2019年08月12日

日記を書く理由、日誌を書いたほうがいい理由



私はほぼ毎日、をつけてます。ではなく
ここには結構こだわりがあったりします。

辞書で調べてみると、「日記」の項には

 「毎日の出来事や感想などを書いた記録。日誌。

と書かれていて、日誌と日記はほぼ同じようなものみたいなのですが、たとえば、「航海日誌」は「航海日記」とはいいませんよね。

違いは、事実を書くか、感想(印象)を書くかの違いではないかと考えてます。

確かに、私は日誌に「あのヤロー、気に入らね〜」みたいに感想(?)を書くことも少なくありませんが、基本的には、あった事実をそのまま書くようにしています。

たとえば、「○○さんの発言の主旨は×××××」と書くことはなくて、

 ○○さん:××が△△で◎◎なので、☆☆です

というふうに、発言そのものを書きます。要約や言い換えは一切しません。聞き取れなかった所、書くのが追いつかなかった所は、追加事項として「まとめ」部分に書きます。

なので、上記の発言に追いつけなかったときには

 ○○さん:××が△△で◎◎〜〜〜
 ※結論としては「☆☆」

みたいに書かれてます


■脳は都合よく事実を変えてしまう


日誌として発生した事実をすべて書き出すのは、事実を客観的に見つめるためでもあります。

人間は、情報を自分の都合のいいように解釈してしまう癖があります。

たとえば、

 ・上司に褒められた
 ・上司に小言を言われた

これが1日に1回づつあったとしたら、

 ・オレってやっぱりすごく評価されてる!?
 ・オレってダメダメだよな〜

どっちに傾くでしょうか?

おなじ1回づつなのに、多分どちらかに偏って考えるのではないでしょうか。
※私は、「ダメダメ」側です…

人間が判断を誤るのは、こういう恣意的な情報の取捨選択にあります。

一旦認識にバイアスがかかってしまうと、「上司がこっちを見た」が「いつもオレを睨んでる」「オレを監視している」に変換されてしまいます。

■日記を書く理由


「日記を書く」という行為は「自分の感じたことを文字にする」ことで、自分の感情を論理化する効果があると思ってます。

私のストレス解消法のひとつでもありますし、イメージを言語化するという論理トレーニングの一環でもあります。

これを記録に残しておくことで、あとで「この頃こんなことを考えていた」「こんな風に悩んでいた」という振り返りにもなります。

それと、毎日続けると、「オレって継続力あるじゃん」と思えたりして、ちょっと自己満足ができる。

■日誌を書いたほうがいい理由


一方で日誌は、事実だけにフォーカスします。
どう感じたのかは二の次です。

これは、実は日記より簡単です。
あったことをそのまま書くだけなので。

そして、上記のように「バイアスをかけない」情報になります。
人間は頭のなかにおいておくと、不要な情報をどんどん消していきます。

「不要」「必要」の判断は、その人がどのくらい重要と思っているかに依存します。

さらに悪いのは、情報にイメージ(感じたこと)を追加してしまう、という点です。
記憶した時点から時間が経つと、同じものを見た人でも違うことを言うはめになるのはそのためですね。

このため、事実を事実のまま書くというのは、自分というフィルターを除いて、物事を客観的に見るための訓練でもあります。

トラブルを上司に報告するときもそうなのですが、観測された事実なのか、自分のイメージなのかを分けて報告できないと、判断を間違えます。日誌を書くのが下手な人は、まずここができてません(経験値)。

まずは日誌を書くことから始めてみると、ちょっと仕事ができるひとになれたりするかもしれません。

■同じテーマの記事

電車に乗ったら奥に行く

電車に乗った時にどこに行きますか?私の感覚だと、出入り口で立ち止まる人が多いですね。電車は奥のほうが空いている逆に言うと、電車の奥のほうというのは、みんな行きたがらないんです。相対的には空いてます。通勤中に本を読んだり、何かしようと思うならぎゅうぎゅう詰めのところより、人と人の間が少しでも空いている方が楽です。当たり前ですが。おそらく多くの人は、電車が目的の駅に停まったらすぐ降りられるように出入り口に立ち止まるのでしょうけど、出入り口近くにいても、改札ま..

新人のOJTにはノートが効く

新人が配属されて、その教育係に指名されたときに、何をしようと思いますか?多分、会社によりいろいろでしょうけど、自分が一番気に入っているやり方は、ノートを書いてもらって、それをチェックするというやり方。業務指導にはフィードバックが必要通常、製造の仕事は、作業手順を決める人が手順書を作り、その手順書を見せながら、実際に作業者に作業をしてもらって、それをチェックするというやり方をします。つまり、作業方法を決める人が作業..

タスクの分割と自動化

やるべきことはタスクリストに書き出して、それをいつもメンテナンスしていると、「さて、次は何をしようか」と考える時間がなくなり、やるべきことを忘れることもなくなり、仕事をする上でストレスがなくなります。昔の仕事はシンプルだった。その仕事が終わっているのか、終わっていないならどれぐらい片利いたのか、だれが見てもすぐにわかった。そこに 100 本のネジが積まれていれば仕事は終わって..

パスワードを作成・管理する方法2:強度の高いパスワードの作り方

最近は個人情報の流出問題がかしましいですね。PCであれ、Webサービスであれ、携帯電話であれ、どれもこれもパスワード、パスワード、パスワード。それぞれ毎に違うパスワードをつけていれば、安全安心と言われますが、そんな10個も20個も憶えられるはずがありません。特に私の会社では、10文字以上で大文字小文字と数字を含むものにした上で3ヶ月毎に変更しなさい、過去に使ったものと似ているものはダメ。とか言われて、自動チェックが入って、この規格に合わないとパスワード変更を受け付けて..

整理をしない整理の方法

仕事の効率化の基本は整理・整頓です。私は基本的にこれができていない人で仕事が出来るという人を見たことがありません。逆に言うと、整理・整頓ができてない人に対して仕事が出来る奴とは認めないというだけなのかもしれませんが。整理整頓には努力がいる何もせずにいつも片付いている人というのは、仕事自体がない場合にしか起きません。仕事なので、常時何かしらの情報(物理的なもの、電子的なものを含め)が入ってきて、それを別の形にして別の人にアウトプットします。こうして..

万善簿

万善簿廣瀬淡窓という人物をごぞんじでしょうか?幕末の人物で、現在の大分県のひとです。ちなみにその子孫が現大分県知事広瀬勝貞氏。この人は、幕末の私塾のひとつ咸宜園(かんぎえん)を開いた方でして、ここの出身者では靖国神社の銅像として知られる大村益次郎蘭学者の高野長英日本初の写真家、上野彦馬といった著名人を輩出してます。塾生だけで4000人以上いたそうです。このひとが面白いことをやってました。それが、「万善簿」というもの。大したものではありませんが、その..

posted by 管理人 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座