこの職場でも1年に数回は、職場の飲み会というのがあるのではないでしょうか。話が盛り下がる職場に気の合った人がいれば問題ないですが、新人と同席になった、上司と差し向かいになった、などとなると案外話が弾..



posted by 管理人 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448127174

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座