2018年07月02日

部下からの不平不満は上司の勲章


課長のルール』という書籍から。

★P71〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●部下に嫌われることを恐れるな
誰だって人から嫌われたくはありません。

部下とも末長く仲良くやっていきたいものなのですが、最近の若い世代は少々事情が許さなくなってきているようです。
 :
 :(中略)
 :
おそらく部下に気を遣って気が引ける場面も多いことでしよう。しかし、部下に遠慮するのは絶対に禁物です(変に高圧的になってもだめですが)。

さらにちよっと反論されたぐらいで感情的になってもいけません。「価値と行為の切り離し」「手段と目的を取り違えないこと」が大事です。

嫌われたくないあまりに、部下に「迎合する」のは最もダメな行為と認識してください。部下から「いい課長」と思われようとする姿勢が、あなたの指示をあいまいで中途半端なものにしてしまうからです。

また、あなたは、部下の不満や反論を避けようとするあまり、会社や経営者の方針、あるいは会社や経営者そのもののせいにすることはないでしようか。それも今すぐ止めてください。
 :
 :(中略)
 :
また、ソフトな姿勢は OK であっても、部下になめられてはいけません。
私たちはまだ力リスマ課長や、信頼関係を十分に築いた立派な課長ではないかもしれません。

そもそも部下よりそれほど優秀ではない場合もあるでしようし、社長のような強大な権限などもたない一(いち)課長にすぎません。

それでも、上司である以上、目的のために部下に指示を出し続なければいけない立場であることは間違いありません。

であればマインドを変えることです。

部下からの「不平不満は大歓迎、悪口は勲章、嫌われることは仕事の 1 つで自分の定款の範囲内」これくらい大きく構えて普段から堂々と部下と接するように心がけてください。

吉江勝(著) 『課長のルール
―――――――――――――――――――――★


なかなか厳しい内容ですが、「長」のつく立場になったら、「これをモットーとするべし」と考えます。


■上司はスーパーマンではない


あなたが新入社員だった頃、課長や部長はとんでもなくレベルの高い人に見えたでしょう。大勢の前で何年も先のビジョンを語り、ちょっと怖い先輩も「ダメだろう!」って叱る。大勢の部下に仕事を言いつけてやらせる。それぞれの部下の進捗に対して、それぞれに合わせてコメントをする。

すごく博識なんだな〜とか、いろいろ驚きでした。

それが、数年経つと、「なんだこんなもんか…」って思うようになります(経験談)。

で、自分が上司と呼ばれる立場に立ってみると、部下だった昨日までと何かが変わったわけじゃあありません。

でも、自分に部下が付き、チームミーティングなどを仕切って、業務進捗を聞いてコメントをしなければいけません。勤務態度について叱ったりしないといけない場合もあります。

それが管理職の役割なんです。

こういうことをすると、いままで友達付き合いだった現在の部下とは壁ができます。

 「おう、○○。ちょっと飲みに行こうぜ!」

的な付き合いはすぐに無くなります。逆に、こっちをチラ見しながらヒソヒソ話をしている、なんてことに気がつく時もあります。

「感じ悪いなぁ」と思っても、仕方ありません。それが役割(仕事)なので。



■参考図書 『課長のルール





立ち読みできます立ち読み可
課長になる、または課長になったあなたはそんな不安でいっぱいかもしれません。

しかし!

課長という仕事は大変なことだけではありません。本書では上司・部下との付き合い方はもちろんこれからますます重要となるコンプライアンス問題、クレームや社内トラブルまでこれからの課長に求められる心得や対処法が満載です!

