2019年08月05日

リーダーシップとは芸術だぁ!


リーダーシップ・チャレンジ』という本があります。
初版発行(1987)から約30年を経過するロングセラーの一冊で、2014年に第5版が発行されています。

今日語られているリーダーシップに関することはほぼここに書いてあります。
おそらく、「リーダーシップ」に関する著作を持っている人は、何らかの形で影響されているのではないかと思えるような古典的正統派の「リーダーシップ論」です。

多くの「リーダーシップ」本で語られているとおり、「リーダーシップとは学べるスキル(技術)だ」なのですが、本書ではその論を使いながら、こんなことが書かれています。


「リーダーシップとは共通の願いのために頑張りたいと人々を結集させる芸術である」。

芸術ですよ。げーじゅつ。アート。

かっこいいなぁ、と思っちゃいました。

■リーダーシップはスキルの集合体


「リーダーシップとは」と簡単に、一言で、スッキリというのは、やっぱりフツーのサラリーマンにはムリなのですが、個人的には、

 いろいろなスキルや知識・行動を集合的に発揮した結果の指標のひとつ

だと考えています。つまり、リーダーシップというスキルがあるわけではなく、いろいろなスキルや知識を活用して、その人の志向にあった行動をした結果、なにがどうなったのかを測るために、リーダーシップという言葉があるのではないかと。

もちろん、「あなたのリーダーシップ度は、3.8 で去年より 0.1 ポイント増加しました」なんて出てくれれば簡単なんですけどね。そうはいかない。

ですので、

 「リーダーシップとは共通の願いのために頑張りたいと人々を結集させる芸術である」。

は、技術の集合体としての個人の成果として、「芸術だ」というのは、たしかにありかもしれない。

本書では、


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1. リーダーシップとは、誰にでもできるもの
2. リーダーシップとは、関係である
3. リーダーシップ開発とは、自分自身で行うもの
4. 最良のリーダーとは、最良の学習者である
5. リーダーシップ開発とは1回の出来事ではなく、継続するプロセスである
6. 優れたリーダーになるためには実践-思慮しながらの実践-を要する

ジェームズ・M・クーゼス(著) 『リーダーシップ・チャレンジ
―――――――――――――――――――――★


と書かれています。

芸術ではあるものの、特殊な芸術家が実現するものではなく、すべての人が、あらゆる形でやれるものである、ということですね。

■リーダーシップの実践


ではリーダーシップにはどのような要素が必要なのかというと、

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1.模範となる
 自分の言葉を見つけて語り、共通の理想を確認することで、価値を明らかにする
 行動を共通の価値に合致させることで、手本を示す

2.共通のビジョンを呼び起こす
 心を高ぶらせ、気高くする可能性を想像することで将来を描き出す
 共有される願望に訴えかけることで、共通のビジョンに人々を参加させる

3.プロセスに挑戦する
 率先して、外に目を向けて革新的な改善策を求めることで、機会を探す
 小さな勝利を積み重ね、経験から学ぶことで、試み、リスクをとる

4.人々を活動できるようにする
 信頼を築き、関係を促進することで、協働を育む
 自分で決める余地を増やし、実行する能力を開発することで、人々を強くする

5.心を励ます
 個人の卓越したところを評価することで、貢献を認める
 共同体意識をつくりあげることで、価値と勝利を讃える

ジェームズ・M・クーゼス(著) 『リーダーシップ・チャレンジ
―――――――――――――――――――――★


これまた、多くのリーダーシップ本にかかれているとおりです。

日本語にするより、私には英語のほうが直感的でしたが、これはら次のように書かれています。

・模範となる         Model the Way
・共通のビジョンを呼び起こす Inspire a Shared Vision
・プロセスに挑戦する     Challenge the Process
・人々を活動できるようにする Enable Others Act
・心を励ます         Encourage the Heart

最後に、本書で上げられていた「信頼の源泉」「従っていきたいとおもうリーダーの特性」として紹介されていた4つの鍵は

 ・正直、誠実     Honest
 ・展望がある、前向き Forward Looking
 ・意欲を与えてくれる Inspiring
 ・実力がある     Competent

です。

もし、リーダーシップに関する本を探しているなら、読んでおいてほしい一冊。

■おまけ


本書の目次を書き写してましたので、オマケに追加しておきます。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●イントロダクション――非凡なことを成し遂げる
 類のない調査から生まれた本
 リーダーのための実践的ガイドブック

