2019年11月18日

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:能力以上の成果を出す目標の建て方

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●「能力以上の成果」を引き出す「目標の立て方」
「よい目標」を設定するというのは、簡単なことではない。「よい目標」とは、やる気を起こさせると同時に、その行動の方向づけをしてくれる。

そういう目標を設定するためには、次のような条件が守られなければならない。

◇自分自身の目標であること。
自分のために設定した目標なら、やり遂げる可能性は大きい。上司や友人、仕事仲間から押しつけられた目標ではダメだということではないが、自分で考え、自分で決定をくだす場合には、大いにやる気も高まるはずである。

したがって、与えられた目標であっても、できる限りそれを自分のものとすることである


他人の意見は進んで聞くべきではあるが、最終的には自分で考え、自分で決めなければならない

目標が自分自身のものとなっていればいるほど、その達成に対する意欲は高まる。

◇目標は書きとめること。
ほとんどの人が、目標を書きとめることなど不要だと思っている。きちんと頭にはいっているから書きとめても書きとめなくても関係ない、と言う。しかし、それは間違っている。目標を書きとめる目的は、それらを明確にすることである。目標を書くと、それに打ちこむようになる。

そして、打ちこめば打ちこむほど、目標が身近なものになっていく。

目標を書きとめることには、また別の利点がある。

まず、こまごました日課や忙しさにまぎれて忘れてしまう危険がない。また、目標が書きだされていると、それらをいくつか一緒にまとめたり、相互の矛盾を見出し解決することも容易になる。

いずれにしろ時間を有効に使いたいと本気で思うなら、自分の目標をきちんと書きとめなければならない

―――――――――――――――――――――★



★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇実際的で達成可能な目標であること。
目標を達成することは、それを達成する第一歩である。実際的でなかったり、達成不可能なものは、目標にはならない。

幻想、自昼夢、憧れ、善意、一般論、そういうものは目標にはならない

といってもそれは、目標を低く設定せよということではない。

目標は自分を伸ばし成長させるものでなければならない。挑戦に値するものでなければならない

しかし、同時に、達成が可能でなければならない

意欲をそそるとともに、手が届く程度のレペルに設定することである。

一般には、目標は低いよりも高いほうがやる気をそそられる。

しかし、あまり高すぎると、到底実現不可能だと思ってしまい、とりかかろうともしなくなる。

達成可能な線をはっきり決めることは難しい。

結局は、それぞれの人や組織が、ほんとうに達成可能なのは何かを判断し、決めるほかはない。歴史をふり返っても、「達成不可能な目標」を達成しようとした人たちの例でいっばいである。

その目標が自分にふさわしく筋が通っていると思えたら、たぶんそれは達成可能である。

ただ、楽観しすぎて、短期間にやたらにたくさんの目標を掲げることはやめたほうがいい。

◇具体的で測定可能な目標であること。
暖昧な言葉で述べられた目標では、向かうべき方向がはっきりしない。

いつ、どこへ向かって進んでいったらよいのか、正確にはわからない。

たとえば、アルバイトの入れ替わりの激しさに困惑したマネジャーが、目標をこう設定したとする。

 「アルバイトの入れ替わりを減らすこと」。

意図は悪くないが、目標としてはこう言いたい。

 「アルバイトの入れ替わりを 6 カ月で 45% から 25% 減らすこと」。

これなら、具体的で測定可能である。

目標は、できるものはいつでも数字にすることである。

目標が数字にできない場合は、間接的な測定法を試みる。

直接的にも間接的にも数量化できない場合は、進行具合を主観的に判断するほかはない。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◇目標には期限を設けること。
目標達成の期限を切ることは、やる気、活動意欲、行動力を高める。期限のない目標は、すぐに、日々の雑事にまぎれて白昼夢と化す。

周囲の事情が変わったら、目標の段階ごとに、期限を調整し直すことである。

各段階の目標が達成されるごとに、達成したという満足感を得て、一段上の目標も必ず達成できるという自信が強まる。

◇相互に矛盾のない目標であること。
目標は、相互に矛盾のないものでなければならない。

そうでなければ、一つの目標に向かって努力することが、もう一つの目標と正反対のことにもなりかねない。あげくに、どの目漂を追求したらよいかと迷い、決断がつかずに、結局何ひとつ手をつけずに終わることもある。


メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★



★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

以上の六つの条件に照らし合わせることによって、誰でも目標をより明確にすることができる。

目標がこの条件を満たしていればいるほど、それは時間の使い方に対して一定の方向と目的を与えてくれるはずである。

目標を書きとめることはひとつの技術であることを忘れないこと。

どんな技術も実践で生かされるものである。

まず手はじめに、30 日間の主だった目標を書きだしてみることである。

そのひとつひとつを右の条件と比べ、明確な言葉で書かれているかどうかを確かめる。

それから、それぞれの月の目標を分割する。

まず、月の第一週の目標を見てみよう。週の目標のひとつひとつを達成するのに必要な時間はどれくらいかを見積もる。

その見積りができたら、全部で一週間にどれだけの時間が必要かを知るために見積り時間を合計する。

常に、最低の必要時間を見積もることである。

といってもそれは、最低時間で目標が達成できるはずだということではない。それは出発点を教えてくれるのである。

実際には、それ以上の時間が必要なことはあっても、最低時間より少なくてすむということはあまりない。

ともあれ、時間の見積りを記録する。のちに出てくる練習間題との比較に役立つはずである。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
―――――――――――――――――――――★



■参考図書 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック




「ハイ」と返事をしてもやらない、「その場しのぎ」の仕事をする、優先順位がメチャクチャ…なぜ仕事ができない人は「習慣的」に時間をムダにするのか?1980年の刊行以来、時間管理と仕事の進め方のコツを伝授する名著としてアメリカで読み継がれてきた超ロングセラーが登場。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
著者 :メリル・E・ダグラス

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
検索 :最安値検索

「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 優先順位を正確に意識する
 良かったことほど分析する
 ネットサーフィン記録
 ドラッカー:リーダーシップ力診断
 必勝の時間攻略法
 大量に書くメモを一元管理する方法
 タスクの完了数
 ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:時間を記録し分析しなさい
 時間を測定する
 プレゼン資料作成技術:色を使い分ける

●このテーマの関連図書


脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術

勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術

「先延ばし」にしない技術

50歳からの勉強法―自分の夢が実現する!

一瞬で恐怖を消す技術~恐怖を力に変える7つのステップ~

面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略



■関連する記事

優先順位を正確に意識する

優先順位って簡単な言葉で説明できますか? 仕事をする上で、たったひとつのタスクしかない状態はありません。たいていは、アレもしなきゃ、これもしなきゃ、状態で、「から手を付けよう」と決めてかかりますよね。上司からも「を優先してやってくれ」と言われたことも多いと思いますが、本当に優先してますか?優先事項があるときは他の仕事をしてはいけない単純に言えば、優先順位をつけるというのは、その第1番目のことが終わらなければ..

良かったことほど分析する

個人であれ、組織であれ、重要なことはおきたことから教訓を得て教訓から次の行動を帰ることです。それをしなかったら、おそらく成功はしないでしょうし、成長もしないでしょう。そういう意味で、振り返りはとても大切だと思っているのですが、どうも「振り返り会」をすると、ほぼ「反省会」になっちゃう。失敗したこと、うまく行かなかったことはもちろん、同じ失敗を繰り返さないように工夫しないといけないのは確かですが、反省ばかりしていると、そのうち..

ネットサーフィン記録

よくこの記事でもご紹介するのですが、私はちょっと何か調べ物をするときに、関連する用語や現在の動向を調べるためにインターネットを使用します。おそらく最近は、あなたも辞書をひくとか辞典を開くということが少なくなったのではないでしょうか。同じ調べ物を何度もする先週フリック入力練習で、スマホやタブレットPCの入力練習ソフトをご紹介しましたが、こういうのは意外と時間がかかります。探す→よさげなアプリを見つける→ネットで評判を見る→使ってみる..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役..

必勝の時間攻略法

古い本ですが、過去記事でも何度も取り上げた本の要約をご紹介します。『脳を活かす!必勝の時間攻略法』は、副題として「1日を26時間に増やす35の鉄則」とされています。その通り、灘高→東大、元NHKアナウンサーにして医師であり、衆議院議員公設第一秘書も務めた「奇跡のマルチ人間」が最新の脳科学に基づいた時間活用法を紹介した本です。過去記事でもプライムタイムを見つける成果が倍になるコマ割り時間術午前・午後の仕事時間の活..

大量に書くメモを一元管理する方法

メモやノート、最近はデジタルメディアなどいろいろなところで情報が発生します。それを後で使えるようにしておかないと、労力をかけて作成した意味がありません。実際に私がメモをどのくらい使っているかというと…メモの資料量を測定してみた私は最近はメモ帳ではなく付箋紙を使っていますが、よく百均で買うので、この半年で購入したメモ帳用付箋紙の数を数えてみました(お小遣い帳で…)。結果は、11冊。1冊200枚なので、1ヶ月平均で約3..

■同じテーマの記事

タスクの完了数

やるべきことはタスクリストに書き出して、それをいつもメンテナンスしていると、「さて、次は何をしようか」と考える時間がなくなり、やるべきことを忘れることもなくなり、仕事をする上でストレスがなくなります。「ストレスフリーの仕事術より」−昔の仕事はシンプルだった。その仕事が終わっているのか、終わっていないならどれぐらい片利いたのか、だれが見てもすぐにわかった。そこに 100 本のネジが積まれていれば仕事は終わっているし、99本だったら終わっ..

posted by 管理人 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座