2017年06月14日

楽しい仕事と苦しい仕事の違いを考えてみる



仕事にはいろいろな問題が付きものです。というか、問題を解決するのが仕事なのかもしれませんが。

で、その同じ仕事でも「楽しい」と感じる場合と、頭から離れなくなってストレスになる場合があります。

ところが、あるレベル以上になった人に時々見かけるのが、「24時間仕事の事を考えている」といって自慢する経営層のかた。

まぁ、その人はそれで問題ないのだから好きにしてくれればいいのですが、問題はそれを部下にも押し付けたりされる場合があります。

 「ビジネスマンたるもの常に仕事の事を考えていて、アイディアを探し続けないといけない」
 「なにか仕事のヒントになるものを見つけたり、頭に浮かんだらすぐにメモをして、次の仕事に生かさないといけない」

そう考えるのは自由ですが、それをサラリーマンに押し付けられるのも「ちょっと…」に感じてしまいます。


■仕事は楽しい


もちろん、仕事なのでやるべきことをやるのですが、その中でも「やりたくないことをやっている」場合と、「やりたくてやっている」場合があります。

たとえば、何かの制約(予算や人員)があるけど、それをなんとかクリアして達成できそうな方法を見つけた時などは結構楽しいですよね。

私の場合は、プロジェクトやプログラムのネタを考えているときが一番楽しいです。

 「こんどはこんなプロジェクトをやってみたらどうだろう?」
 「あの問題はこうやって解決できそうだ」

なんていう時間は結構至福の時だったりします。

おそらくポイントは、

 ・自分の強みが活かせている時
 ・未来に向かって新しいことをやろうとしている時

のような場合です。

■仕事は苦しい


一方で、会社に行きたくなるような場合もあります。

たとえば、バグがあってそれがなかなか治らない。カットオーバーの日にちはだんだん近づいてくるけど一向に前に進んでいるような気がしないとか、関係者と打ち合わせをするけど関係者の積極性が引き出せずに、逆に反発を食らったりしているような時には、会社に行くのが気が重くなります。
また、なんとかやろうとするけど思うようにリソースを使わせてもらえずに、それさえ解決すればあとは技術的な問題、何ていう状態ではどうしていいかわからなくなってしまったりします。

最悪、その状態で土日に突入すると、家で別のことをしていても、突然そのことを思い出したり、夜中に目が覚めてしまって眠れなくなったり。

そういう状態になると、「もう仕事なんて…」とか「大地震でも起きてくれないかな…」とか考えちゃったりします。

こちらのポイントは、

 ・義務感が優先している時
 ・関係者との相対関係が悪い時

みたいです。

「楽しい」「苦しい」どちらにも振れるのは、「制約」です。
制約があるからこそいろいろな工夫が生まれるのであって、その工夫を考えるのは楽しいのですが、その制約が負担に思えるときもあります。おそらく負担自体は変わっていないのでしょうけど、その時の気持ちの向きや方向・強さと言ったベクトルが未来に向いているか過去に向いているかで感じ方が変わるみたいですね。

もちろん、「アイディアを出すこと」や「工夫すること」自体が苦痛で、言われたことを淡々とやっているのが好きという人もいるでしょうから、私の感じている「楽しさ」「苦しさ」も人によっては逆転する場合があるのかもしれません。

■活力源の仕事、ストレス源の仕事


人によって、今の仕事や仕事の状態が、「ああ、早く月曜日にならないかな〜」になるのか「月曜日になっちゃう〜」になるのかは変わります。同じ仕事を与えられていても(完全に同じ仕事である場合は世の中殆ど無いでしょうが)、それがストレスになって潰れちゃう人もいれば、「会社へ来るのがが楽しみ」になる人もいるわけです。

ひとつには、自分が楽しいからと言って他人が楽しいと思わないようにしています。

アイディアを考えるのが楽しい人もいれば、「アイディア出せ」と言われてストレスを受ける人もいるわけです。
アイディアを考えるのが楽しい人でも、ある条件下ではそれがストレスにもなります。

