2019年04月01日

大量に書くメモを一元管理する方法


メモやノート、最近はデジタルメディアなどいろいろなところで情報が発生します。それを後で使えるようにしておかないと、労力をかけて作成した意味がありません。

実際に私がメモをどのくらい使っているかというと…

■メモの資料量を測定してみた


私は最近はメモ帳ではなく付箋紙を使っていますが、よく百均で買うので、この半年で購入したメモ帳用付箋紙の数を数えてみました(お小遣い帳で…)。

結果は、11冊。1冊200枚なので、1ヶ月平均で約360枚、1日平均で約12枚のメモを書いたことになります。実は昔はもっと多かったです。これは最近デジタルのメモ帳(Google Keepです)を使うようになったためでした。

■ひらめきはとにかく書く


私は大抵ポケットにメモとノートを入れてます。というかノートに付箋がつねに貼り付けてあって、朝か夕方にこの付箋を補充するのが日課…。

で、机に座っていないときには、ノートにくっつけた付箋に思いついたことを書いてますし、机には隅の方に付箋が貼り付けてあるので、これに何か書き込んでます。


■書いたメモは整理しなければならない


どれほどメモを書こうが、そのまま捨ててしまったら、その場で書かずに忘れてしまっても大した違いはありません。

多くのメモ技術に関する本だと、「メモを整理しなさい」とか書かれてます。たとえばこちらの本。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●ヒラメキを企画に仕上げる
・「発想メモ」を作ろう
発想メモは、仕事のアイディアや戦略を組み立てるときに非常に役に立つ。手帳のメモメージでは足りず、専用のメモ帳を持つ上級者も多い。

ここでは、「発想メモ」としてメモ帳、ノート、手帳を上手に組み合わせて使う方法を考えてみよう。

まず、メモ帳には個人的になヒラメキや発想を中心に書く。手軽に持ち運べて、思いついたことを書き込めるのはメモ帳の利点。
 :
 :(中略)
 :
メモ帳に対してノートは情報をよりたくさん書くことができる。
会議や講演、商談などまとまったことを記入するのに適している。また、後々も保存しやすい。メモとノートを、シーンによって使い分けてみよう。

・アイディアを企画に育てるひと手間
発想メモは必ず整理して熟成させる時間をとるようにしたい。そのために、今度はメモ帳やノートにメモした中から、重要なポイントを手帳に抜き出して、一元化する作業が必要になる。

思いつくまま書き込んで蓄積された知識機やアイディアを、吟味して選別し、テーマ別にまとめていくと、自分の考え自体がブラッシュアップされる効果も。
まとめて振り返ることで、雑然とメモしていたつもりの事柄に、同じテーマが何度も出て来るなど、自分でも気づいていなかった方向性を発見することもある。

整理された「使えるアイディア」は、移動中や通勤途中の電車内などのスキマ時間に何度も眺めて、どんどんアイディアを膨らませていく。

その都度新しく調べたことや、新たなヒラメキを追加していこう。

そうすることで、アイディアの精度が増し、優れた企画へ生まれ変わっていくのだ。

日本能率協会マネジメントセンター(著) 『手帳300%活用術
―――――――――――――――――――――★


◆メモの一元化


実は本書に書いてある「メモの一元化」というのが結構難しいです。

というのは、メモはグルーピングしてしまってノートの移した時点で、固定になってしまいます。そこに何かアイディアを追加しようとしたらノートに書くしかなくなってしまうわけです。

そのためには、ひらめいたアイディアを「これは確か以前考えて、ノートに書いたよな〜」ってノートの該当ページを探しだしたら、瞬間的にメモすることなんてできません。

PC なら検索は結構早いですが、ノートだと最終的には1ページづつめくっていかないといけません。

■メモの整理方法


書いたメモは、机に戻った時に机の左側に時系列に並べて貼り付けます。
全部がみえるように貼るので結構場所を取りますが、これが必要な儀式だったりします。

貼り付けながら、いらないものはどんどん捨てます。
「いるかも」と思ったものはそのまま貼り付けておきます。

ここで生き残るメモはだいたい1〜2割(感覚ですが)。
※ほとんど捨てちゃってますね。

まあ、これを整理の第1段階と言えなくもないです。

で、ここで生き残ったメモは、その日の夜まで命がながらえます。

1日の予定が終わると、このメモの取捨選択の時間。

日誌に書くようなもの(出来事や人の発言など)は日誌に書き写します。
その場面を思い出して、走り書きをちゃんとした文章に整えて、パソコンのテキストファイルにします。書き写しが完了すれば、そのメモはゴミ箱行き。

それ以外のアイディアや思いついたことは、以前はノートに貼り付けて、まとめてノートに清書してました。が、これだとあとからグルーピングしにくくて、結局ノートを探し回るようになってしまいます。

そこで登場が OneNote や Evernote。
最近は OneNote なのですが、写真にとって OneNote に貼り付けてしまいます。

これを OCR できるといいのですが、殴り書きなので OCR は不可で、メモの内容を、テキストで書き起こします。あとで読んで意味がわかるように。

その場でグルーピングできればそれに越したことはありませんが、あまりグルーピングは意識してません。一度デジタル化してしまえば、検索はなんとでもなりますし、ノート同士のリンクを貼ることも簡単です。

一方、日誌はと言うと、週末のレビューのときに自動的に OneNote に登録するスクリプトを作ってあります。こちらは日付でグルーピングされた状態になりますが、同じく OneNote に情報が集まってきます。