これまでに3回の課長経験を持つ著者のとびきり使えるエッセンスであなたも課長職をイキイキと楽しくこなしてください!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

課長のルール
著者 :吉江勝

課長のルール
検索 :最安値検索

課長のルール
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 年下の上司には最敬礼で接する
 自分ならこうする
 会議におけるファシリテーターの役割とは
 引き継ぎをする
 必ず手帳をチェックする時間を決めておく
 通勤どこでも仕事術:本は電車にのる前に出しておく
 リーダーシップとは芸術だぁ!
 図解のコツ2:単語を抜き出す
 図解のコツ1:カタマリを作る
 習慣を改める習慣をつける

●このテーマの関連図書


新版はじめての課長の教科書

結果が出ない課長のやるべき4つの仕事

あたりまえだけどなかなかできない係長・主任のルール(アスカビジネス)

管理職の心得―リーダーシップを立体的に鍛える

1冊ですべてわかる課長のキホン

リーダーにとって大切なことは、すべて課長時代に学べるはじめて部下を持…



■同じテーマの記事

10分会議をする

会議の時間って、だいたい、13:00〜14:00みたいに、ちょうどの時間から、次のちょうどの時間までっていうものが多いですね。なぜなんだろう?過去記事でもご紹介しましたが、私は中途半端な時間から始めるのが結構好きです。「13:27〜13:43」なんてスケジュールを入れます。当然会議としては「お?」と思うので、印象に残って皆さんちゃんと出席してくれます。会議ばかりで自分の仕事をする時間がない、と問題意識を持ちながら、ち..

Excelで入力ミスを減らして効率化する方法

Excelでデータを入力するというのはよくやる仕事。一つひとつのセルに、細かなデータを大量に入力するのは手間が掛かるしミスも起きます。入力方法をひと工夫すれば、仕事が早く終わること請け合い。本日はそんなちょっとした工夫のご紹介。入力を始めるのではなくフォーマットを作るたいていの人は、Excel でいくつも乗せるにデータを入力するとき、データの打ち込みか始めます。で、数字を入力しようとしたら日本語入力が ON になっていた、日本語入力をしようとしたら直接入..

会議のテーマ

「会議が多すぎて仕事が進まない」古今東西、サラリーマンの悩みのひとつなのかもしれません。今日は効率的に会議に出るためのヒント。スケジュールを2段に分ける手帳に時間ごとに会議の計画やタスクを書き出して見える方も多いと思います。私の場合は、会社ではアウトルックをスケジュール管理システムとして使っているので、朝出勤したら、アウトルックで今日1日の計画を印刷して持ち歩いてます。スケジュール帳でもそうですが大体の場合は右側に時間が30分〜1時間単位で書いてあって..

シグネチャは切り替えて使う

メールを見ていて時々思うのですが、メールの最後に自分のメールアドレスやら会社住所やらを書いているかがた見えますね。「シグネチャ」っていうらしいのですが、あれはいるのかな?と疑問になるときがあります。疑問というか、はっきり言って邪魔。元メールを引用する最近は、元になったメールを自分のメールの下に全文そのままつけて送るのが普通になりました。昔はダイアルアップでネットに繋ぐのが普通だったので1バイトあたりの通信費という概念が結構あって、「引用は最小限に抑える..

リーダーになれないなら事務局になる

リーダーになりたくてもなれない年齢が30台になってくると、何かと他の人達の取りまとめを頼まれる機会が多くなります。多くの管理職は、次の管理職を育成する義務があるので、管理職候補としてまずはなにかの小さなプロジェクトをやって、マネジメント能力やリーダーシップ能力を見ようとします。その結果、ある程度の年齢になると、取りまとめ役を頂戴する機会が増えるわけです。ところが、少人数のグループだと不幸なことが起きます。若い人が入ってこないの..

フォルダの同期・バックアップ方法3:zcopyを使う

最近の Windows ではあまりなくなりましたが、以前の Windows では、突然ファイルが破損して、何日もかけて作ってきたファイルが一瞬にしてパア、なんてことがよくありました。また、Windows のせいだけではなく、誤操作や誤判断でファイルを消してしまう、なんてことも時々あります。人間だからミスはするさ…、フッ………などと言ってみても、内心は呆然。という時のために、バックアップを作るようにしてます。ただ、手動でバックアップをすると、手間でもあるし、つい忘れて..

posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座