2017年06月15日

大量に書くメモを一元管理する方法

メモやノート、最近はデジタルメディアなどいろいろなところで情報が発生します。それを後で使えるようにしておかないと、労力をかけて作成した意味がありません。

実際に私がメモをどのくらい使っているかというと…

■メモの資料量を測定してみた


私は最近はメモ帳ではなく付箋紙を使っていますが、よく百均で買うので、この半年で購入したメモ帳用付箋紙の数を数えてみました(お小遣い帳で…)。

結果は、11冊。1冊200枚なので、1ヶ月平均で約360枚、1日平均で約12枚のメモを書いたことになります。実は昔はもっと多かったです。これは最近デジタルのメモ帳(Google Keepです)を使うようになったためでした。

■ひらめきはとにかく書く


私は大抵ポケットにメモとノートを入れてます。というかノートに付箋がつねに貼り付けてあって、朝か夕方にこの付箋を補充するのが日課…。

で、机に座っていないときには、ノートにくっつけた付箋に思いついたことを書いてますし、机には隅の方に付箋が貼り付けてあるので、これに何か書き込んでます。


■書いたメモは整理しなければならない


どれほどメモを書こうが、そのまま捨ててしまったら、その場で書かずに忘れてしまっても大した違いはありません。

多くのメモ技術に関する本だと、「メモを整理しなさい」とか書かれてます。たとえばこちらの本。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ヒラメキを企画に仕上げる
・「発想メモ」を作ろう
発想メモは、仕事のアイディアや戦略を組み立てるときに非常に役に立つ。手帳のメモメージでは足りず、専用のメモ帳を持つ上級者も多い。

ここでは、「発想メモ」としてメモ帳、ノート、手帳を上手に組み合わせて使う方法を考えてみよう。

まず、メモ帳には個人的になヒラメキや発想を中心に書く。手軽に持ち運べて、思いついたことを書き込めるのはメモ帳の利点。
 :
 :(中略)
 :
メモ帳に対してノートは情報をよりたくさん書くことができる。
会議や講演、商談などまとまったことを記入するのに適している。また、後々も保存しやすい。メモとノートを、シーンによって使い分けてみよう。

・アイディアを企画に育てるひと手間
発想メモは必ず整理して熟成させる時間をとるようにしたい。そのために、今度はメモ帳やノートにメモした中から、重要なポイントを手帳に抜き出して、一元化する作業が必要になる。

思いつくまま書き込んで蓄積された知識機やアイディアを、吟味して選別し、テーマ別にまとめていくと、自分の考え自体がブラッシュアップされる効果も。
まとめて振り返ることで、雑然とメモしていたつもりの事柄に、同じテーマが何度も出て来るなど、自分でも気づいていなかった方向性を発見することもある。

整理された「使えるアイディア」は、移動中や通勤途中の電車内などのスキマ時間に何度も眺めて、どんどんアイディアを膨らませていく。

その都度新しく調べたことや、新たなヒラメキを追加していこう。

そうすることで、アイディアの精度が増し、優れた企画へ生まれ変わっていくのだ。

日本能率協会マネジメントセンター(著) 『手帳300%活用術
―――――――――――――――――――――★


◆メモの一元化


実は本書に書いてある「メモの一元化」というのが結構難しいです。

というのは、メモはグルーピングしてしまってノートの移した時点で、固定になってしまいます。そこに何かアイディアを追加しようとしたらノートに書くしかなくなってしまうわけです。

そのためには、ひらめいたアイディアを「これは確か以前考えて、ノートに書いたよな〜」ってノートの該当ページを探しだしたら、瞬間的にメモすることなんてできません。

PC なら検索は結構早いですが、ノートだと最終的には1ページづつめくっていかないといけません。

■メモの整理方法


書いたメモは、机に戻った時に机の左側に時系列に並べて貼り付けます。
全部がみえるように貼るので結構場所を取りますが、これが必要な儀式だったりします。

貼り付けながら、いらないものはどんどん捨てます。
「いるかも」と思ったものはそのまま貼り付けておきます。

ここで生き残るメモはだいたい1〜2割(感覚ですが)。
※ほとんど捨てちゃってますね。

まあ、これを整理の第1段階と言えなくもないです。

で、ここで生き残ったメモは、その日の夜まで命がながらえます。

1日の予定が終わると、このメモの取捨選択の時間。

日誌に書くようなもの(出来事や人の発言など)は日誌に書き写します。
その場面を思い出して、走り書きをちゃんとした文章に整えて、パソコンのテキストファイルにします。書き写しが完了すれば、そのメモはゴミ箱行き。

それ以外のアイディアや思いついたことは、以前はノートに貼り付けて、まとめてノートに清書してました。が、これだとあとからグルーピングしにくくて、結局ノートを探し回るようになってしまいます。

そこで登場が OneNote や Evernote。
最近は OneNote なのですが、写真にとって OneNote に貼り付けてしまいます。

これを OCR できるといいのですが、殴り書きなので OCR は不可で、メモの内容を、テキストで書き起こします。あとで読んで意味がわかるように。

その場でグルーピングできればそれに越したことはありませんが、あまりグルーピングは意識してません。一度デジタル化してしまえば、検索はなんとでもなりますし、ノート同士のリンクを貼ることも簡単です。