まあ、半年後に写真に取ったメモが読めるとは限りませんが(たいていは解読不能)、どういうつもりでメモしたのかは、詳細がテキストに書いてあるので理解できます。

当然、ノートに関係することを書く(集中して考えるときには、ノートに書くようにしています)のですが、ノートも写真をとったりスキャナで取り込んだりして OneNote に移行するようにしています。こちらは1冊終わったときにまとめて。

図などは紙に書いたほうが便利なので、主に紙が主体。

追加やリンクなどを多用することができるのは、デジタル化のおかげですが、最終的に一元管理ができるようになっています。




■参考図書 『手帳300%活用術





立ち読みできます立ち読み可
ベストセラー『手帳200%活用ブック』では7人の「手帳達人」の実践例を中心に、時間管理をはじめとするさまざまな手帳の使い方を紹介いたしました。
あれから5年。著名な方々の使い方にとどまらず、手帳メーカーとして60年にわたって蓄積してきた、楽しく役に立つ手帳術をコンパクトな判型(文庫ワイド版)に詰め込みました。
コラムでは著名人11名の手帳活用法を紹介。その他にも「手帳診断チャート」や「手帳歴史年表」なども掲載しています。
手帳を使うすべての人に役に立つ唯一のバイブルです。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

手帳300%活用術
著者 :日本能率協会マネジメントセンター
楽天では見つかりませんでした
手帳300%活用術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 大量に書くメモを一元管理する方法
 予定外の仕事を予定するツール
 「PCが遅い」にはタスクマネージャーが効く
 期限はローリングで解釈する
 嫌なことは、「もし気分がよかったら」で切り替える
 メモを復習する
 好きな曲を聞いて集中力を強化する
 Google式!究極のスピード仕事術「SPLINT」のキーポイント
 素早くメモが取れる「パームレストふせん」
 期限はローリングで解釈する

●このテーマの関連図書


人生は手帳で変わる―第4世代手帳フランクリン・プランナーを使いこなす

情報は1冊のノートにまとめなさい100円でつくる万能「情報整理ノート」…

手帳活用パーフェクトBOOK

手帳という武器をカバンにしのばせよう

人生は手帳で変わる―知的ビジネス・パーソンのための第四世代時間管理術

一冊の手帳で夢は必ずかなう-なりたい自分になるシンプルな方法



■同じテーマの記事

タスクの完了数

やるべきことはタスクリストに書き出して、それをいつもメンテナンスしていると、「さて、次は何をしようか」と考える時間がなくなり、やるべきことを忘れることもなくなり、仕事をする上でストレスがなくなります。「ストレスフリーの仕事術より」−昔の仕事はシンプルだった。その仕事が終わっているのか、終わっていないならどれぐらい片利いたのか、だれが見てもすぐにわかった。そこに 100 本のネジが積まれていれば仕事は終わっているし、99本だったら終わっ..

重要事項付箋

いま手元に何種類の付箋を持ってますか?私はというと、大きな正方形の付箋中くらいの長方形の付箋小さな長方形の付箋さらにその小さな付箋を3分の1くらいにカットした付箋の4種類がノートに貼り付けてあります。大きな付箋は、財布にも入ってます。重要事項付箋以前は、付箋を色分けして使ってました。・ピンクの付箋は重要事項・水色の付箋は私事・黄色の付箋は通常業務ところが、大きさも結構重要で、タスクリストとしてノートに貼り付けるには、なるべく小さい方がいいの..

毎日基礎トレーニングをする

トレーニングをしていますか?あなたの仕事における基礎能力は何かを考えたことがあるでしょうか。たとえば、PCを操作する仕事であればキーボードの入力の早さ、プレゼンをするのであれば声の出し方、生産ラインで組み立てをするのであれば、手先の動かし方などです。これらはすごく基礎的なことですが、これができないと話にならないものです。自分が知っている範囲で言うと、驚くほどこういった訓練をしていない人が多いです。私は基本ソフトの開発部隊を率いてますので、そのメンバーはPCのキーボー..

ニュースを人に説明する

誰かと話をしていて、相手が「実は××がでなんですよ」といった時に、相手の言ったことを復唱できますか?特に、プレゼンなど長い説明を聞いた後に、そこで言っていたことを正確に記録できる人というのは意外と少ないのではないかと思います。私も実際これが苦手でした。というか、会議の議事録係になった時に、それを「言い言葉」から「書き言葉」に変換して書くのですけど、数字やら論旨やらは変えてはいけませんよね。とくに何かの理由を述べたら、それ..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:時間を記録し分析しなさい

時間管理で失敗する原因というのはいくつかあります。原因がわかれば対策のしようもあるのですが、自分が原因でない割り込み仕事や浪費はなかなか改善できません。割り込み自体を減らすことは難しいのですが、その割り込みを受け付けるかどうかは自分の行為として判断可能です。代表例として電話があります。電話はこちらの都合にかかわらず、いきなり「最優先で対応してくれ!」と言っているのと同じ。放置するわけにも行かないので出ると、ちょっとした要件プラス..

面倒くさがり屋の55の法則

本日は、私がやる気がでない時に、「ちょっとだけやってみよう」と思えるようにするために、繰り返し読み返している本のご紹介。読み返していると言っても、ほとんど目次だけなのですが、ひとつひとつはすごく薀蓄のふかいお話で、1つづつで本記事なら2〜3回はかけちゃうようなイメージ。すべてをやることはできないですが、今すぐ何かひとつやってみようとすると、ちょっと行動ができるようになります。もし、「あ〜、こんな作業かったるいな」と思ってしまったら、気分転換にこの本にあるようなことを何..

posted by 管理人 at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ術・ノート術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座