もうひとつは、自分がどういう状態だったら「活力源の仕事」を持つことができるのかを考えるようにしています。

自分の気持ちを前向きにさせてくれる仕事というのは、どんな種類の仕事で、それは自分がどう受け取ったら良いのかというパターンを見つけることができれば、そのパターンにハマるように仕事の流れを誘導することができます。
単に上司に言われた仕事をこなすのではなく、積極的に、自分に都合の良い仕事を上司が出してくれるように誘導するわけです。

そうすれば、すこしはストレスフルな会社も、「まぁしゃ〜ないから会社にでも行くか」くらいにはなれるかもしれません。

どんな仕事をしているときに、自分が楽しいと感じたのかを振り返ってみて、その中でパターンを見つけてみませんか。

パターンが見つかれば、今度はそういう状態にするにはどういう戦略を取ったらいいかを考えてみましょう。

そういうことが嫌な人も見えるかもしれませんが、それすらしなかったら流されるだけです。
それが「楽しい」のであれば仕方ありませんが。

■同じテーマの記事

わかりやすく書くコツ

「サルでもわかる〜〜」っていうタイトルの本を見かける時があります。「いや、いくらなんでもサルは本が読めないだろ」とは思うのですが、まあ、こういうのって特定のジャンルについて調べようと思うときに「入門書としてはアリかも」という気がして、つい手に取ってしまいます。サルでもわかる福沢諭吉ということで、どうすればわかりやすくなるのかについて完結にまとめられていた本からのご紹介。で..

集中力のいる作業の前には準備体操をする

なにかのスポートをするときには必ず準備体操をしますよね。私は朝起きたときに、寝ていて固まった体を動かして、今日1日活動するための準備体操をします。脳みそも同じみたいですね。準備体操をするとちょっと良い結果が出るようです。頭の準備体操多くの人がやっているかもしれませんが、ちょっと疲れてきたら、目を閉じて「ん〜〜」って伸びをしますよね。これ脳科学的にも意味があるそうです。そして、それは実は疲れるような作業の前にもやると..

スタートメニューによく使うファイルをピン留めする(Windows10)

Windows7までは、よく使うファイルをスタートメニューに入れることができました。ところが Windows10 になってから、スタートメニューの構造が変更されてしまって、スタートメニューにファイルを入れることができなくなってしまいました。Windows7 同様、ジャンプリストにはピン留めできるのですが…レジストリでショートカットのピン留めを設定するいろいろ調べてみたら、ファイル自身はスタートメニューに入れられませんが、ショートカットならピン留めできるこ..

早歩きするとよく眠れる

私は結構歩くのが早い方です。道を歩いていて、後ろから来た人に追い越されたということがあまりなく、追い越すことが多いので、多分早い方なのだろうなのだろうと思っているだけですが。この「早歩き」結構健康や睡眠にいいそうです。早歩きすると体温が上がる本書『脳を活かす!必勝の時間攻略法』によると、体温で昼間と夜間で差があると、夜ぐっすりネられるそうな。昼はバリバリ、夜はぐっすり!..

エクセルで変更箇所がわかるようにする方法

誰がどのセルを修正したのかがわかりにくい……Excelで作った表を大勢で確認・修正を繰り返すと、だれがどこを編集したのかさっぱりわからない状態になることがあります。もちろん、過去の自分も他人のウチです。修正済みのセルがひと目でわかるように強調表示できたら、修正箇所の確認の時間が短縮できて、仕事の効率が上がりますよね。Excelで変更履歴を記録し、修正済みのセルを強調表示するテクニックをご紹介します。Excelで変更された箇所を強調表示する自分が今しがた編..

時間を無駄にするもっとも良い方法

毎日忙しいですよね。大抵のサラリーマンは週に40時間は当然のように拘束され、その時間はひたすら何かしているわけです。ほとんどのサラリーマンは、それにプラスして残業という延長戦もこなしています。そこで毎度会社なり上司からお達しがでるのが、「効率をあげよう」っていうテーマ。まあ、年に1回位は聞くでしょうし、何年かに一回は全社的な活動としてやっているところもあるのではないでしょうか?私はシステム関連の担当業務をしているので..

posted by 管理人 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座