一方、日誌はと言うと、週末のレビューのときに自動的に OneNote に登録するスクリプトを作ってあります。こちらは日付でグルーピングされた状態になりますが、同じく OneNote に情報が集まってきます。

まあ、半年後に写真に取ったメモが読めるとは限りませんが(たいていは解読不能)、どういうつもりでメモしたのかは、詳細がテキストに書いてあるので理解できます。

当然、ノートに関係することを書く(集中して考えるときには、ノートに書くようにしています)のですが、ノートも写真をとったりスキャナで取り込んだりして OneNote に移行するようにしています。こちらは1冊終わったときにまとめて。

図などは紙に書いたほうが便利なので、主に紙が主体。

追加やリンクなどを多用することができるのは、デジタル化のおかげですが、最終的に一元管理ができるようになっています。




■参考図書 『手帳300%活用術





立ち読みできます立ち読み可
ベストセラー『手帳200%活用ブック』では7人の「手帳達人」の実践例を中心に、時間管理をはじめとするさまざまな手帳の使い方を紹介いたしました。
あれから5年。著名な方々の使い方にとどまらず、手帳メーカーとして60年にわたって蓄積してきた、楽しく役に立つ手帳術をコンパクトな判型(文庫ワイド版)に詰め込みました。
コラムでは著名人11名の手帳活用法を紹介。その他にも「手帳診断チャート」や「手帳歴史年表」なども掲載しています。
手帳を使うすべての人に役に立つ唯一のバイブルです。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

手帳300%活用術
著者 :日本能率協会マネジメントセンター
楽天では見つかりませんでした
手帳300%活用術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 期限はローリングで解釈する
 やりたいことリスト

●このテーマの関連図書


人生は手帳で変わる―第4世代手帳フランクリン・プランナーを使いこなす

情報は1冊のノートにまとめなさい100円でつくる万能「情報整理ノート」…

手帳活用パーフェクトBOOK

手帳という武器をカバンにしのばせよう

人生は手帳で変わる―知的ビジネス・パーソンのための第四世代時間管理術

一冊の手帳で夢は必ずかなう-なりたい自分になるシンプルな方法



■同じテーマの記事

記憶術:赤のサインペンで書き写す

なにかを記憶したいというときに、使えるのが赤のペンで大きな字を書くというやりかた。「赤」というのは、多くの動物にとっては、「血」の色を連想させます。つまり、そこに着目が行きやすい色です。だから、大抵危険を知らせるような重要なものには赤が使われているんですね。もうひとつは、大きな字です。この記事でも、大きな字を使っていますが、目立つでしょ。結局、目立つものは記憶に残りやすい、というルールをつかって記憶に残す方法です。赤..

一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門(要約)

「コールドリーディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?コールドリーディングとは、占い師や詐欺師がいかにも「あなたの全てを知っている」かのように相手に錯覚させるための技術です。実際、ある程度のトシになれば、それなりにこれに近いことはできるようになりますし、部長・役員級のひとであれば、「誘導質問」みたいな技術として使っていることもあります。コールドリーディングがもたらしてくれるもの・相手のほうから積極的に話してく..

一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門

「コールドリーディング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?コールドリーディングとは、占い師や詐欺師がいかにも「あなたの全てを知っている」かのように相手に錯覚させるための技術です。実際、ある程度のトシになれば、それなりにこれに近いことはできるようになる人も見えますし、部長・役員級のひとであれば、「誘導質問」みたいな技術として使っていることもあります。コールドリーディングがもたらしてくれるもの・相手のほうから積極的に..

Webを調べるたびにメールで共有する

なにか疑問に思って Web を検索するシーンって増えましたよね。というか、1日に何十回も Web 検索しているようなきがする。私はもっぱら Google を利用しているのですが、あとで Google の履歴を見てみると、同じようなことを何度も何度も Web 検索してます。そのたびに、目的のものに行き着くまで、あっちのページを開き、こっちのページを開き…これにかなりの時間を使ってました。こうした中でセレンディピティみたいに、今まで気づかなかった新しい Web ペ..

Webを調べるたびにメールで共有する

なにか疑問に思って Web を検索するシーンって増えましたよね。というか、1日に何十回も Web 検索しているようなきがする。私はもっぱら Google を利用しているのですが、あとで Google の履歴を見てみると、同じようなことを何度も何度も Web 検索してます。そのたびに、目的のものに行き着くまで、あっちのページを開き、こっちのページを開き…これにかなりの時間を使ってました。こうした中でセレンディピティみたいに、今まで気づかなかった新しい Web ペ..

図解のコツ5:配置を試行錯誤する

前回の記事で、カタマリを置くのにルールはない、ということを書きましたが、パターンはあります。ただ、どれを使うと一番いいのか、あるいは自分で考え出さないといけないのか、が経験値に依存しているということです。カタマリを置くパターン前回、カタマリを置くパターンとして、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント)分析をご紹介しました。その他のパターンですがこんなものがあります。・マトリクス系・SWOT・重要度・緊急度・バブルチャート・サイク..

posted by 管理人 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ術・ノート術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座