●1章 最高のリーダーとは?
 すべてのリーダーは「五つの実践」を
 リーダーシップは人間関係
 信頼がなければはじまらない
 模範となる

●2章 価値観を明らかにする
 自分自身の言葉で語る
 共通の価値観を確立する

●3章 手本を示す
 共通の価値観に沿って生きる
 価値観を実践させる
 共通のビジョンを呼び起こす

●4章 未来を描く
 可能性を想像する
 共通の目的を見つける

●5章 人々を引き入れる
 共通の理想に訴える
 ビジョンを具体的に描く
 プロセスに挑戦する

●6章 チャンスを模索する
 自発的に行動する
 外部にアイデアを求める

●7章 実験しながらリスクをとる
 小さな勝利を積み重ねる
 失敗から学ぶ
 人々を行動にかりたてる

●8章 協働を育む
 信頼できる環境をつくる
 絆を強める

●9章 力を与える
 意思決定の裁量を与える
 自信と能力を育てる
 心から励ます

●10章 貢献を認める
 ベストを期待する
 相手にあわせて褒める

●11章 価値と勝利を讃える
 共同体精神をつくりだす
 一人の人間として関わる

●12章 だれでもすばらしいリーダーになれる
 全員がリーダーだ
 自分の重要性を知る
 実践、実践、実践
 自分と対話することからはじめよう
 つねに謙虚に、つねに人間らしく
 いつでも、どこでも、リーダーシップを発揮しよう
 心で導く人であれ

ジェームズ・M・クーゼス(著) 『リーダーシップ・チャレンジ
―――――――――――――――――――――★





■参考図書 『リーダーシップ・チャレンジ




世界規模の膨大かつ徹底した調査をベースに著された『リーダーシップ・チャレンジ』は、25年にわたり、よりよきリーダーをめざす人々から最も信頼されてきた。この本は、リーダーシップとは人間関係であり、学べば誰でも身につくことを実証し、その具体化である「5つの実践」は、不変の原則として世界中に広まっている。最新版では、世界中の100を超すケーススタディを盛りこみ、今日のリーダーが直面する課題にも応えた。創刊25周年記念となるこの第五版は、よきリーダーを目指し、非凡な成果を求める人の必読書である。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

リーダーシップ・チャレンジ
著者 :ジェームズ・M・クーゼス
楽天では見つかりませんでした
リーダーシップ・チャレンジ
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 年下の上司には最敬礼で接する
 Webを調べるたびにメールで共有する
 リーダーシップとは芸術だぁ!
 社内研修の講師になる
 上達のコツは続けること、続けるコツは続けること
 中途面接の印象を良くするコツ:面接官の名前を覚えなさい
 面接質問:なぜ課長になりたいですか?
 面接で「年上の部下・担当者への接し方」を聞かれたら2
 目次ノート
 「したいと思います」は禁句

●このテーマの関連図書


リーダーになる[増補改訂版]

本物のリーダーとは何か

強い会社が実行している「経営戦略」の教科書

フィードバック入門耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術(PHP…

TheLeadershipChallenge:HowtoMakeExtraordinaryThings…

まず、ルールを破れ―すぐれたマネジャーはここが違う



■同じテーマの記事

仕事で使える心理学1:詳細目次

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまって..

ポイントは3つあります

認知心理学において、3という数字は人間が理解できる非常にいい数字だそうです。長々とした資料や、数ページにも及ぶリスト。作成者の努力と根性が現れたような資料ですね。でもボツです。私は、人に何か説明するときには、これを最初に言うように意識してます。「ポイント(理由/課題/メリット)は3つあります」3つのポイント要点を少ない数で説明できるというのは、考えが整理されていることを表しています。そして、それを聞く人にとっては、短時間で全体像を聞かせてもらえるとい..

議事録は清書してはいけない

仕事をしていて、会議をしたことがない人はいないでしょう。会議の中で議事録をとったことがない人もいないでしょう。仕事を効率的にするのに、この議事録にかける時間を少なくするというのは、製造系の直接業務(実際にものを作る仕事)でない限り、かなり効果のあることです。例えば先の会議で言えば、会議終了直後に「即製メモですがご確認ください」と議事録を送信してしまえば、か..

リーダーになれないなら事務局になる

リーダーになりたくてもなれない年齢が30台になってくると、何かと他の人達の取りまとめを頼まれる機会が多くなります。多くの管理職は、次の管理職を育成する義務があるので、管理職候補としてまずはなにかの小さなプロジェクトをやって、マネジメント能力やリーダーシップ能力を見ようとします。その結果、ある程度の年齢になると、取りまとめ役を頂戴する機会が増えるわけです。ところが、少人数のグループだと不幸なことが起きます。若い人が入ってこないの..

ソフトに会話する(作用反作用の法則)

他人を説得して自分のやりたい活動に巻き込んでいくために、気をつけたほうがいいのは断言しないことです。どうしても、自分がやりたいことがあると、「大丈夫です。やりましょう!」みたいにいいたくなるのですが、こういうリーダーに従ってくれるのは、「言われるままやっていればいいや」と思っている人。でも、大抵の人は「そんなことやってもなぁ…」とかいろんな感想を持ってます。自律的に進めてほしいこういう人に強い態度で臨むと、従って..

数値評価のワナ

日本でMBO(Management by objectives;目標による管理)が導入されてからずいぶんになります。でも、その結果日本の企業の業績が良くなったかというと、どうもそうではないように見えます。まぁ、イチサラリーマンが、MBOの仕組みについてどうこう言うつもりはありませんが。数値評価にはワナがあるあるとき私はクライアントの依頼で、急に膨れ上がっ..

posted by 管理人 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座